プログラマーSEが『速読』できるようになる方法

      2017/01/20

プログラマーSEの速読術 身につけ方速読というと目を早く動かす、視野を広げるというようなフィジカルな方法から、フォトリーディングのようなページを写真を撮る用に映像記憶する方法がありますが、どちらも出来てるのか、出来てないのかはっきりわからなかったりします。

いろいろ試したのですが、「ページは最後までめくり終わったけど、内容頭に入ってね~」ってことがほとんどでした。

ITエンジニアが速読したいのは主に技術書ですよね。技術書は一般的な小説やビジネス書とは大きな違いがあります。

それは、人間の言葉で書かれてる部分とプログラミング言語で書かれている部分が別れていることです。

これを考慮に入れたプログラマーSEの速読術を紹介します。

学校で習った本の読み方は遅すぎ!

速読の最初のポイントは、普段私たちはゆっくり読みすぎる癖があることに気づくことです。

学校の授業で音読を何度もさせられましたよね?

「はい、ここ、○○君読んで」と言われて、「なになにが、なになにで…」って声に出して読むやつです。この訓練によって、文字を一文字ずつゆっくり読む習慣が身についてしまっているのです。

音読せずに一人で黙読してる時にも、頭のなかで「なになにが、なになにで…」と音読してしまっています。

これってコンピュータのファイルIOに例えるとバッファーなしのシリアル処理なんです。一文字読む毎に画面に出力→入出力割り込み→画面に出力→入出力割り込み…を繰り返すようなものです。そりゃ遅いに決まってます。

まずはこれをやめることです。

文章のブロック(かたまり)をぱっと見て意味を読みとる読み方をするんです。

文章はかたまりを読む

文章って、一文字ずつ順番に読まなくても、文章のかたまりを見た瞬間に内容が理解できるものです。

もちろん、全く知識のない分野の文章の場合、そうはいかないかもしれません。ただ、その場合は一文字ずつ読んでも理解できない可能性が高いので、読む本の難易度を下げた方が懸命です。

また、技術書は小説じゃないので、一文字一文字順番に味わっていく必要はないので、なおさらブロック読みが良いはずです。

「でも、それってフォトリーディングじゃん?」って思われたかもしれませんが、違います。

フォトリーディングは内容を意識に上げずに潜在意識に対して写し込んでいきます。潜在意識で読むから確かに早く読めるんですが、内容を意識に上げられないので、結局使えないんです。

それに対して、ブロック読みは、文章のかたまりの意味を意識に上げて読んでいくので内容がしっかりと意識上で理解できます。

ソースコードは速読しやすい?

コードを読むときも、ブロック読みは非常に有効です。

コードってインデントが付けれれていて視覚的にわかりやすいのでブロック読みがよりやりやすいと思います。

ただ、初めて見るAPIを使っているコードの場合、かたまりで読んで構造が読めても、意味まで理解できない場合があるので、その場合は初めての部分をじっくりと読んでいきます。

こうやって、かたまりで一気に読むところとじっくり読むところを分けていけばいいのです。

わからないところも止まらず読み進める

私がプログラマーの仕事を始めたばかりの頃って技術書ってどれもすごく難しいと思っていました。

会社にある分厚い本を見た時に「こんなの読めるかよ?」と思って尻込みしていたのですが、勇気を持ってページを見開いてみると、1ページ毎の内容はそれほど難しくなく、それほど苦労なく理解できるものでした。

途中よくわからないページに出くわすこともありますが、そこで止まらずに「とりあえずよくわからないけど、どんな感じのことが書かれてるのかだけ把握しよう」というスタンスで読み進めていくと最後まで短時間で読み切ることが出来ます。

あとの方のページを読んでるうちに初めの方でわからなかったことがわかるようになることも多々あります。だから止まらず読み進め続けることが大切です。

そうして一冊読み切ることが出来ると心のブレーキが外れます。

本に対する心のブレーキが外れる

「技術書は難しくて自分には読めない」→「難しい部分もあるけど、読み進めれば多くのことが得られる」

と変われます。

それを、いかに速くできるかがポイントです。

「一冊読み切ったけど、6時間かかったぁ」だと次の本を読む心理的ハードルが高くなってしまいます。「また、6時間かかるのかぁ」と。

「全部は理解できなかったけど1時間で大体はざっと把握できたな」という読み方であれば、その後もう一度じっくりその本を読んでみてもいいですし、別の本を読み始めるのにも楽な気持ちで臨めます。

まとめ

まとめると以下のようになります。

  • 文章を一文字ずつ読んで頭の中で音読するのをやめる
  • 文章はブロック(かたまり)単位で内容を把握する
  • コードはかたまりとして捉えやすい
  • 途中わからないページに出くわしても、止まらず読み進めることであとで理解できる場合がある

ぜひ試してみてください!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 自宅で学びたい派なら

「就職保証付き」オンライン就職予備校をおすすめします。Javaエンジニアコースでは就職保証がついているのでプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。Javaエンジニアの求人ってめっちゃ多いし、求められる技術レベルもそこまで高くないのでちゃんとした教育プログラムなら就職保証できるだろうなとJavaエンジニア経験者の私も思います。

2. 講師から直接学びたい派なら

ストリートアカデミーをおすすめします。こちらもユーザー登録無料で参加したい講座だけ受けられるますし、料金も良心的なので良いと思います。1000円の講座もありました!

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 勉強法 ,