ふつうのプログラマーSEが自分の『強み』を見つける方法

      2016/12/15

自分の強みを見つけた瞬間

「面接とかで『あなたの強みは?』って聞かれて答えに困る…」
「弱みならいっぱいあるんだが(笑)」
「特別これが出来るなんてものはないしなぁ…」

「強み」ってなんですかね?

転職の面接やボーナスの査定面談とかでよく聞かれますよね。それに「終身雇用が崩れて、どこでも仕事が出来るように『強み』を持ちましょう!」とかもよく言われてます。

「強みとか言われても、私はたんなる普通のエンジニアですよ」が本音ですよね?

とはいえ、そう答えるとしらけてしまうし、あなたの評価も下がって損をしてしまいます。

そんなわけで今回は「ふつうのプログラマーSEが自分の強みを見つける方法」を紹介します。

ふつうに仕事をこなせていることは素晴らしい強み

「ふつう」って何の優位性もないように思われがちですが、全然そんなことありません。

ほとんどの会社が求めている人材は「ふつうにしっかりと仕事をしてくれる人」です。

よほどとがった最先端の研究をしているような会社は別としても大抵の会社に天才を必要とする仕事はありません。

心理学に類似性の法則というものがあります。自分と似た人に好感を持ちやすいという心の特性です。

人は自分とかけ離れた存在を理解することは出来ないので、採用担当者や上司が理解できる「ふつうにしっかりとしたエンジニア」が実は一番評価されるもんなんです。

「ふつうにしっかりと仕事をしてくれる人がほしいな」と思って求人を出し、「ふつうにしっかりと仕事を出来るようになってほしいな」と思って上司は部下に話をします。

ですから、「ふつうにしっかり仕事が出来ること」を話せばいいんです。

では、どうやってそれを表現すればいいかというと…、

苦労した仕事、工夫した仕事、そこから学んだことについて話す

「この前やったプロジェクトで、納期前に仕様の不備がたくさん見つかって、絶対間に合わないって状況になったんですが、リリースする機能を絞るようにお客さんを説得して、なんとか間に合わせることが出来ました。残りの機能は次のリリースで無事実装することが出来たので、開発のスコープに柔軟性を持たせることってすごく重要だなと思いました。」

特に優れたスキルのエピソードではありませんが、困難な状況に対してふつうにしっかりと対応したことを表現できてます。

こういう話なら、探せばいくらでもあるはずです。

全てがスムーズにいく仕事の方が珍しいですからね。あなたの仕事にも多かれ少なかれ何かしらの困難があって、それに対処していた場面があるはずです。

それをしっかりと言葉にして説明すれば、「おぉ、この人は普通にしっかりと仕事をしてくれる信頼できる人だな!」と思われるはずです。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 面接 ,