フリーランスのプログラマー・SEになって良かったこと

      2017/01/23

楽しく仕事する女性

「同期がフリーランスになって結構稼いでるらしい」
「フリーランスの方が自由に仕事出来そうでいいな」
「でも、収入が不安定になりそうで怖くてなれない」

ITエンジニアをやってたら、フリーランスになることを一度は考えますよね。

「収入が増えそう!」とか、「やりたい仕事ができそう!」とか、メリットもある一方、「会社員に比べて収入が安定しないんじゃないか?」などの懸念もあります。

私も以前は絶対会社員の方が良いと思っていたのですが、あることをきっかけにフリーランスになり、今年で3年目です。

あることとは、ブラック企業に入ってしまったことです。

31歳の時に2度目の転職で入った会社は社員を洗脳して奴隷のように長時間働かせようとする会社でした。毎朝、気持ち悪い社訓を暗唱させられて、毎週2時間社長から「会社への気持ちが足りないやつは辞めてもらう!!!」のような脅しのような講演を聴かされました。

入社して2ヶ月半で辞めました。

30代前半だったから、躊躇なくすぐ辞められましたが、これが50代とかだったら、ブラック企業でも我慢して仕事を続けなければならないかもしれないと考えると、恐ろしくなりました。

中高年でブラック企業で働くリスクよりも、フリーランスの方が全然リスクが低いんじゃないかと思って、フリーランスになりました。

こういう消極的な理由でフリーランスを選んだんですけど、実際なってみると、思ってもいなかったメリットがたくさんあったので紹介します。

やりたい仕事を選べる!

これがなんといっても一番のメリットです。

会社員の頃は上司に言われたプロジェクトに入って仕事をするだけだったので気がつかなかったのですが、仕事を選ぶ権利がゼロだったんですよね。

フリーランスの場合、エージェントに希望する仕事の条件を伝えると、その条件に合った案件を紹介してくれます。

エージェントと言ってるのは、ギークスジョブのようなフリーランスエンジニアに仕事を紹介してくれるサービスのことです。

サイト上から無料で登録出来ます。言ってみれば転職エージェントのフリーランス版です。

「Webサービスの開発をやりたいです。言語はJavaで職場は渋谷か新宿が良いです。」

などと伝えると、「渋谷だとサイバーエージェントの案件があります。○○を開発する仕事です。単価は○○万円です。」等と仕事を紹介してくれます。

「おお、いいじゃん、その案件やってみたいな」と思ったら応募し、気に入らなければ、別の案件を紹介してもらいます。

どの仕事をするかの決定権が自分にあるというのはとてつもなく素晴らしいことです。会社員にはない貴重な権利です。

自分で選んだ仕事だと良いメンバーに恵まれる!

システム開発の現場って一定の割合で嫌なやつがいる気がしません?

20人に一人くらいは「ろくに仕事してないくせに人の批判ばかりする嫌なやつ」がいる気がします。運が悪いと10人に一人います(笑)

それが、フリーランスになって自分で仕事を選ぶようになったら、みんないい人たちばかりだったんです。

もちろん、全員が全員聖人君子ってわけではないんですが、自分の価値観と合ういい人達だったんです。あと、システム開発って男ばかりの職場で味気ないなと思ってたんですけど、自社サービス系の会社だと若い女子社員がいっぱいの職場とかもあって楽しかったりします。

案件を選ぶときって、仕事の内容だけでなく、面談で会った人の印象も含めて総合的に判断するので、自分と相性のいい人達と当たる確率が高まるんだと思います。

新しい仕事にチャレンジ出来る!

会社員だと一つのプロジェクトが終わって次の配属先に指定されるプロジェクトって基本的に前にやった仕事と似たものになりますよね?

その方がその仕事がうまくいく可能性が高いので、似たプロジェクトにアサインするのは理にかなっています。

しかし、エンジニア個人としては、「いろいろな仕事をやってみたい、新しいことをしたい」という欲求がありますよね。

フリーランスなら、自分の意志でやる仕事を決められますから、未経験分野の仕事にチャレンジすることも出来ます。

私のキャリアは業務システム開発が中心なのですが、ある時ゲーム開発をやってみたいと思い立ち、Unityというゲームエンジンの技術を独学して、スマホゲームの案件に入ったことがあります。

業務システムからゲームと言うと、大分異なった仕事に思えますが、ソフトウェア技術の基本は変わらないので案外スムーズに転身出来ました。

こういうチャレンジが出来るのもフリーランスの醍醐味だと思います。

フリーランスになるのは簡単!

先程も述べましたが、フリーランスになるのは簡単でギークスジョブみたいなサイトに登録して案件を紹介してもらうだけでなれます。

心配な方は会社員を続けながら、ギークスジョブに登録して仕事が決まったら会社を辞めるというのでもいいと思います。

自分で仕事を選ぶという体験をぜひしてみてください。人生の見え方が変わると思います!

「それでも、やっぱりフリーランスは不安だなぁ」という方は派遣社員になるという手もあります。

派遣社員というと低賃金、派遣切りなどのネガティブなイメージを持たれがちですが、ITエンジニアの派遣社員は給料も高いですし、仕事はフリーランスと同じように選べるので、実はとても良い選択なんです。

かつ、確定申告や健康保険、年金などの税務処理を所属会社がやってくれるので、正社員とフリーランスのいいとこ取りなんです。

なので、フリーランスもいいけど、ちょっと不安だなぁという方は、まず派遣社員になってみるというのもいいと思います。

パーソルテクノロジースタッフに登録すれば、かんたんに派遣社員になれるので、ぜひトライしてみて下さい!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - キャリア , ,