プログラマSEの転職面接で希望年収をいくらと言うべきか?

      2017/04/21

札束を持つ男

「希望年収っていくらって言えばいいのかなぁ?」
「高めに言いすぎると落とされる?」
「低めに言いすぎると自信がないと思われそうだしなぁ」

希望年収って、正解のない難しい問題ですよね。

会社によって年収の高い・低いの基準って異なるので、相手に合わせて臨機応変に対応しなければなりません。

私なりになんですけど、基準というか目安があるので、くわしく紹介します。

 

そんなに安くていいんですか?

このセリフ、IT系専門学校の講師に応募した時に面接で言われました。専門学校の講師は多くの場合ITエンジニアよりも低い給与水準の所が多いのですが、この学校はけっこう高めに出す学校のようでした。

「年収はいくらくらいを希望しますか?」

と聞かれて、

「(講師にしては高めかなと思いつつ) 600万円頂けたら嬉しいです!」

と答えたら、

そんな安くていいんですか?

と言われたのでした。面接相手はその学校の校長で、なんていうかやり手な雰囲気で、ちょっとホストっぽい感じと言うかギラギラした感じの人でした。

その人が言うには、「がんばったらもっと稼げますよ。頑張る気はないんですか?」とのことでした。

こういうイケイケタイプの人が相手の場合、希望年収を高めに言った方が良いのでしょう。

無難なのは「現職以上」と言う

年収アップを目的に転職する場合、応募先は、現在勤めている会社よりも給与水準が高そうな会社を選ぶわけですから、採用された場合「現職以上の給料」になるはずです。ですから「現職以上を希望する」と言っておけば無難です。がっつきすぎず控えめすぎずな態度ですからね。

「現職以上」と答えた後に「それはいくらくらいを想定してますか?」と聞かれたら、その企業はあなたを高く評価していると考えられます。安めの年収を提示してしまって他社にとられるようなことがないようにしたいという気持ちの表れだからです。

ですので、このように聞かれた時には素直にほしい年収額を言えばいいと思います。

キャリアチェンジの場合は、希望年収は控えめに言うべし

例えば、Webエンジニアをやってた人がスマホエンジニアにキャリアチェンジをする場合は、希望年収について控えめに答えるのが良いと思います。

「やりたい仕事へのチャレンジなので現職程度頂ければありがたいです。」などと答えるのが好印象です。

もちろん、応募先企業の給与水準が現職よりもずっと高ければ「現職以上」と言っても良いと思います。

こうやって一つ一つ考えてみると、言うべき希望年収って大体状況によって決まってくることがお分かりいただけたかと思います。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - お金 ,