IT企業でも残業少ない会社はある…というか定時に帰る勇気

      2016/11/25

仕事をテキパキこなす女性

「残業多すぎて辛い、IT業界だから仕方ないのかなぁ…」
「学生時代の友達に聞いたらITでも残業少ない会社あるらしい。」
「残業が少ない会社を狙って転職って出来るかな?」

残業って嫌ですよね。定時で帰ることを「早めにあがる」って言うこと自体がおかしいですもんね。

定時は本来、通常通りであり、早めにあがるって言ったら本来早退することを意味します。

っと文句を言ってても仕方ないですね。

私はこれまでに三度転職し、大手(グループ社員数50000人)から零細(社員数10名以下)まで様々な規模の会社で仕事をして来ました。

業種も様々で、業務システム → ECサイト → スマホゲームと渡り歩いてきました。

いろいろな会社で働いた中で、残業の少ない会社、ほとんど定時上がりの会社、まったり仕事が楽な会社などいわゆるホワイト企業で働いたこともありました。

また、自分の働き方を工夫することで残業を少なくすることも出来ました。

そんな経験を踏まえて、今回は「残業術」について書いてみます。

「嫌われる勇気」ならぬ、「定時に帰る勇気」

「嫌われる勇気」という本売れてますよね。私も読みました。アドラー心理学をベースにしたとても面白い内容で、「他人から承認(ほめられたり、好かれたり、認められる)されたい欲求を満たそうとしても人は幸せになれない。人は他人に貢献することで感じられる貢献感によって幸せになることが出来る」というものでした。

自己啓発本の多くで、承認欲求を満たすことが重要とされているのを真っ向から否定し、かつ説得力のある代替意見(貢献感が大事)が提示されているので、読んでとても良かったです。

ポイントは他人に貢献することによって感じられる「貢献感によって幸せになる」という部分です。他人のためにやったことでも、実際は他人の役に立ってるかもわからない、相手が喜んでくれるとも限りません。相手が喜んでくれることをしたいというのは貢献感ではなく承認欲求です。相手に喜んでもらって自分を認めてほしいという欲求だからです。そうではなく、貢献感は、相手に貢献している感覚、相手のために何かしている感覚です。結果的に相手が喜ぼうがそうでなかろうが関係ありません。

これは私にとって目からうろこでした。利他的であることの重要性は知っていたのですが、相手が喜んでくれるかの結果を求めてしまうこと自体が利他的ではなく、自分が認められたいという承認欲求だったと気付けたのです。

これと残業も同じなんです。

残業することで、上司や周りの人から「働き者だな!」「頑張ってるな!」「まじめだな!」「一生懸命だな!」などと承認されたい気持ちがあるのではないでしょうか?

まずはそれをやめることです。

「嫌われる勇気」で言われているように人は承認されることよって幸せになるのではなく、貢献していると感じることで幸せになれるのです。

本気出すと仕事は早く終わる

納期の1か月前と3日前とで仕事の生産性って全然違いますよね。当然3日前の方が速いわけです。

「時間がない、なんとか間に合わさねば」とものすごいスピードで仕事をするのです。

なら、最初から速くやればいいじゃん!」ですよね。

で、周りが残業してるから自分も残業しようという気持ちで仕事をしていると、残業してちょうど終わるくらいのペースで仕事をするようになってしまいます。

だからこそ、残業して自分を認めてもらいたいという承認欲求を捨てるべきなのです。周りからどう思われるかではなく、自分が貢献できていると感じられることが重要なのです。

例えば、自分が全速力で仕事をして定時で帰れば、仕事も早く終わりますし、周りの人も早く帰りやすい雰囲気になります。つまりは他人に貢献しているのです。

こう考えると、定時に帰ることに罪悪感を感じることなく、帰ることが出来ます。

とはいえ、ブラックな職場では通用しない

ブラックな職場であなたが全速力で仕事を片付けて定時で帰るようになったらどうなるでしょうか?

周りの人も全速力で仕事をするようになればいいですが、多くの場合そうはなりません。

「あいつ毎日定時で帰ってて暇そうだから、仕事回すか!」

ということになってしまいます。

以前私が勤めていた流通業系IT子会社では、ある日社長から23時以前に帰った社員全員にメールが届きました。

「そんなに早く帰って仕事できてんの?」

という内容でした。22時に帰るのって普通の会社なら遅い方ですが、ブラック企業では早すぎるってことのようです。このメールが来てから上司に言われたのは

「やることがなくても、とりあえず23時までは会社にいてくれ」

というものでした。これだと、いくら仕事の仕方を工夫しても意味がありません。

残業の少ない会社はたくさんある

残業が少ないというか、ほとんど定時で帰れる職場というものは結構ありました。

ECサイトの開発運営をしているベンチャー企業(社員10名以下)では、ほとんどの社員が残業してませんでした。社長が一番先に帰ってましたからね。

職場全体がそうなっている企業だと、自分が特別全速力で仕事をしなくても、その職場の普通のペースで仕事をしていれば、普通に定時までに仕事が終わります。

だから、そういう会社で働くのが一番です。無名でホワイトな会社ってけっこうあるので、そういう会社を探してみるのもいいと思います。今どきの転職活動ってめっちゃ楽なので、今の会社に勤めながら、とりあえずでやってみるといいんじゃないかなと思います。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 仕事術 , ,