プログラマー・SEが『中国語』を学ぶメリット

2016年9月29日に投稿 → に更新

プログラマ・SEが中国語を学ぶメリット

「いくら経済成長してるっていってもプログラマーが中国語学ぶ必要はないよな?」
「まずは英語だろ…」
「でも英語は留学してたやつに勝てないしな…」

ソフトウェア技術の世界では英語がデファクトスタンダードであり、一番重要な言語であることは間違いありません。

主要なソフトウェア技術の多くは英語圏の国から出てきていますし、API名やプログラミング言語の構文なども基本的に英語をベースにしています。

「英語だけでいいじゃん」と思いがちですが、ITエンジニアが中国語を学ぶメリットはたくさんあります。

今回はそんな「プログラマー・SEが中国語を学ぶメリット」を紹介します。

メリット1. ビジネスチャンスが広がる

中国経済が今後ますます成長することによって、仕事自体が中国から発注される機会が増えると予想されます。つまり、クライアント企業が中国の会社 = お客さんが中国人っていう状況です。

そんな時、中国語ができると、営業をかけて自社を売り込んだり、交渉をまとめる際にも、通訳を介すのに比べて、直接話せた方がうまくいく確率を上げられるはずです。

メリット2. ますます増えそうな中国向けローカライズ

日本向けに作ったソフトウェアを中国向けにローカライズする仕事も増えてくると思われます。なんせ、人口がめっちゃ多い国が経済の自由化によって豊かになろうとしていますからね。

ローカライズって単純に辞書で日本語を中国語にするだけではダメで、コンテキスト(文脈、ソフトウェアを利用する状況に関わる周辺知識)が分かった上で、言葉を選ばなければなりません。

この他にも、UIのレイアウトが日本では「これがふつうで分かりやすい」と思っていたものが中国では「全然ふつうではない」ということも多々あります。

私は海外旅行をする際に、航空券やホテルの予約をする際に、海外のサイトを使う時があるのですが、「わかりずらいUIだなぁ、なんでこういう配置なんだろう?日本のサイトだとふつうこうだろ?」って思うことがよくあります。

ですから、中国のソフトウェアを実際に使ってみたり、中国人と中国語で話してみたりしないと「中国のふつう」はわかりません。

私は以前中国の上海周辺を旅行したことがあるのですが、一週間くらいでも中国に実際に行って、その「場」を体感すると、なんとなくなんですけど、中国人の特徴、現地の感覚みたいなものが感じられました。

もっと中国語が喋れて、現地の人ともっとコミュニケーションを取れたら、より多くのことが感じられたんじゃないかと思います。

たかが、ローカライズと言っても、その国の体感を分かってるのとそうでないのとでは大きな差が生まれるはずです。

メリット3. 中国人エンジニアとコミュニケーションがとりやすくなる

IT業界は常に人手不足と言われています。高齢化による若年層の人口減を考えると、今後ますます外国人エンジニアと仕事をする機会は増えていくと考えられます。

その中でも中国は、国土的にも文化的にも日本に近く、人口も多いため、もっとも多くのエンジニアが日本に来て仕事をすると考えられます。

日本に来ている中国人エンジニアは基本的に日本語ができますが、中には日本語がたどたどしい人、片言みたいな人もいます。その時にこちらが中国語を話せると、日本語が苦手な部分を補ってあげることができます。

それに少しでも中国語が話せると親近感を持ってもらえてチームワークもよくなります。中国人って陽気な人が多いイメージですが、内気な人もけっこういますからね。

そんな時、「ニイハオ」だけでなくかんたんな中国語を少しでも話せると全然違います。私は少しだけ中国語を話せるのですが、少し話すだけでもとても喜んでもらえましたからね。

メリット4. オフショア開発でブリッジSEや海外出張、海外勤務ができる

オフショアで中国に開発を出す時に、中国語ができるとブリッジSEの役割ができます。ITが分かって、中国語ができる人材って希少なので、給料も高いと思います。

開発コストを下げる方法はずっと前から模索されていますが、なかなかこれだという答えが見つかっていない状況です。オフショア開発も候補の一つでしたが、言語の違いによるオーバーヘッドが大きくて、なかなか成果が上がっていませんでした。

そんな中、日本人である我々が一歩歩み寄って「中国語を学ぶ」と状況が一変するかもしれません。

それに、海外出張や海外勤務もできるかもしれません。ITエンジニアで英語ができる人に比べて、中国語ができる人はずっと少ないでしょうから、投資対効果として中国語を学ぶメリットは非常に高いと思います。

今いる職場ではまったく中国語使う機会がないということであれば、転職活動をしてみるといいと思います。転職活動すると、いろいろな会社や仕事があることがわかって視野が広がりますからね。

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア , , , , ,