プログラマーSEの『営業の人』との効果的な会話術

      2016/12/19

プログラマーSEが営業との会話をうまくやるコツエンジニア同士の会話は弾むのに営業の人とだと何を話していいかわからないってことありますよね。

営業の人と言ってピンとこない人がいるかもしれませんが、そういう方は自社製品・サービスの仕事をしているんだと思います。受託開発やSES(エンジニア派遣)のSIerに所属してるエンジニアだと営業と同行して、顧客企業を訪問するなんてことがよくあります。

そんな時にどんな会話をすればいいかを紹介します。

会話の極意は相手が関心あることを話す・聞く

営業の人が関心があることとは何でしょうか?

「仕事を受注できるかどうか?」

です。よって、技術の細かい話をしても関心を持ってもらえません。

会話のはじめ方としては、会社の業績の話題なんかがいいと思います。

「最近、業績どうなんですか?」

みたく聞いてみるといいと思います。

「今不調なんだよ。だから、この仕事はぜひ取りたいんだよね」

などと返答が返ってくると思います。そこで、

「では、この顧客にはどんなふうに売り込むんですか?私が協力できることは何かありますか?」

のように、派生した質問につなげていくことができます。

ということで、基本としては、「会社の業績や訪問先の企業、どう営業を仕掛けるか」など、営業に関係する事柄について質問していくのがいいと思います。

これだけでも、かなり会話がうまくいくと思いますが、さらにもう一歩踏み込んで、一目置かれる存在になる方法を考えていきます。

営業の人に役立つ技術の話をする

営業マンが顧客に自社を売り込む時に役立つような知識です。技術を営業の人がわかるように話すんです。

プログラミング言語のアルゴリズムやAPIなどの話をするのではなく、営業的にアピールしやすい内容を話します。

「こういう技術を使うとこういうことができるので、○○で困ってる顧客に売り込むといいですよ」

のような内容がいいでしょう。

自分が営業になったつもりになって、「顧客にどんなことを話すか?どういう顧客にどんなシステムを売り込むか?」を考えてみると、「こういうことを話すだろうな?」というのが見えてきます。

それを営業の人がわかるように話すんです。「わかるように」とはどういうことかというと、厳密ではない例えをするということです。オブジェクト指向技術を説明するのなら、

「コンピュータへの命令をモノ(オブジェクト)として表現して、モノを組み合わせてプログラムを組み立てていく技術です。だから、わかりやすくてメンテナンスがしやすいソフトウェアが作れるんです。」

みたいな感じです。実際はモノと言っても、オブジェクト指向言語のモノ(オブジェクト)はデータ(インスタンス変数)と機能(メソッド)の集まりのことを言っているだけで、現実世界のモノとは違いますが、厳密ではない例えで話すことで営業の人も理解出来ます。

実際、営業の人はコードを書くわけではないので、厳密なレベルの知識は必要ないので厳密さよりも、わかりやすい例えをする方がいいんです。仏教で言うところの方便ってやつです。

このレベルの説明が営業の人が顧客に話す際にもちょうどいいです。顧客もまた実際にコードを書くわけではないので厳密な知識は必要ないですからね。

まとめ

  1. 会社の業績について聞いてみる
  2. 訪問先企業について聞いてみる
  3. 訪問先への営業戦略を聞いてみる
  4. 営業に役立つ技術知識を営業マンにわかるレベルで話す

ぜひ、参考にしてください!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - コミュニケーション