プログラマーSEが転職で成功するパターン、失敗するパターン

2015年9月15日に投稿 → に更新

「今の会社クソ過ぎるから転職したいけど失敗したくない…」
「転職失敗するくらいなら今の会社で我慢した方がマシなのかなぁ?」

私はこれまでに三度転職しました。

転職で年収が100万円以上アップしたこともありますし、ブラック企業に入ってしまって2か月半で辞めたこともありました。

そんな経験を踏まえて、「SE・プログラマーが転職で成功するパターンと失敗するパターン」を紹介します。

キャリアアップを狙って転職したら年収が100万円以上アップ

私は専門学校を卒業後、新卒で社員数80名程度の受託開発をやってる会社に就職しました。
この会社では仕事を通してJavaやオブジェクト指向プログラミングなどの実装スキルを身につけることが出来ました。

4年半ほど勤めたのですが、仕事が同じことの繰り返しになってきたので転職することにしました。
転職エージェントに相談した所、「要件定義や基本設計などの上流工程の仕事が出来る会社に転職するといい」とアドバイスされました。

そのアドバイスに従って転職活動して見事転職することが出来ました。
東証一部上場独立系SIerでした。

元の年収が低かった(320万円)のもありますが、年収は100万円以上アップして大成功でした!
その後も年々数十万ずつ年収は上がって20代で500万円を突破しました。

この経験から導き出される成功法則は「キャリアアップを狙って転職するとうまくいく!」ということです。

リーマンショックで年収下がって焦って転職したらブラック企業に入ってしまった

年収が500万円を超えて有頂天だったのですが、リーマンショックによって年収が70万円下がってしまいました。

焦った私は再び転職活動をして、大手流通業グループのIT子会社へ転職しました。
「大手流通業グループの子会社ならリーマンショックみたいな事件が起きても年収が70万円も下がることはないだろう!」と思い、とても誇らしく思いました!

しかし、それは幻想だったんです。この会社は社員を洗脳して労働力を限界まで搾り取ろうとするいわゆるブラック企業でした。

朝社員全員で「死に物狂いで働こう!!!?」みたいな社訓を暗唱させられ、週に一度セミナールームに集められて、社長から「会社に対する思いが足りない人間は辞めてもらう!!!!?」などとすごい剣幕で脅すような話を聞かされました。

このままここにいたら洗脳されてしまうと思い2か月半で退職しました。

今思えば、転職の面接時にブラック企業っぽさを感じていたのに、「これ以上年収が下がったらまずい…」という焦りによって目をつぶってしまっていたことに気が付きました。

この経験から導き出される成功法則は「焦って転職するのはよくない」ということです。

そんなわけで、これを読んだあなたは私のような失敗をせず、ぜひ良い転職をしてください!

転職活動はやってみるとかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア