ITエンジニアに『おすすめの資格』を資格保持者が紹介

   

ITエンジニアって資格がなくても仕事ができます。

よく言われているのが、医師や弁護士は資格がないと、その仕事が出来ないのでこれらの資格は取る価値があるという話です。

それに対して、情報処理技術者試験やベンダー資格などのIT系資格は持ってなくても仕事できるから取らなくていいという意見があります。

さらには、これらの資格をとっても仕事に役立たないとまで言う人もいます。

私はそうは思いません。その理由を紹介します!

資格は取ってみて分かることがある

私は情報処理技術者試験は3つ持ってます。
・初級システムアドミニストレーター(現在のITパスポート)
・基本情報技術者
・ソフトウェア開発技術者(現在の応用情報技術者)

これらの資格は情報処理技術者試験の中で簡単な方です。

もっと高度な部類の試験も受けました。

システムアーキテクト、プロジェクトマネージャー、データベーススペシャリストなどを受けましたが、惜しくも午後Ⅱ試験で落ちてしまいました。

同じ試験を何度設ければ合格できそうですが、私は知識を増やすために資格試験に挑戦していたので、落ちても、次は別の試験に挑戦をしました。

ベンダー試験もJavaやDB2、UMLなどの資格を多数持っています。

なぜ、そんなに資格を持っているかというと、以前勤めていた会社が東証一部上場の独立系SIerで、大手だけあって、福利厚生の制度が充実していて、資格をとると報奨金がもらえるという制度がありました。

基本情報技術者試験に受かると3万円、Java試験に受かると5万円とかそんな感じでした。

さて、「IT系の資格なんてとっても意味がない、仕事に役立たない」と言っている人たちは、資格を持っているのでしょうか?

資格を持ってない人の意見は無意味

「資格をたくさん取ったけど、意味がなかった、役に立たなかった」というのであれば、いいのですが、資格を取ったことないのにそう言っているのであれば、聞く価値がありません。

私はたくさん資格を取りましたが、意味があったし、仕事の役にも経ちました。資格を持っている同僚や先輩に聞いても私と同じ意見でした。

ですから、「資格をとっても意味がない、役に立たない」という人は、資格を持っていない自分を正当化するために行っている場合が多いのではないかと思うんです。

それでは資格を取ってよかったことを挙げていきます。

資格を取ると体系的な基礎知識が身につく

資格試験のほとんどはそれぞれの試験分野の基礎知識を問うものです。

基礎知識なので直接は役に立たない場合もありますが、仕事をする上での基礎=土台が出来上がります。

家を建てる時に土地を整えたり、土台を作ったりすることを「基礎工事」と言います。この基礎がきちんとできていなと、あとで建物が傾いたり地盤沈下が起きたりします。つまりは基礎って大事なんです。

多くの資格試験を受けると、何度も何度も基礎知識を問われます。違う試験であっても、内容がかぶってる部分は結構あるので、試験勉強の中で何度も何度も基礎知識を復習することになります。

情報処理技術者試験とベンダー資格でも、内容がかぶるものはたくさんあります。何度も何度も勉強すると理解が深まるし、記憶も定着します。

体系的で網羅的な知識を学ぶという意味で資格を取るというのはとてもいいと思います。仕事をする中でも知識は増えていきますが、どうしても、仕事で必要な部分だけを学ぶことになるので断片的になりがちですからね。

基礎知識ががしっかりあると判断に確信が持てる!

「この設計どうしようかな?」と悩んだ際に、「これはセオリーとしてはこうすべきだから、やはり、これで行こう!」などのように知識的な裏付けを持って決断が出来るようになります。

私は10年位、客先常駐の仕事をしていたのですが、顧客に何か説明する時にも資格取得で学んだ知識は役に立ちました。

説明がうまくなる!

顧客はITの専門家ではなく、情報システムを使う側の人たちです。専門家じゃない人たちに「このシステムはこういう理由でこういう設計をします。」というような説明を彼らに分かるように話さなければなりません。

別のものに例えるとか、説明を簡略化するなどの方法がありますが、基礎知識がしっかり会ったほうが、例えるものも浮かびやすいですし、簡略化する際にも思い切って内容を削ったりすることが出来ます。

ですから、役に立たないわけがないんです。

これって、学校の勉強とも似ています。

思考の潜在性

「学校の勉強は社会に出てから何の役にも立たない」という人がいますよね。

「微分・積分なんて、仕事で使わないじゃん」「縄文時代の知識なんて、使う機会ないじゃん
」とかって話です。

しかし、頭を使う訓練にはなったはずだし、思考をする際の材料にはなっているはずです。

人間の思考の多くは無意識に行われていると言われています。自分が認識できていない思考がたくさんあるんです。

直接的に役立つ知識だけ学ぼうとすると、体系的な知識は学べません。

体系的な知識の中には仕事に使わない知識も含まれているからです。

すると、知識は仕事をする中で学ぶしかなくなります。もちろん、実践から学ぶことは重要ですが、両方やるべきだと思います。

体系的な知識を勉強して、それを仕事で使う。仕事で使った技術の周辺知識を学ぶ、その両方をやることによって、力がつくんだと思います。

で、おすすめの資格は?

タイトルに戻って、「ITエンジニアにおすすめの資格は何か?」ですが、その答えは「なんでもいい!」です。

私の場合、資格取得の報奨金目当てで資格を取っていたので、「この資格、自分の仕事と関係ないな」と思うものもたくさんとりました。

ですが、結果的に、それによって、知識が広がり、今まで興味のなかった分野に興味を持てるようにもなりました。

なので、なにかしらのその資格をとりたいモチベーションがあれば、どんな資格にもチャレンジすればいいと思います。

私のように報奨金が出ないと資格を取る気にならないという方はそういう制度のある会社に転職してみるのもいいと思います(笑)

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 勉強法 , ,