プログラマーSEが転職しないリスク・デメリットがやばい?

      2017/04/17

驚く女の子

「同期が転職して年収大分上がったらしい…」
「転職した先輩と久々に会ったら楽しそうだった…」
「転職しないと損なのかなぁ?」

「やった後悔より、やらない後悔の方が大きい」って話はよく聞きますよね。

だから、後悔することがないように

  • 「好きな人には気持ちを伝えろ」
  • 「やりたいことは全部やれ」

って話です。そうは言われても、失敗するのは怖いですし躊躇もしてしまいます。

そうこうしてるうちに月日は経って、

「もういい年齢だから、チャレンジはできないよな…」

なんて言ってる人はよくいます。

私は3度転職したのですが、転職によって得られたものはたくさんです。

「一度も転職せずに最初の会社にずっといたらやばかったな…」

と思うほどです。

そんな経験を踏まえて、「転職しないリスク・デメリット」を紹介します。

同じ仕事でも会社によって年収が100万円以上も違う?

私が新卒で入った会社は業務システム開発の2次請け・3次請けをしてる会社でした。社員数は80名程度の零細システムベンダーです。

この会社に4年半勤めたのですが、最終年収は税込みで320万円でした。会社の先輩に「うちの会社って給料安すぎませんか?」って聞いたら「いやぁ、どこもこんなもんだよ!」と言ってました。「んなわけないだろ!?」っと心の中で叫びつつ、「じゃあ確かめたるわ!」と転職活動を開始しました。

せっかくだから失業保険ももらってみようと思って、ハローワークに行きました。失業保険をもらうには一か月に一回転職活動をした実績が必要と言うことでハローワーク経由で一社応募してみました。

応募先は従業員2000人くらいのそこそこの規模の会社でした。面接に行った所、その場で「400万円でどう?採用するよ」と言われました。

「だよなぁ!やっぱ400はいくよね!」と思いました。

その後、転職活動で数10社の面接を受けましたが、一次面接を受けてその場で内定と年収を提示されたのはこれが初めてでした。ハローワークの求人だからなんですかね?

結局この会社の内定は辞退して、新たに転職活動をして東証一部上場の大手SIerから内定をもらって入社しました。

提示された年収額は440万円でした。120万円アップです!「先輩の嘘つきぃ―!!」ですね(笑)

仕事内容は同じで、二次請けの客先常駐の仕事です。使ってる技術も

  • Java
  • HTML, CSS
  • JavaScript

なので全く一緒です。全く同じ仕事をしてるのに年収が100万円違うわけですから、どの会社で働くかがいかに大事かということが分かります。

それに、東証一部上場企業でも、そんなに入社ハードルは高くないということも分かりました。当時の私のスペックは、

  • 専門学校卒
  • 零細システムベンダーで4年半仕事をした経歴

という状況で受かったわけですからね。

保守的な職場にずっといると技術の変化についていけなくなる?

先ほど話した大手SIerは給料もそこそこ良かったので、6年半勤めましたが、その間にWeb2.0ブームなどがあって、Webサービスの分野ではAjaxを使った新しいサービスがいっぱい出ていました。Webエンジニアの間ではWebAPIを使ったマッシュアップサイトを個人で作ることが流行っていました。

しかし、私は相変わらずJavaで業務システム開発をしていました。「プログラマーより、SEやPM等、上流工程をやる仕事の方が付加価値の高い仕事なんです」みたいなうるさい話を盲目的に信じていたので、

「Ajax?WebAPI?そんなのは付加価値の低いプログラマーの仕事でしょ、私はSE様なのだよ!!!」

と今思えば馬鹿げた発想をしていました。ホントに愚かでした。

こうなってしまったのも、技術に対して保守的な業務システム開発の会社にいたことが原因です。

仕事していて新しい技術を学ぶ機会がないと感じたら、転職すべきタイミングなのでしょう。

エンジニアの能力の源泉は「技術」です。これを忘れてはいけません。

技術や業界を飛び越える転職も案外いけます!

その後の私は、業務システム開発 → Webサービス開発 → スマホゲーム開発と技術・業界を転身していきました。

Webサービス開発のサーバーサイドはJavaだったので業務システムと同じでしたが、開発の半分以上はクライアントサイドのJavaScriptでした。AjaxやJQueryをバリバリ使うコードでしたが、意外とすぐできるようになりました。プログラミングの基本って一緒ですからね。

その後、スマホゲーム開発でもクライアントサイドを担当しました。Unityというゲームエンジンを使っているプロジェクトで言語はC#でした。UnityとC#を独学していくつかかんたんなミニゲームを作って、それを実績としてアピールした所、採用してもらえたんです。

「ゲームとWebではアルゴリズムや使われる技術が違うから無理かなぁ…」と思っていたのですが、ちゃんと仕事できてます!

「やればできる!」は本当なんです!

これを読んでるあなたもぜひ、やりたいことを「やってできて」みてください!

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - キャリア , ,