エンジニア経験者がプログラミングスクールを調べてみた

2018年5月4日に投稿 → に更新

pgschool

読者の方から

「独学でプログラミングを始めたのですが、挫折してしまいました。プログラミングスクールとかに行ったほうがいいのでしょうか?」

という質問をよくいただきます。

そこで、プログラミングスクールについて調べてみました。

エンジニア経験者の視点でプログラミングスクールの選び方を紹介します。

「独学でよくね?」って話

私自身は情報処理の専門学校でプログラミングを学びました。だから、独学じゃなくてがっつり先生から教わったクチなんです。

学んだ内容を振り返ってみると、

「学校で習った内容って、独学で本やWebサイトとかでも学ぶことも出来たよなぁ…」

とも感じます。

とはいえ、これは今の自分が言ってることなので、ちょっとあやしいです。

専門学校に入る前の自分が本やWebサイトだけで学べたかなぁというと、学べたかも知れないし、挫折したかも知れないです。こればっかしは過去に戻って実験しないとわかりませんが、タイムマシンは未だ発明されてないので出来ません(あっても、こんなことのために使わないでしょうけど笑)。

なので

  1. まずは本やWebサイトをざっと見て、いけそうな感じなら独学
  2. 「どこからはじめていいのかわからない」って感じならスクールで学ぶ

という選択が良いんじゃないかと思います。

結局は自分と学習法との相性次第ってことです。

プログラミングスクールは2つのタイプがある

  1. 通学型スクール → 教室に通うタイプ。いわゆるふつうの学校。WebCamp Pro, CodeCamp
  2. オンラインスクール → 自宅でSkype(無料のテレビ電話)を使って講師から授業を受ける学校。テックアカデミー

両方のタイプを兼ねているスクールもありました。都合に応じて、オンライン授業と通学を使い分けることが出来るといったものでした。

学べる内容

と定番から先端技術まで様々です。

人工知能とかVRは私も学んでみたいかもって思いました。

私の場合、独学で学ぼうと思えばできるんですけど、人から教わったほうが断然楽ですからね。

35歳以下なら『無料』の学校もある!

驚きですが、無料の学校がけっこうあるようです。

ゼロスクというプログラミングスクールは18歳~35歳なら無料で受講できるそうです。通学系のスクールで、学校は札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開されています。

この他にも20代は無料という学校は3つもありました。

「無料って怪しくない?」って感じですが、仕組みを調べてみたら納得がいきました。

  1. スクールは無料で授業を提供する
  2. 受講修了後、IT企業に生徒を紹介する
  3. 就職が決まった場合、紹介先企業からスクールへ紹介料が支払われる

といったシステムなんです。

なので、

  • 受講者は無料で授業を受けられて就職先も紹介してもらえる
  • スクールは紹介先企業から紹介料をもらえる
  • IT企業はプログラミングスキルを身につけた人員を採用できる

という三者がそれぞれ得するよく考えられた仕組みだなって思います。

で、どのスクールを選べばいいの?

人それぞれ、

  • 置かれている状況
  • 年齢
  • 好み
  • 適性

が異なるので、「誰にとってもここが絶対いい」というスクールはないので、Webサイトを見てピンときたスクールを選べばいいと思います。

私が仕事で経験したのは、

  • 業務システム開発
  • Webサービス開発
  • スマホゲーム開発

の3分野なんですが、どの職場も人手不足で常に求人を出していました。

なので、どの学校を選んでも、きちんと取り組めば就職できるでしょうから、「自分にとってどの学校がいいかな?」と考えてみると良いと思います。

つまりは、

ピンときたスクール = 自分に合ってる学校

ってことです。

とはいえ、なかなか決められないという方のために、選択の例をいくつか紹介します。

  • 35歳以下なら、とりあえず無料スクールに入ってみる。
  • やりたい仕事の分野が決まっているなら、それを学べるスクールに入る(例 Webサービスの仕事志望ならWeb技術を教えてくれる学校に入る)
  • 通学はめんどいのでリモートのスクールがいい
  • 自宅だと勉強するモードにならないから通学がいい

等など理由はなんでも良いと思います。自分が何を望むかです。

まず決める。そしてやり通す。それが何かをなす時の唯一の方法ですわ、きっと。

by ラクス・クライン

これ、機動戦士ガンダムSEED DESTINYっていうアニメで出てくる有名なセリフです。

ですから、まずは決めて、やり通してみてください!

 - 勉強法