プログラマーSEが転職活動で『圧迫面接』に負けないコツ

      2017/04/14

圧迫面接する男性

「圧迫面接って嫌だよな、トラウマになりそう…」
「わざとプレッシャーかけて試してるのか、単に感じ悪い人なのかが分からないし…」
「プレッシャーをものともしない人間になりたい!」

私も何度か圧迫面接を受けたことがあります。意図的に圧迫してきたのか、単にそういう性格の面接官だったのかはわかりませんけどね。

はじめての時は、感情的になって反論してしまいましたが、

「これはわざとプレッシャーをかけて反応を見てるんだ」

と意識したら、うまく受け答えができるようになりました。

そんな経験を踏まえて、「圧迫面接に負けないコツ」を紹介します。

圧迫面接をしてくるのは、ろくな会社じゃない?

今までの経験を踏まえるとそう思えます。圧迫面接を受けたことがある方は思い出してみてください、その会社ってなんかブラック企業臭がする会社じゃなかったですか?

そう考えると対処はとてもかんたんです。

その面接を消化試合だと考えればいいんです!

消化試合の正しい戦い方

ブラック企業臭のする会社に受かってもどうせ入社しないのだから、時間の無駄だと思っても、「やっぱやめときます」って言って帰るわけにもいきません。

そこで、冷静に反論を返す練習として取り組みます。仮にその会社がブラック企業じゃなかった場合にも、冷静に受け答えしていれば受かる確率も上がりますから万全です。

「それならば弊社じゃなくても良いのではないですか?」の対処

この質問って、志望動機を聞かれて答えた後によくされます。圧迫面接ではないふつうの面接でも聞かれることはよくあります。

例えば、「御社であれば、これまでの私の経験も活かせるのではないかと思い応募しました。」みたく答えたら、「経験を活かせる会社は弊社じゃなくてもあるんじゃないですか?」というようなケースです。

本音は「ええ、おっしゃるとおりです。他社でも私の経験は活かせます。」なんですが、それじゃ練習になりません。

「確かに他社でも活かせますが、御社のホームページを見たら、雰囲気的に、なんとなく自分と合ってるかなとピンときたんです。なんで?って言われると説明は難しいんですけど、そういう直感と言うかフィーリングって大事だと思うんですよ。」

↑これどうでしょう?

「なんとなく」と言うことで、「なんで自分と合ってると感じたんですか?」と聞かれるのを封じてますし、言語化できない直感が大事な場面は多々あるので説得力があります。

これは圧迫面接でなく、ふつうの面接で聞かれた際にも使えます。もちろん、具体的な理由があれば、そちらを言った方が良いですから、それがない時に使ってください。

あとは、場数を踏むことです。「圧迫されても、冷静に答えよう」という意図を持って臨むことで、自分をコントロールしやすくなりますが、それでもはじめのうちは感情的になってしまうかもしれません。しかし、数をこなすうちに自然とできるようになります。

面接の数をこなすってめんどそうって思われたかもしれませんが、転職を支援するサービスを使えば楽に数をこなせます。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 面接