プログラマーSEが後輩・部下に技術を『教えるコツ』

2016年9月23日に投稿 → に更新

後輩にプログラミングを教える上司

「プログラミング教えるのって難しいよな…」
「出来の悪いやつに、何度も同じこと聞かれて腹立つんだよな…」

初心者とか、初級者にプログラミングやソフトウェア技術を教えるのって難しいですよね。
自分と近いレベルの人と技術の雑談して相手の知らないことを説明する分には楽しく解説できるのに、初心者相手だとそうは行かないんですよね。

知識量の少ない人に話す場合、相手のレベルに合わせた言葉、説明の仕方をしなければならないからです。そこには様々な工夫法があります。

そんなわけで、今回は「プログラマーSEが後輩・部下に技術を教えるコツ」を紹介します。

基本は何かに例える

私は専門学校で始めてプログラミングを学んだんですが、授業では、

「変数はデータを入れる箱のようなものだと思って下さい」

等と言うように、プログラミングの概念を日常的なものに例えて説明されました。

ですから、初心者に教える時には、「なにか別のものに例えられないかなぁ」と考えるとうまくいきます。

ある程度基礎知識のある人に対してはプログラミングの知識自体を例えに使うことが出来ます。例えばMySQLを知っている人にOracleDBを教える場合は「OracleDBはMySQLの有償版みたいなものだよ」と教えれば一発で分かりますからね。

以前に教えたソフトウェア知識を例えに使って、次の知識を教えれば、復習や知識の理解度チェックにもなって一石二鳥です。

ただ、このようなたとえ話をたくみに使って説明しても全然理解してもらえない場合があります。相手にやる気がない場合です。

やる気のない人にいくら教えても身に付かない?

プログラマーやSEとして就職した人の中には、「他の職業に就きたかったけど、受からなかったから仕方なくITエンジニアになった」という人もいます。

そういう人はソフトウェア技術に対する興味がないので、何を教えても、なかなか覚えられないかもしれません。

だからと言って、見捨てるべきではありません。

やる気のある人に変えてあげればいいんです。

プログラミングの面白さを教える

以前、私がチームリーダーをやっている客先常駐のプロジェクトに自社の後輩が追加要員として入ることになりました。

上司からは「あいつは社内で使えないやつだって言われてるんだけど、なんとか使ってやってよ」と言われました。

「そうかぁ…、それは苦労しそうだなぁ」と思ったのですが、実際に仕事をしてみると、数学が得意で頭がよく理解力もありました。ただ、プログラミングには興味がなく、プロジェクトマネージメントに興味があるようでした。

頭脳的には数学が得意でプログラミングに向いてそうなんですが、「以前やっていた案件のPMがすごく優秀で憧れてる」とのことでした。

そこで私はプログラミングの面白さを教えました。「デザインパターンという過去の偉人が考え出したソフトウェア設計のパターンを使うと、再利用性の高いプログラムを作れるんだ!」という話を具体的なコード例を示して説明しました。

Java言語で学ぶデザインパターン入門という本を読めばもっと分かるので今度貸してあげるよ」と言った所、次の日その後輩は「買ってきました」と言って本を見せました。

私が「貸してあげるって言ったのに、お金もったいないじゃん」と言うと「手元に置いておきたいので!」と笑顔で答えました。

この後輩、ここから先はメキメキ力をつけて活躍してます。

ですから、やる気に火をつけるのが一番なわけです。その方法として、「もっとやる気出せよ!」って言うのは無意味で、「いかに面白さを伝えるか」がポイントなんです。

そういう意味でソフトウェア技術は様々な面白さがあるので教えやすいですよね!

「お金を渡すのではなく、釣竿を渡せ」って話

貧困で困っている人に、お金を渡しても、何日か経てば、お金はなくなってしまい、また喰えなくなってしまいます。

そうではなくて、「喰うための方法」を教える、喰うための道具(例えば釣竿と釣り方)を与えた方がその人のためになるって話です。

これをプログラミング教育に当てはめると、知識自体を教えるのではなく、「プログラミングの面白さ」を教えることが、「学ぶ力」を与えることになるということです。

ぜひ参考にしてやってみてください!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - コミュニケーション