プログラマーSEが『面倒な仕事』を効果的に片付ける方法

   

プログラマーSEの面倒な仕事の片付け方面倒な仕事ってよくあるもので、
・難しい
・手数がかかる
・時間がかかる
・苦手なこと
・やりたくない
などいろいろですよね。

これらの仕事をどう片付けるかですが、それには3つの段階があります。
1つ目を適用してだめだったら2つ目をという風に順番に適用していく策です。

それでは順番に説明していきます。

策1 面倒な仕事を引き受けないバリアを張る

まず最初に目指すべきは面倒な仕事を引き受けないということです。

このスタンスを持つことで一番最初の防波堤を張ることが出来ます。

何をやるかという分担を決める段階で面倒な仕事を引き受けないというバリアを張って望みます。
え?自己中じゃんって思われた方もいるかもしれませんが、自分にとって面倒でも他人にとって面倒じゃない=得意なことである場合もありますから、自分にとって面倒な仕事を引き受けないという姿勢は間違っていません。面倒だと感じる仕事をしてる間生産性が落ちてしまいますからね。

一番いいのは自分から、やりたい仕事の担当になってしまうことです。そうすれば、やりたくない面倒な仕事は振られません。

とはいえ、ゴリ押しでこの防波堤を破られて、自分がそれをやらなければならない状況になってしまうこともありますよね。そんなときは誰かに手伝ってもらえないかを考えます。

策2 誰かに手伝ってもらう

自分に担当が振られてしまったので、自分の責任でその仕事をやるのは変わりませんが、一部を誰かに手伝ってもらえないかを考えるのです。

そのために、手伝ってもらうべき理由を考えて、他のメンバーにお願いします。その際に、「これ手伝ってくれない?代わりにそっちのこれ手伝うから」みたくギブアンドテイクの交換条件を示したほうがいいでしょう。後輩に無理やり力関係で仕事を押し付けても、人間関係がギクシャクするし、断られる可能性も増します。

この策も失敗に終わり、誰も手伝ってもらえない場合、次の策に移ります。まぁ、多くの場合、誰もが忙しいからなかなか手伝ってもらえない状況も多いでしょうから交渉が成立しなくても気にすることはありません。

ではどうするかというと、仕事を細かく分割します。

策3 仕事を分割統治する

アルゴリズムの手法に分割統治というものがあります。「大きな仕事は小さなタスクに分割して処理しよう!」というものです。これは人間の仕事にも応用できます。

全体として、その仕事が面倒だなと思っていても、細かいステップに分けてみると、「この部分はかんたんだし、こっちはすぐ終わるな、でも、ここが面倒だな」などのように面倒でない部分が見えてきます。

例えば、誰かに何かを聞いたり、交渉して、その結果に基づいて作業しなければいけないことってよくありますよね。で、その相手が自分にとって苦手な人だったりすると、心のブレーキが強くかかります。これが原因でこの作業がすごく面倒だと感じている場合がよくあります。

こんなときは、面倒な交渉をして話をまとめる部分だけ誰かに頼めないかを考えます。多くの場合、リーダーやマネージャーが適任です。自分とその人との関係を説明すれば、代わりに交渉をしてくれるかもしれません。

こうやって、どこが厄介な部分なのかを認識して、それをできるだけかんたんに片付ける手段がないかを考えるんです。

それでも、どうにもやりようがなくて、自分が根性でやらなければならない場合もあると思いますが、そんな時にも、「この部分さえ乗り切れば、あとは楽だ」などのように作業の見通しがついているので、比較的ラクに仕事を進められると思います。

やってみたら、案外面倒じゃなかったってこともありますからね。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 仕事術