プログラマー・SEが社内政治でどう立ち回るべきか?

   

プログラマ・SEが社内政治で立ち回る方法

「社内政治って苦手、口がうまいやつが得するんだよな…」
「噂話ばかりしてても、なんのスキルアップにもならないんだけどな…」
「社内政治をうまく仕事に活かすことって出来ないだろうか?」

社内政治というと、

・部署間の力関係とか
・誰に権力が集まりそうだとか
・誰が出世しそうか
・誰が売り上げをあげたとか
・誰だ誰を嫌い or 好きとか
・このプロジェクトがすごく成績が良さそうだから自分も関わっておいた方が評価に繋がりそう

みたいないわゆるちょっと下世話でドロドロした世界が思い浮かびます。そこをいかにうまく立ち回るかみたいなことを指南する本もありますよね。

一方、そういうドロドロした社内政治とは関係なく仕事に集中していればいいという考え方もあります。

私の意見は後者に近いのですが、社内政治を全く無視していいとも思いません。

そんなわけで今回は「社内政治との向き合い方」を考えてみたいと思います。

目的によって、すべき行動は変わる

仕事をする上で重要なことは何かを考えてみると、大きく分けて以下の2つになると思います。
1. 自分がやりたい仕事が出来ること
2. 収入や休暇を増やす等の待遇面を向上させること

「あれ昇進することは?」と思われたかもしれませんが、昇進する目的は昇進することで自分の地位が上がると自分の意見が通りやすくなって、自分がやりたいことが出来るという意味(1に含まれる)と、昇進することで年収が上がるという意味(2に含まれる)があります。ですから、1, 2に含まれてるわけです。

ですから、1, 2のためになる情報を見つけるという意味で社内政治を考えると良いと思います。

すると、誰が誰を嫌ってるとか、誰についていった方がいいとかは関係ないということになります。

噂話の誘惑に負けない

誰が誰を嫌っているという情報を知ったからと言って、それを活用して自分の評価を上げて、出来ることが増えたり収入が増えることはないのですが、ついつい。噂話って楽しくて聞いてしまいます。

ですが、そんなことしても目的に対しては何の意味もありません。目的と関係のない行動をしている限り目的が達成されることはありません。

ですから噂話の誘惑から外れましょう。

そうではなく、「今社内でどんな仕事があって、これから上層部はどんな仕事をしようとしているのか」こういう情報を仕入れた方が断然役に立ちます。

会社の目指す方向性を知ることは重要

会社の方向性に関する情報を集めることで「経営層はこういうことを考えているから、その中で会社に貢献し自分が評価されていくためには、こういう分野のことが出来るといいんだなとか、こういうことが求められているんだな」などのようにに考えられるようになります。

すると、その分野のことを意識して勉強したり、その分野の企画案を作って提案するといったことが出来ます。

単に自分が「これ好きだな」と思う技術を学んだり、自分が興味のある技術を使った仕事を提案するよりも、会社の目的に合ったことに対して努力する方が成果が出やすく、評価もされやすくなるわけです。

もちろん、会社の方向性と元々自分が好きなこと、やりたいこととが一致してるのが一番ですが、そうでなく「部長から聞いて初めて知ったけど、この技術は面白そうだからやってもいいかな」など感じるものであれば、それは、その時生まれたあなたの「やりたいこと」なので、取り組んでいいと思います。

ですから、人の力関係はほとんど気にしなくていいんですが、力関係も考慮した方がより成果を上げやすくなる場合があります。

当たり前のことなんですが、発言力の強い人の意見は通りやすいですからね。ですから、

「発言力の強いAさんがこういうビジネスをやりたいと思っているということはその方向に進む可能性が高い、じゃあ、そこで自分が出来ることは何かな?」

と考えて行動するのは、とても良い戦略だと思います。もちろん、自分がやりたいことと重なるのであればって前提がありますけどね。

会社が目指す方向と自分のやりたいことの重なる部分を探せ

人間の能力はやりたいとをやっている時に最も発揮されるので、仕事ではやりたいことをすべきなわけですが、そうはいっても会社の目的と合致したものをやらないとしょうがないわけです。

ですから、会社が求めてること、これからやろうとしていることを知るために、社内政治、社内の状況の情報収集し、自分のやりたいことと会社の目指す方向の重なる部分を見つけて、そこに向かって取り組んでいくというのが良いんじゃないと思います!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , ,