プログラマーSEが他社主体のプロジェクトに入る時の心得

2014年12月6日に投稿 → に更新

他社主体のプロジェクトに参画することってありますよね?

受託開発の二次・三次請けの仕事やWebサービス・ゲームの運営会社のプロジェクトに参画する、みたいな仕事です。

そういった場合、自社が主体となるプロジェクトとは違った仕事の仕方が必要になります。

私の場合、多くの仕事は他社のプロジェクトに参加するものでした。その中で見つけたコツは3つあります。

  1. 中心人物になろうとしない
  2. 無理な条件の仕事をしない
  3. わざと空気を読まない本音で正論な発言をする

それでは一つずつ詳しく紹介します。

1. 中心人物になろうとしない

他社主体のプロジェクトなのに、わざとらしく存在感を示して中心人物になろうとする人っていますよね。これ絶対ダメです。うざがられるだけです。あくまで補助役として呼ばれたと考えた方がうまくいきます。

結果的に自然と中心的な役割を果たすようになったのならOKですが、わざとらしく中心人物っぽいふるまいをするのは無意味なのでやめた方が良いです。

時々そういう人を見かけますが、信頼されないし、相手にされません。そうなるのは当然です。来たばかりの態度だけでかい人を信頼したり相手にするはずもありません。

これが自社主体のプロジェクトだと、入ったばかりでも、社内での評判やポジションがあるので初めから中心的な役割で迎えられる場合がありますよね。

これを勘違いして他社主体のプロジェクトなのに自社のプロジェクトのような振る舞いをすると、うざい人になってしまいます。仕事というのは求められる役割を果たすことが基本なので自社と他社のプロジェクトでは求められる役割が違うので、振る舞いを変えた方がいいんです。

2. 無理な条件の仕事をしない

プロジェクトでは無理難題を言われたり、日程的に無理な納期を設定されたり、一人ではさばききれない仕事量の仕事を振られたりすることもありますが、他社主体の仕事の場合、無理して無茶な仕事をやりきる必要はありません(自社主体のプロジェクトでも同じだが、他社のなら尚更という意)。

仕事ができない正当な理由(量が多すぎる、日程が足りない等)を言えば、まともな会社なら、作業分担を見直したり、期限を延ばしたりします。

3. わざと空気を読まない本音で正論な発言をする

中心人物になろうとせず、無理な条件の仕事をしないとなると、「ただ消極的に仕事するだけかよ」っと思われたかもしれませんが、3は、外部から来た人間だからこそ出来る内容です。

「わざと空気を読まない本音で正論な発言をする」というのは、例えば、そのプロジェクトで非常に強い権力を持っている人がいるとします。そういう人に限って、変なこだわりやアンフェアな考え方(他人に厳しく自分に甘い等)を持ってたりします。そのせいでプロジェクトがうまくいかなくなってることってよくあります。

外部から来た人間にとっては、その人がどれほど権力を持っていようが関係ないので、(あの人には意見してはいけないという)空気を読まずに、本音で正論な発言をするとプロジェクトが良い方向に進むことがよくあります。

また、プロジェクトだったり会社というのは長くいるとよくも悪くも慣れていきます。慣れると初めのころは、違和感を感じていたことが当たり前になってしまいます。すると、本来改めるべきことも当たり前となって、問題点に気がつかなくなってしまいます。

私が以前参加したプロジェクトでは仕様策定の期限が決まっていませんでした。そのため、いつまでたっても仕様が完成しなかったんです。仕様策定はその後の工程の進捗すべてに影響を与えるクリティカルパス上にあるタスクなのにも関わらず期限が決められていませんでした。

外部から入ったばかりの人間からはそれが異常であることが分かるのですが、既存のメンバーにとっては期限がないのが当たり前になってました。いつも仕様策定が遅れて開発期間が圧縮されて納期前は徹夜や休日出勤をして間に合わせていたようです。そのような事態を当たり前と感じていたのです。

そこで、空気を読まずに、定例会議で「仕様策定の日程を教えてください」と質問してみました。

すると、「そんなの決まっていない」というので、「じゃあ、決めてください。そうしないと後工程の計画がたてられません。計画が立てられないと納期までに間に合うのか検証することができません」という当たり前の返答をしました。

本音は「日程が決まってないってバカかよ!!」と言いたい所ですが、そんなことを言っても何もプラスにならないので、ただ当たり前の正論を淡々と述べました。その結果、仕様策定の日程が決まり、以前よりもプロジェクト進行が健全化しました。

これらは外部から来た人間だからこそ言えることであり、言うべきことです。

なので、あなたが他社のプロジェクトに参加することになった際にはぜひ空気を読まない本音で正論な発言をしてみてください。

ただ、改善するための提案を何度もしても全く受け入られない場合もあるかもしれません。そんな時はスパッと諦めて、別の職場を探した方が良いかもしれません。いい職場はいくらでもありますからね。

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 仕事術