プログラマーSEがサイバーエージェントに転職で合格する秘訣

      2016/06/29

サイバーエージェントの企業ロゴ

「サイバーエージェントって技術レベルもけっこう高そうだよな」
「年収もそこそこ良さそうだし」
「リア充じゃなきゃ入れないとかないよねwww」

サイバーエージェントっていいですよね。キラキラ社員とかかわいい子多そうだしって、それはおまけとしても、技術書書いてる人とか勉強会で発表してる人とか多いし、技術レベルも高いと思うんです。

実は私、会社員時代にサイバーエージェントの中途採用に応募して面接まで行ったことがあるのと、フリーランスになってから短期間ですけど、サイバーエージェントの案件に参加したことがあるんです。一番印象的だったのは、「みんな性格のいい人たちだった」ってことです。サイバ―エージェントのイメージってなんかイケイケでチャラい感じあるじゃないですか?(そんなことない?)

実際は全然そんなことなくて、みんなひたむきに仕事に取り組んでて、親切な人たちばかりでした。システム開発の職場って大抵一人や二人は嫌なやつがいて、腹立つ思いをするものですが、そんなことが全くありませんでした。なんていうか、素直というか、まっすぐというか、いい人たちだったんです。

機密保持契約を結んでいるので、業務の詳しいことは話せませんが、話せる範囲で実体験を踏まえた面接のコツとかポイントを紹介したいと思います。

会社員時代の中途採用面接の体験談

私はフリーランスになる前の正社員時代にも、サイバーエージェントの中途採用に応募したことがあります。まずはそこからお話ししましょう。

当時(2010年)の私は、Javaで業務システム開発する仕事を10年程やってて年齢は30歳でした。次はコンシューマ系Webの仕事したいなと思ってサイバーエージェントの中途採用に応募しました。当時アメーバピグとかがリリースされて盛り上がってる時期でした。

一次面接の面接官は二人で人事の人はなしで、エンジニアの人でした。一人はリーダーの人で、後で分かったのですが、Web+DBプレスでインタビューされてる人でした。

話をしていて、自分の運営しているサービスに対する熱意や技術に対する自信、仕事を楽しんでいる感じが伝わってきました。サイバーエージェントっていうとイケメンや美女が多い印象ですが、この方は特別イケメンってわけではありませんでしたが、目がキラキラしてて輝いてました。

私の方も、今までやってきた仕事や自分の強み等を話して、いい感じに面接は進んだのですが、結果的には一次面接で落選しました。

今思えば、当時の私は業務システム文化に浸りきった保守的な業務システム脳になっていたことが落選した原因だと思います。仕事以外でプログラミングをしていなかったし、開発を楽しんでいなかったんです。たぶん、その辺が伝わって「この人はうちに合わないな」と思われてしまったのだと思います。

一言でいえば、私の目がサイバーエージェントの人みたく輝いてなかったってことです。

フリーランスになってからの案件参画面接の体験談

その後なんやかんやあって、フリーランスになってから、Unityを独学しました。ゲーム案件に入れないかなぁといくつか応募したうちの一つがサイバーエージェントでした。

面接官は3人でクライアントサイドのエンジニア一人、サーバーサイドのエンジニア一人、プロデューサー一人でした。

独学した成果としてUnityで初音ミクの3Dモデルを使ったゲームを個人でリリースしていたので、その場で見てもらったら、「これ、すごい面白いじゃないですかぁ!!」と評価してくれました。

並行して他社の面接も受けていたのですが、「ゲーム開発の実務経験がない」という理由で落選していました。個人でリリースしたゲームについてもあまり評価をしてもらえていませんでした。

なぜか、サイバーエージェントの人たちだけ、めっちゃ好意的に評価してくれたんです。みなさん目がキラキラしてて爽やかな人たちでした。

それで、面接は通って案件に参加することになりました。スマホゲームの案件でした。

私が採用されたポイントは?

私自身が以前とは違って開発を楽しんでいたからだと思います。業務システム開発をしていた頃の私は嫌々仕事をしていたし、仕事以外でコードを書くこともなくなっていました。業務システム開発の技術って変化が少ないので特段学ぶべきこともなかったからです。

それが、フリーランスになってゲーム開発したいって思った瞬間から学ぶべきことがたくさん見えてきて、プログラミングが楽しくなってたんです。

つまり私の目もサイバーエージェントの社員の人たちのようにキラキラするようになったってことです笑

もちろん、スキル的なアピールも十分しましたけど、そういう仕事への姿勢みたいなものって伝わるし、それが採用されるかの決め手になったりするのだと思います。

サイバーエージェントに受かるためのポイント

技術面と人物面で考えていきましょう。

技術面の評価ポイント

サイバーエージェントが開発してる主なサービスはWebサービスとスマホアプリです。

キャリア採用のページで利用技術を調べてみました。

サーバーサイドで使われてる技術

Java, Scala, node.js、アドテクではPHP、Rubyも有。

サイバーエージェントってサーバーサイドはJavaとnode.jsの印象でしたが、ScalaやPHP、Rubyも使ってるみたいですね。

クライアントサイドで使われてる技術

WebならJavaScript, HTML, css, Flash。
スマホアプリはiOSネイティブとAndroidネイティブ。
ゲームはUnityかCocos2d-x。

実際働いてみた経験から言うと技術力あるメンバーばかりでしたから、スキルのアピールはしっかりした方が良いと思います。

人物面の評価ポイント

冒頭でも述べましたが、性格の良い人たちばかりでしたので、性格の良い人しか受からないと思います。

つまり、サイバーエージェントの案件に参画できた私は「性格がいい」ってことです笑
この記事を書いた目的はこれが言いたかったんです!!!ってこれは冗談ですけど、実際、性格の良さというか、素直さとか誠実さは、選考のポイントになっていると思います。

明確に選考条件に「素直でいい人であること」という風にまではなってないでしょうけど、「会社に合うか合わないか」って絶対に条件になってると思います。

別にリア充だったり、イケメンや美女、キラキラ社員じゃなくてもいいので、素直で前向きに仕事に取り組める人=仕事に対して目がキラキラしている人=キラキラ社員の真の意味ってことなのかなと思います。

サイバーエージェントに転職するなら転職エージェントを使った方が有利?

サイバーエージェントに限ったことではないんですけど、転職エージェントを使った方が、応募先企業の情報も得られたり、面接対策をしてもらえたりと合格する確率が高まると思います。非公開求人でしか募集してない会社もあるので、その場合も転職エージェントが必須になります。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

レバテックキャリアを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催してたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

ITエンジニア未経験の方にはDODAがおすすめです。

未経験の人は対象外という転職エージェントが多いのですが、DODAは未経験の人の転職活動も支援してくれます。知り合いのエンジニア未経験の人にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて転職出来たので確かです。

サイバーエージェントに未経験で入れるかは分かりませんけど、まずは入れる会社でエンジニアとして経験を積んで、再度サイバーエージェントへ応募すればいいと思います。ステップを刻めば大きな目標でも達成できますからね!

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスエンジニアになってサイバーエージェントの案件に参加するというやり方もあります。ギークスジョブに登録すれば、人脈がなくても仕事を紹介してくれるので簡単にフリーランスエンジニアになれます。

案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。(対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊)

フリーランスで案件に参画して社員の人と仲良くなって、正社員採用してもらうっていう裏技もあるので一考の価値アリです!
これらのエージェントは全て無料で利用できるので、ぜひ有効活用してください。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 企業研究 , ,