プログラマー・SEが中国語を学ぶメリット

   

プログラマ・SEが中国語を学ぶメリット

「いくら経済成長してるっていってもプログラマーが中国語学ぶ必要はないよな?」
「まずは英語だろ…」
「でも英語は留学してたやつとかに勝てないしな…」

ソフトウェア技術の世界では英語がデファクトスタンダードになっていて、一番重要な言語であることは間違いないですよね。
主要なソフトウェア技術のほとんどは英語圏の国から出てきていますし、API名やプログラミング言語の構文なども基本的に英語をベースにしています。

「英語だけでいいじゃん」と思いがちですが、ITエンジニアが中国語を学ぶメリットはたくさんあります。

今回はそんな「プログラマー・SEが中国語を学ぶメリット」を紹介します。

メリット1 ビジネスチャンスが広がる

中国経済が今後ますます成長することによって、仕事自体が中国から発注される機会が増えることが予想さます。つまり、クライアント企業が中国の会社である、お客さんが中国人っていう状況になるということです。

そんな時、中国語が出来ると、営業を書けて自社を売り込んだり、交渉をまとめる等する際にも、通訳を介している場合に比べて、直接話せた方がうまくいく確率を上げることが出来るでしょう。

メリット2 ますます増えそうな中国向けローカライズ

日本向けに作ったソフトウェアを中国向けにローカライズするなんていう仕事も増えてくると思われます。なんせ、人口がめっちゃ多い国が経済の自由化によって豊かになろうとしていますからね。

ローカライズって単純に辞書で日本語を中国語にするだけではダメで、コンテキスト(文脈、ソフトウェアを利用する状況に関わる周辺知識)が分かった上で、コンテキストに合った言葉を選ばなければなりません。

この他にも、UIのレイアウトが日本では「これが普通で分かりやすい」と思っていたものが中国では「全然普通ではない」ということも多々あります。

私は海外旅行をする際に、航空券やホテルの予約をする際に、海外のサイトを使う時があるのですが、「わかりずらいUIだなぁ、なんでこういう配置なんだろう?日本のサイトだとふつう、こうだろ?」って思うことがよくあります。

ですから、中国のソフトウェアを実際に使ってみたり、中国人と中国語で話してみたりしないとなかなか中国の「普通」はわかりません。

私は以前中国の上海周辺を旅行したことがあるのですが、一週間くらいでも中国に実際に行って、その「場」を体感すると、なんとなくなんですけど、中国人の特徴、現地の感覚みたいなものが感じられました。

もっと中国語が喋れて、現地の人ともっとコミュニケーションを取れたら、もっとより多くのことが感じられたんじゃないかと思います。

たかが、ローカライズと言っても、その国の体感を分かってるとそうでないのとでは大きな差が生まれると思います。

中国人エンジニアとコミュニケーションがとりやすくなる

IT業界は常に人手不足と言われています。高齢化による若年層の人口減を考えると、今後ますます外国人エンジニアと仕事をする機会は増えていくと考えられます。その中でも中国は、日本に近く、人口も多く、文化的にも比較的近い為、もっとも多くのエンジニアが日本に来て仕事をすると思われます。

日本に来ている中国人エンジニアは基本的に日本語が出来ますが、中には日本語がたどたどしい人、片言みたいな人がいる場合があります。その時に中国語が話せると、日本語が苦手な部分を補ってあげることが出来ます。

それに少しでも中国語が話せると親近感を持ってもらえてチームワークもよくなります。中国人って陽気な人が多いイメージですが、内気な人も結構いますからね。そんな時、「ニイハオ」だけでなく簡単な中国語を少しでも話せると全然違うと思います。自分の国の言葉を覚えてくれるのって、自分に対して敬意を払っている表れですからね。

オフショア開発でブリッジSEや海外出張、海外勤務が出来る

オフショアで中国に開発を出す時に、中国語が出来るとブリッジSEの役割が出来ますよね。
ITが分かって、中国語が出来る人材って希少なので、給料も高いと思います。

開発コストを下げる方法はずっと前から模索されていて、なかなかこれだという答えが見つからない状況で、オフショアもその候補の一つでしたが、言語の違いによるオーバーヘッドが大きくて、なかなか成果が上がっていない状況でしたが、日本人である我々が一歩歩み寄って「中国語を学ぶ」と状況は一気に好転するかもしれません。

それに、海外出張や海外勤務も出来るかもしれません。ITエンジニアの中に英語が出来る人は多いけど、中国語が出来る人というのはずっと少ないでしょうから、投資対効果として中国語を学ぶメリットは非常に高いと思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , , , , ,