プログラマーSEが転職の面接で話すべき3つのこと

2014年12月13日に投稿 → に更新

プログラマーSEという職業は転職活動やプロジェクトアサインなど面接を受ける機会が多い職業です。

私も以前は緊張してうまく話せなかったり、思うように自分の良さを伝えられなかったりしたことがありましたが、今は自分なりのやり方で面接を突破できるようになりました。

一番のポイントは「いっしょに働きたいと思われれば採用される」ということです。

なので、一緒に働きたいと思われるような受け答えをすればいいわけです。

私が面接時に心掛けてる3つの秘訣を紹介します。

1. 職務経歴紹介の中に自分の強みを盛り込む

一緒に働きたい人ってどんな人ですかね?

1番に上がるのは「仕事の能力がある人」でしょう。どんなに人柄がよくても仕事が出来ない人とはいっしょに働くことは出来ません。

なので、まずは自分の仕事の能力をアピールします。そのために過去の実績を話します。「過去このような仕事が出来たので御社でも求められている役割を果たすことが出来ますよ」という論理です。

なので、過去の職務経歴を話す際に、ただ経歴を読むだけでなく、その時、自分がどんな強みを発揮したのかを話します

例えば、プロジェクトの困難だった点を話し、それに対して自分がどう貢献し克服したかを話します。

「このプロジェクトはUIの独自性が高くて、開発が難しかったのですが、その難しい部分を共通のコンポーネント化することで各画面を作る人の工数を削減することが出来ました。」

のような話です。職務経歴はただ読むだけだと退屈なので、工夫したことやそこで得た教訓だったりを含めて話すとさらに良いと思います。

2. 相手への敬意・共感を示す

自分に敬意や共感を持ってくれる人とは仕事していて楽しいものです。ですから、面接の中で相手への敬意・共感を示します。

ただ、これには前提があります。入りたい会社・プロジェクトに応募することです。そこしか受からなそうだから仕方なく応募するというような場合には相手に敬意・共感を持てないので、敬意・共感を持っているような演技をすることになってしまいます。嘘はなんとなく気づかれてしまいます。

それに、仕方なく応募した会社に入っても自分のためにも会社のためにもなりません。

自分が本当に入りたい会社・プロジェクトであれば、自然と敬意や共感がわいてきます。なので、面接のテクニック以前に応募先の選び方が重要なんです。

もちろん、敬意や共感を持っていても、言葉にしなければ伝わりにくいので、はっきりと敬意や共感を言葉にすることが重要です。

自分が常日頃感じている技術的課題の解決策を質問してみるのもいいかもしれません。解決策を質問することで、その人なら解決する能力を持っているんじゃないかという敬意を表明できます。

3. 技術などの聞く価値のある内容を話す

面接だと、話題が仕事の条件(職位・労働時間・収入など)ばかりになりがちですが、仕事の条件ばかり話す人といっしょに働きたいとは思われにくいものです。

なので、仕事に関係のあるもので、自分が使ったことのある技術や注目してることなどを話すと、相手にとって役に立てるし、会話として面白くなります。

自分に役立つ内容や面白い会話が出来る人とは一緒に働きたいと思うはずなのでぜひやってみてください。それに技術的な話題って話も盛り上がりやすいのでいいと思います。

仕事が出来て、いっしょにいて楽しい人ならOK

まとめると、以下のようになります。

  • 面接はいっしょに働きたいと思われれば、採用される
  • ではいっしょに働きたいと思われるにはどうすればいいか
  • 自分が「仕事が出来て、いっしょにいて楽しくて、役に立つ話をする人」だということが伝わればいい。

ぜひ、実践してみてください。面接が楽しくなりますし、採用される確率も大きく増えると思います!

転職はやってみると思ってたよりかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 面接