システム開発を『内製化』するメリットとデメリット

2015年12月1日に投稿 → に更新

円陣を組むアヒルたち

「うちのプロジェクト、メンバーの所属会社がバラバラでまとまりがない…」
「十分に引継ぎせずに開発メンバーが抜けてしまって大変…」
「内製化してればこんなことにならなかったのかなぁ?」

「業績の良い会社は内製化を進めている」なんて話はよく聞きますが、実際どうなのでしょうか?

私の肌感覚としても、やはり伸びてる会社、儲かっている会社は内製化を進めているように感じます。

私が以前参加した渋谷の有名ベンチャー企業のプロジェクトはチーム内の8割がその会社の社員でした。私のような外部の人間は圧倒的に少数派だったんです。

そんな経験を踏まえて、「システム開発を内製化するメリットとデメリット」を紹介します。

内製化が進むとチームに結束力、まとまりが生まれる?

冒頭で話した渋谷のベンチャー企業の社員さんは、

「いい人が多いというか、素直で真っ直ぐな人が多い」

ように感じました。ある程度の人数が集まると嫌なやつが数人いるものですが、嫌なやつが一人もなく、とても良い職場だったんです。

みんな目標に一心でプロジェクトを成功させるために協力し合って淡々と仕事をしていました。

多社からの寄せ集めメンバーではこうはいかないですよね。

内製化すると引継ぎが発生しないから良い?

これよく言われてることですが、現実は少し違います。

社内でメンバーがプロジェクトを移動するからです。

AさんがプロジェクトBで1年仕事した後、Cプロジェクトへ移動になったらAさんはプロジェクトBのメンバーに仕事を引き継ぐ必要がありますよね?だから引継ぎは発生します。

ただ、自社のメンバーなので、移動のタイミングを調節できるし、いざとなれば、別プロジェクトに移った後でも話を聞くことができるという安心感はあります。

内製化すると自社内にノウハウがたまる?

これは間違いなくそうでしょう。しかし、社員が退職してしまえば同じことです。

ITエンジニアのスキルは他社でもそのまま使える汎用的なものが多いので、とても転職しやすいので、他社に転職したいと思わないほど、仕事環境や待遇を良くする必要がありますね。

このためなのか、私が仕事をした渋谷のベンチャー企業では、社内の飲み会の費用を会社が負担するなどの制度がありました。人間関係が良いと長く勤めたくなりますからね。

デメリットは社員を雇うコストのみ

外部から雇った人員であれば、不要になった際に契約を切ることがかんたんにできますが、社員の場合、そうはいきません。

よって、業績が安定していない会社は社員を雇って内製化するよりも、外部から人を調達した方が良いのでしょう。

内製化してる企業で働くメリット

自社プロダクトの開発に専念できるというのが一番のメリットだと思います。

受託開発だと、興味のないプロジェクトに入れられることも多々ありますが、内製化している企業に入れば、その企業のプロダクトを気に入ってる限りは、興味のある仕事ができるはずです。

あと自社で働けるというのもメリット大きいと思います。客先常駐だと、なんとなく肩身が狭いですからね。

そんなわけで、受託開発に飽き飽きしてる人は内製化が進んでる企業にトライしてみるといいと思います。

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 仕事術