プログラマーSEの転職で『求人情報』を正しく読む方法

      2017/04/21

書類を読む男性

「求人情報って見てもよくわからんよな…」
「良いことしか書いてないしね…」
「どこを比較すればいいんだろう?」

求人票ってどの会社も同じようなことが書かれてて違いが分かりにくいですよね。

私はこれまでに三回転職する中で、かなりの数の求人情報を見て、実際に応募をしてきました。

そのおかげで、求人情報の中で特に

  • 見るべきポイント
  • 比較すべきポイント

が見えてきたので紹介します。

給与

実際の給与は内定をもらった時に決まるので、それほど気にしなくてもいいのですが、給与水準を知る参考にはなるので、見るべきポイントを紹介します。

給料で重要なのは月額ではなく年収です。

「月給25万円~」のような記述よりも「年収例:20代400万円」の方を参考にしましょう。月額が高くてもボーナスが安くて年収としては低い可能性があるためです。

年収例が書かれてない場合は大まかな計算で予想します。

給料の制度は、大きくわけて2パターンです。

  1. 月給(基本給 + 残業) + 賞与
  2. 年棒

年棒の場合、そのまま年収額なのでわかりやすいのですが、1の場合、計算が必要です。

「月給25万円~」とか書かれてる場合、賞与(ボーナス)の回数と残業代をだいたいで計算するとおよその年収額が分かります。

(基本給25万円 + 残業5万円) × 12か月 + (賞与は25万 × 2ヶ月分) × 夏と冬で2回 =  460万円

と概算で予想することができます。

休日数

年間休日120日は実はたいして多くない

年間休日120日以上とかってよく書かれてますよね。

「120日もあるのかぁ、良い会社だなぁ!!」と思いがちですが、たいして多くありません。

2016年の場合土曜53日、日曜52日、祝日16日なので、合計119日です。

通常それ以外に夏季休暇とGWの間をつなぐ休暇と年末年始の間をつなぐ休暇があるので実際は130日以上あるものです。

ですから、年間休日120日以上と書かれていても「当たり前やん」と思っておきましょう。

「週休2日制」と「完全週休2日制」

これは絶対「完全週休2日制」の会社を選びましょう!

「週休2日制」は、月に1回以上、必ず週2日の休みがあるという意味です。一週だけ2日休みで、それ以外の週は1日のみ休みってこともあり得ます。

「完全週休2日制」は、毎週2日休みがあるという意味なので、こちらのが断然良いし標準的です。

残業時間

40時間以下が良い

2ちゃんねる等を見ているとIT企業は「残業多くて終電帰り」というイメージがありますが、残業の少ない職場はたくさんあります。

私が今まで仕事をしてきた職場は残業時間が40時間以下がほとんどでした。中には1か月に残業時間ゼロの職場もありました。

月40時間 = 一日2時間 × 営業日20日

なので、一日当たり2時間以下の残業となります。

ですから、残業時間40時間以下と書かれていたら、「良さそうかも!」という評価をしていいと思います。平均が40時間ならば、仕事の仕方を工夫すればもっと少なくできるでしょうしね。

スキル条件

必須条件は必ずしも満たさなくて良い

例えばPHPによる開発経験2年以上と書かれていて、その経験がないとしても、類似の経験(Javaでの開発経験2年)があれば書類選考を突破できる可能性は十分あります。

「これがあれば尚可」の評価は会社による

以前、

  • 必須条件 JavaのWebアプリケーション開発3年以上
  • 尚可 Ruby on Railsの知識

と書いてあった会社の面接で、「私、Railsも趣味の開発で使ってるんですよ。」と行った所、「あぁ、Rubyはちょっとだけ使ってるけど、今後は使う予定ないから…」と言われました。

なので、会社によりますが、尚可条件はそれほど重視されてない場合もあります。

福利厚生

保養所あっても使ったことない

福利厚生で全国の保養所が使えますっていうのよくありますが、あれって実際使ってる人ってどれくらいいるんですかね?

結婚して家族のいる人とかは使うのかもしれないですけど、私は一度も利用したことがありません。

レストランが安くなるのは使ったことがあります。2000円で飲み放題&コース料理が食べられました。これはとても良かったです。

ですから、自分が使いそうな福利厚生だけを見たが良いと思います。使わないなら、あってもなくても一緒ですからね。

資格報奨金制度はかなりお得

私が以前勤めていた会社ではIT系の資格を取ると、報奨金がもらえました。

  • 基本情報技術者試験に受かると3万円もらえる
  • ちょっと勉強するだけでかんたんに受かるドットコムマスターでも5万円もらえる

と、かなりおいしい制度でした。

報奨金目当てでたくさん資格を取りまくりました。ベンダー試験でちょっと勉強すれば受かる試験っていっぱいあるんですよ。

おかげでいろいろな分野の基礎知識が身に付きました。この制度がなければ、勉強をすることもなかったはずの資格も取れたので、とてもありがたい制度です。

そんなわけで、ここで挙げたポイントを参考にして自分に合った会社を見つけてみてください!

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 就職 ,