プログラマー・SEは常に人手不足だから転職は楽勝なのか?

2015年6月24日に投稿 → に更新

内定をもらって笑顔の男性

プログラマー・SEの求人って、常にたくさんあるように見えますよね。

システム開発の職場はいつも忙しく人手が足りていなく見えます。常に求人があるのも納得がいきます。

  • 求人がたくさんあるということは、転職は楽勝?
  • 楽勝なら、私も転職してみよっかな?

って思いますよね。

私はこれまでに3回転職したことがあります。それらの経験を元に「実際どうなのか?」を紹介します。

一般的に言われてるエンジニア需要の真実

よく言われているのが、

「プログラマー・SEが不足しているのではなく、優秀なプログラマー・SEが不足している」

という話です。

なので、底辺コピペプログラマーは逆に余っているという意見を2ちゃんねる等でよく目にします。

実際、私がチームリーダーをやっていたプロジェクトで追加要員の面談をしたら、全然プログラムを書けないのにプログラマーを名乗ってる人がいました。ですから、たしかにレベルの低いプログラマーはいるようです。

ただ、ここでいう優秀なプログラマーというのは、ふつうに仕事をこなせるレベルのプログラマーのことです。

別にスーパーハッカーじゃなくていいんです。スーパーハッカーじゃないとできない仕事なんてふつうの会社にはありませんからね。

なので、「おれは優秀じゃないから転職は無理だ」と思う必要はありません。

「ふつうに仕事できている = 優秀」ですからね。

実際、ITエンジニアの転職は楽勝か?

私の実感からすると、

「楽勝とまでは言わないけれど、転職活動すれば採用してくれる企業は必ず見つかる」

と思っています。

3度の転職では毎回、

  1. 書類を20社くらい応募
  2. 書類選考を10社くらい通過
  3. 一次面接を5社くらい通過
  4. 二次面接を2社通過 = 2社から内定ゲット

というパターンでした。

私の場合、最終的に内定もらえるのは毎回2社なんです、不思議なことに何度転職しても同じ結果だったんです。

前職と同ランクの会社を受ければもっと受かるんでしょうけど、同ランクの会社に転職しても意味がないので、難易度的にギリギリ受かるか受からないかの会社に応募しています。

20社応募して2社内定もらえるわけですから、楽勝とまではいかないけど、楽観的に考えていいと思います。

ITエンジニアが転職しやすい理由

ITエンジニアのスキルは他社に移っても使えます。

A社でPHPを使ったWebアプリケーション開発を経験した人はB社に移っても同言語でWebアプリケーション開発ができます。

つまりは、企業が求めてるスキルとエンジニアのスキルマッチングがしやすいということです。

他の職業だと、ここまでかんたんにはいきません。

例えば、保険の営業をしていた人が、不動産の営業職に転職する場合、同じ「営業」と言っても、必要とされる知識は大きく異なります。

そういう意味でITエンジニアはものすごくつぶしが効く職業と言えます。

経験のない技術を使っている会社への転職でさえも案外いけるもんです。

私の場合、

  • 業務システム
  • Webサービス
  • スマホゲーム

と多分野を渡り歩くことができています。分野が違っても、それまでの経験やスキルは活かせるし、十分やっていけてます。

やっぱり、やりたい仕事をするのが一番です。そして、やりたい仕事って、やろうと思えば、案外できるもんなんです!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 講師から対面で学びたい派なら

プログラマカレッジをおすすめします。ProEngineerという転職エージェントが運営しているプログラミングスクールです。20代限定なんですが、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるんです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金で運営しているのでスクールを無料にできるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代以上の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代以上の方にはWebCampをおすすめします。受講料の返金保証がついているし、毎日11時〜23時まで通い放題なのでとてもいいと思います!

2. 自宅で学びたい派なら

「就職保証付き」オンライン就職予備校をおすすめします。Javaエンジニアコースでは就職保証がついているのでプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。Javaエンジニアの求人ってめっちゃ多いし、求められる技術レベルもそこまで高くないのでちゃんとした教育プログラムなら就職保証できるだろうなとJavaエンジニア経験者の私も思います。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. 未経験の人でも登録できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア