プログラマーSEが転職を決意すべき瞬間

      2016/06/17

転職を決意する男性

「会社辞めたいんだけど、なかなか決心できない…」
「みんなどういう瞬間に決意するんだろう?」
「こんな時に転職すればいいとかってあるのかなぁ?」

転職を決意するきっかけって人それぞれだと思います。
私はこれまでに三度転職しましたが、それぞれ違う理由でした。

・一度目の転職は給料の低さと先輩社員のモラル、技術レベルの低さのため
・二度目の転職は仕事のつまらなさと会社の経営の不安定さのため
・三度目の転職はパワハラ、労働時間が異常だったため

そんな経験を踏まえて、今回は「プログラマーSEが転職を決意すべき瞬間」を紹介します。

仕事がつまらないと感じた時

つまらないと感じるということは毎日が同じことの繰り返しになっているのだと思います。
仕事をしていて学ぶことがない場合、仕事スキルの伸びが止まってしまいます。これはエンジニアとして一番まずい状況です。エンジニアはスキルが命ですからね。スキルと言うのは技術スキルだけではありません、仕事がつまらないと感じているということは人とのやりとりもマンネリ化しているので、交渉力、提案力などのコミュニケーションスキルも伸びていきません。

新しい仕事をしたい、やりたい仕事が変わった

「業務システム開発をやってきたけど、Webサービスの方が面白そうだよな!」
「スマホのゲームやアプリを作ってみたい!」
こんなことを思った時も転職を決意すべき瞬間です。

やりたい仕事をやった方が仕事が楽しくなりますし、スキルもぐんぐん伸ばせます。

パワハラ、いじめ、セクハラを受けた

これはもう完全に転職すべき瞬間です。こんなことをするのはまともな大人ではありません。

上司に相談して解決できる場合もあるかもしれませんが、それ以前にこんな人たちがいる職場は今すぐ抜けた方が良いと思います。

私は今までに様々な会社で仕事をしてきましたが、良い会社というものはちゃんとあります。みんなモラルがしっかりしていてまじめに仕事をしていて雰囲気もとってもいいんです。探せばそういう会社はいくらでもあるはずなので、いい会社で働きましょう。

給料上がらない、出世できそうにない

転職するとわかるんですが、給料って会社によって全然違うんです。私の場合、同じ仕事してても、1社目と2社目で年収が100万円以上も違いました。

給料安いなぁと思ったら転職活動してみると良いと思います。内定をもらって提示された年収額を見てから、今の会社を辞めるか決めても良いわけですしね。

それから、出世・昇進出来そうにない場合も早めに見切りをつけた方が良いです。大切なのは自分に合った会社で仕事をすることです。出世や昇進が出来ないということは、その会社はあなたに合っていないのだと思います。こればかりは相性の問題なので誰が悪いわけではありません。自分に合った会社に移ればいいだけです。

仕事の商流が低い、キャリアアップできない

受託開発で下請け仕事ばかりしている会社の場合、企画や顧客折衝やプロジェクトマネージメント、アーキテクチャ設計などの重要な仕事は元請け企業の社員がやってしまうので、ずっと経験できないという場合があります。

この場合、この会社でいくら仕事を頑張ってもキャリアアップは出来ません。早く見切りをつけて転職した方がいいでしょうね。

モラルが低い

社員のモラルは会社によって様々です。私が最初に勤めた会社では老け顔の新入社員に向かって「おまえ老けてんなー、髪も薄いし」みたいなことを言ってました。ITエンジニアの仕事に顔は関係ありません。このようなことを言う人はプライベートと仕事の切り分けが出来ない人なんです。そういう人って仕事のスキルも低いんです。仕事もプライベートのノリでやるので、責任感も向上心も生まれませんからね。

また、プライベートと仕事の切り分けが出来ない人は部下を昇進させる際の基準も「自分が気に入ってるか」というアンフェアな決め方をします。アンフェアな会社では頑張って仕事をしても報われません。よって、こういう人がいる会社は一刻も早く抜けた方が良いと思います。

プライベートと仕事の切り分けとは「雑談をせずに仕事をする」とか、「冗談一つ言わない」という意味ではなく、仕事の論理とプライベートの論理が切り分けられない人という意味です。それらを切り分けた上で、仲良く楽しく仕事をするのはもちろんOKです。

社員のスキルレベルが低い

当然のことですが、人は周りの人から影響を受けます。レベルの低い集団の中にいると自分もそちらに引っ張られてしまいます。逆もまた然りです。レベルの高い会社だと休憩や昼ご飯を食べながら雑談する内容の中にも新しいソフトウェア技術やおもしろいニュースの話が聞けます。自然と知識も増えますし、自分もそういう話をしようと自然と意識が変わっていきます。

ピンときたときに行動を!

「もうこの会社嫌だ!」とか「別の仕事をしたい!」、「この技術おもしろそう!」と思った瞬間に行動しないと、「やっぱいいや、耐えられないほど嫌でもないし」ってなってしまいがちです。人間にはホメオスタシス(恒常性維持機能)という現状を維持しようとする無意識の働きがあります。ですから、意識して行動を起こさないと人生は良くなりません。

それでは何も変わりませんし、人生の大切な時間を無駄にしてしまいます。ですから、「思い立ったときに行動する!」これが大切です。

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - ITエンジニア成功術 , ,