プログラマー・SEが転職で問われる一般常識はIT基礎知識

      2016/06/07

美人OL

「新卒の時は入社試験で一般常識と問われたけど転職の場合は?」
「ITエンジニアとしての一般常識ってソフトウェア技術だよな…」

新卒の入社試験ではSPIとか一般常識のテストがありましたよね?

私はこれまでに三度転職しましたが、いわゆる新卒の入社試験でやるような一般常識を問われることはありませんでした。
JMATっていう適性試験みたいなのは受けたことがありますけどね、それも50社中一社くらいなのでかなり少数派です。

しかしながら、「ITエンジニアとしての一般常識」は問われます。

それがいったいどんなものなのかを紹介します。

専門分野によって一般常識は異なる

ITエンジニアとしての一般常識とひとことで言っても、専門分野によって異ります。
WebエンジニアにはWebエンジニアの、ゲームエンジニアにはゲームエンジニアの一般常識があります。

Webエンジニアの一般常識

HTTPとセッション管理

HTTPプロトコルは一度の通信毎にコネクションが切断されます。では、どうセッションを保持するのかというとクッキーを使います。
クッキーとはブラウザを通してクライアント端末に書き込める小さなデータです。このクッキーにセッションIDを書き込んでおいて、HTTP通信をする度にこのセッションIDを送ってもらうことで、同一ユーザーからのアクセスの連続性=セッションを認識することが出来ます。

この辺は押さえておきたい一般常識です。

データベースとSQL

データベースにデータを登録したり、更新・削除・検索などをするのにSQLという言語を使います。

プログラムからDBアクセスしてSQLを実行するには、各プログラミング言語用のAPIがあります。

JavaにJDBC、PHPにPDOというデーターべースアクセスAPIがあります。

自分が使ってる言語からどうやってDBアクセスするかの知識はエンジニアとして一般常識です。

面接では、当たり前のように答えられる必要があります。まぁ、普通に仕事してれば身に付いてる知識ですよね。

ゲームエンジニアの一般常識

ゲームのサーバーサイドはWebと同じなので前述したとおりです。ここではゲームのクライアントサイドの一般常識について説明します。

フレーム処理

ゲームは一秒間に何度も画面描写をすることで滑らかに絵を動かしています。これをフレーム処理と言います。30フレームだったら1秒間に30回画面描画を行います。

これってゲームプログラムの大きな特徴です。

人気のあるゲームエンジンUnityでフレーム処理を行う場合、Update()メソッドの中に処理を書くと、それがフレームごとに呼び出されます。

自分が使っているゲームエンジンや言語でフレーム処理を行う方法を押さえておきましょう。

メニュー処理

ゲームというと、絵を動かす処理が目立ちますが、ゲームプログラムの半分はメニュー画面などのUI処理です。

ボタンを押した時のイベントハンドラをどうやって書くか等の知識を押さえましょう。
Unityの場合、UI処理を書く方法はサードバーティ製UIライブラリであるNGUIを使う方法がメジャーでしたが今後はUnity標準のUGUIが主流になるかもしれません。

このようなことは一般常識としてサラッと答えられるといいでしょうね。

一般常識は仕事をしてく中で自然と身に付くもの

ここまで読んでみていかがだったでしょうか?
ほとんど、知ってる内容だったんじゃないかと思います。

そうです。常識ってそういうものです。

ITエンジニアとして仕事をしていたらITエンジニアの常識が自然と身に付いているはずです。

あなたはITエンジニアとしての常識を持っています。

ですから、自信をもって転職活動をしてください!

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術