プログラマーSEが転職の最終面接で落ちる3つの原因と対策

      2016/06/20

最終面接で落ちた男性

「最終面接で落ちた原因が分からない…」
「自分的にはうまくいったと思ってたのに…」
「受かった面接との差が分からない…」

一次面接はいい感じで突破して、二次面接も自分的にはうまくいったと思ったのに落ちた、私も何度も経験しました。

なんでかなぁ?とじっくり考えた所、落ちた時のパターンが3つに集約してることが分かりました。

そんな経験を踏まえて、今回は「SEプログラマが転職の最終面接で落ちるパターンと対策」を紹介します。

原因1 こだわりが扱いにくい性格だと思われる

面接で話をしている内に、熱くなって仕事のこだわりとかを話し過ぎると、「この人、こだわりが強くて扱いにくいな」と思われてしまいます。

良かれと思って話してて、話も盛り上がったりもするので、自分的には受かったと思いがちなんですけど落とされちゃう場合が多かったです。

熱意が伝わって良い結果になる場合もあるかもしれませんが、あんまり良い結果は生まれにくいと思います。

熱意を伝えたい場合、「相手が望む熱意」でなければなりません。その為には相手の話に耳を傾け、それに応えていく、それが重要です。自分が話したいことを中心に話し過ぎると、「この人、なんか違うなぁ。うちの会社に合わないんじゃないか?」と思われてしまいますからね。

原因2 入社意志が強く感じられない

質問に対して事務的に答え過ぎると、「この人、あまりうちの会社に興味ないのかなぁ?なんとなく受けただけなのかなぁ」と思われてしまいます。

「とりあえず受けてみっか」、「滑り止めとして受けてみるか」などのような第一志望じゃない会社の場合に受け答えが事務的になりがちです。

ただ機械的に話に応えてるだけになってしまうんです。面接も何度もやってくとこの質問には「こう答えればいい」って自分の中でパターンが出来ていきますからね。

で、「まぁ、無難に受け答えできたし受かっただろう」と思ったのに落とされたってことはよくありました。

第一志望じゃなくても、毎回全力で臨む、それが重要です。

原因3 自信のなさが伝わってしまった

これは第一志望の会社を受けた時になりがちです。

憧れの会社の最終面接で、気後れしてしまうパターンです。「自分なんかがこんないい会社、すごい会社に入れるのだろうか、入っていいのだろうか?」と自信をなくしてしまうパターンです。

面接官もすごくレベルの高い人で全くかなわない、やっぱり自分なんかが入れる会社じゃないんだと思ってしまうと受け答えも歯切れよくできません。すると、自信のなさが伝わってしまいます。

現時点でその会社の社員のレベルに達してなくても、入ってから仕事をしていく内に能力は上がっています。採用する側も、現時点ではレベルが足りてなくても、入社後の成長を期待して採用する場合だってあります。

いずれにせよ、採用するかを決めるのは企業側なので、私たち応募者が考えることではありません。ですから、「自分なんかが…」と考える必要はありません。面接官のレベルが高くてついていけないと思ったら、正直に「質問の意味が分からない」と伝えて、教えてもらえばいいんです。知ったかぶってあやふやな答えを返すよりもずっとマシです。素直さは重要です。「この人はスキルは少し足りないけど、素直だから伸びそうだな」と思われて採用される場合もあると思います。

いかがだったでしょうか?この3つの原因を押さえて気を付けて受け答えすれば、合格する確率はずっと上がると思います。レッツトライです!

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - ITエンジニア成功術 , ,