サーバーサイドエンジニアが転職する際の選択肢は沢山ある

      2016/11/25

選択肢がたくさん

「今の仕事飽きてきたから転職したいな…」
「Web、スマホアプリ何がいいかな?」
「ゲームのサーバーサイドとかもいいよな!」

転職したい理由は人それぞれだと思いますが、共通して発生する問題は、同じ仕事を長く続けていると飽きるというのがあります。

幸いなことにサーバーサイドエンジニアが、他業種を渡り歩くのは簡単です。

Webサービスもスマホアプリも業務システムもサーバーサイドは同じ技術(HTTPサーバー)を使っているからです。

私はこれまでに三度転職し

業務システム → ECサイト → スマホゲーム

と様々な業種のシステム開発をしてきました。

そんな経験を踏まえて、今回は「サーバーサイドエンジニアが転職する際の選択肢」を紹介します。

大まかに3つの選択肢がある

現代のソフトウェアのサーバーサイドの多くはApacheやnginx等のWebサーバ(HTTPサーバ)上で動くものです。

もともとHTTPはWebサービスを作るための仕様として作られましたが、現在はスマホアプリ、ゲームのサーバーサイドでも使われています。ですから、サーバーサイドエンジニアは今持っている技術を他の業種でも使えるわけです。それぞれ選択肢を見ていきましょう。

選択肢1 Webサービスのサーバーサイド

SNS、ブログ、ECサイトなど、Webサイトはたくさんあります。

「最近はWebよりスマホアプリの企業の方が景気が良いんじゃない?」って思ってる方もいるかもしれませんが、スマホの登場でむしろ、Webサイトのアクセス数は増加しています。

私が運営しているWebサイトのアクセス統計を見ると、スマホからのアクセスが50%以上を占めます。PCからよりも多いのです。スマホがない時代にはなかったアクセスが50%もあるということです。

つまり、スマホ時代においてもWebサービスはまだまだ伸びる分野なんです。

選択肢2 スマホアプリ/ゲームのサーバーサイド

スマホアプリのクライアントはiOSだったらSwift/Objective-C、AndroidならJavaで開発するので、サーバーサイドとは全く違ったアルゴリズムやAPIの知識を必要としますが、サーバーサイドはWebと同じです。

同じと言ってもレスポンスの返し方が異なります。Webサービスの場合、サーバーサイドのプログラムは基本的にHTMLのレスポンスを返しますが、スマホアプリのサーバーの場合、JSON形式のレスポンスを返します。WebでもAjaxでJavaScriptから通信する場合は同様にJSON形式で返しますのでおなじみですよね。

JSON形式のレスポンスを返すサーバープログラムをJSON APIと言います。

スマホアプリ/ゲームのサーバーサイドエンジニアの仕事はJSON APIを開発するのが仕事となります。

選択肢3 業務システムのサーバーサイド

現在、企業が会社の中で使うシステムの多くはWebアプリケーションとして実装されています。インターネットの普及前はクライアントはVisual Basicで作ったWindowsアプリケーションで、サーバーサイドはC言語で作った独自プロトコルのサーバープログラムだったりしましたが、2000年代に業務システムもWeb化が進みました。

ですから、Webサーバーサイドのエンジニアは業務システム開発の仕事をすることも出来ます。

業務システム開発をするにはプログラミング技術だけでなく、その業務を理解し、どこをどのようにシステム化したらいいかを考えるスキルも必要になります。

「業務システム開発はつまらない」という声はよく聞きますが、それは開発するシステムが地味だからだと思います。Webサービスやスマホアプリの方が見た目が華やかですが、業務システムは実際の会社の業務の一部となり、その会社の仕事を効率アップさせる仕事です。

そういう意味で「社会の役に立ってる感を味わえる」という面白さがあります。

私は業務システム開発を10年ちょっとやりました。やってた当時は地味でつまらないなぁと思っていましたが、今思えば、作った物が会社の業務の一部となって、社会活動を支えているわけで、素晴らしい仕事でした。

言語の違いはどう考える?

「サーバーサイドは皆Webサーバの技術であり同じだ」と言っても、プログラミング言語はいろいろありますよね。

主なサーバーサイド言語はPHP, Ruby, Python, Perl, node.js, Java, Scala, C#等々たくさんあります。

ここで考え方は2つです。

  1. 自分が今まで使ってきた言語を使ってる企業に転職する
  2. 新しい言語を覚えて入りたい企業に転職する

一番楽でいいのは、入りたい企業が使ってる言語が自分の得意言語であることですが、自分の希望次第でいかようにも出来ると思います。

私はどちらかというと、2の新しい言語を覚えて入りたい会社に転職したい派です。

新しく言語を覚えるのって、やってみると思ってたよりずっと簡単なんですよ。サーバーサイドでやることって同じなので、その表記法が変わるだけですからね。

逆に同じ言語でも、ソフトウェアの種類が違うものを開発するスキルを身につける方が大変だと思います。

言語よりアルゴリズムの違いの方が難しい

例えば、JavaはWebサーバーサイドの開発もAndroidアプリの開発も出来ますが、同じJavaでもサーバーサイドとスマホアプリ開発とでは、アルゴリズムや考慮すべき点が全く異なるので、修得は結構大変です(もちろん出来なくはありませんが)。

それに比べてJavaでサーバーサイドをやってた人がPHPのサーバーサイドを覚えるのは簡単です。言語のシンタックスと主要なAPIを覚えれば大抵のことは出来てしまいますからね。

言語を覚え始めの頃ってHello World出来ただけでも楽しいですよね?そういう新鮮さが味わえるので、一つの言語を長い間使っていて飽きてきてる方には、新しい言語を覚えてみることをお勧めします。

それに、応募先企業が使ってる言語の経験がなくても、採用してくれる会社はたくさんあります。求人の募集要項で、「PHP/Java/Rubyいずれかの経験をお持ちの方」とか書かれているものをよく目にしますよね。それだけ、言語を新たに覚えることは簡単だということです。

逆に一つの言語を使い続けて、極めるというのもありだと思います。私が最初に入った会社の先輩はずっとJavaの仕事をしています。会社を辞めてフリーランスになって仕事を選べるようになっても、今もJavaを使い続けているそうなんです。それもまた一つの道です。

あなたはどちらの道を行きますか?

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア ,