プログラマーSEに必要な『運動』とは?手軽な方法を紹介

   

プログラマーSEに おすすめの手軽な運動 とは?

ITエンジニアに運動が必要っていう話は主に以下の3点がよく語られています。

1. デスクワーク中心で血行不良になりやすいので運動した方がいい
2. メタボ・肥満を防止するために運動した方がいい
3. 心の健康のために運動した方がいい。(決められた運動をすることで意志力がつく。運動することでドーパミンやセロトニンなどの脳内ホルモンが出ることでパフォーマンスが上がる)

これらを総合して、どんな運動をどれくらいすればいいかをを紹介します。

運動しすぎてはいけない?

よくある俗説でアスリートは寿命が短いというものです。

その原因として言われているのは、「激しい運動すればするほど、細胞分裂が起きたり、活性酸素が発生するから」というものです。

酸素って元々生物にとって毒であり、危険なものだったのが、ミトコンドリアによってエネルギーに使えるようになったと言われています。

「大きく深呼吸しましょう」とか、酸素って健康にいいイメージがありますが、強力なエネルギーであり、扱い方を間違うと危険なわけです。

その一例が激しい運動をすると、活性酸素という細胞を傷つけるものが発生してしまう現象です。

ですから、運動強度はほどほどなものが良いわけです。

どんな運動が良い?

健康のための運動としてジョギングがありますが、私はこれに反対です。

ジョギングすることが好きで、ジョギングを楽しむためにやるのであればいいのですが、健康のためにジョギングをするのは反対です。

ジョギングをすることで細胞分裂が余計に発生したら、細胞分裂の限界回数への到達が早まってしまい、寿命が短くなってしまうかもしれないからです。

ですから、血行を良くするという目的であれば、「歩く」くらいで十分だと思います。

運動量という意味では、よほど会社に近い場所に住んでいる人以外は、通勤である程度歩いているわけですから、十分だと考えられます。

あとは頻度の問題です。

座りっぱなしは体に悪い?

デスクワークで血行が悪くなってしまうのは座りっぱなしだからです。

座りっぱなしの問題は最近よく言われていて、立ったまま仕事が出来るスタンディングデスクみたいな商品が出てます。

座ってる時間が長いほど、寿命が短くなるという研究結果も報告されています。

ですから、座りっぱなしになる時間を短くするためにも、合間に挟む運動の頻度を上げるべきです。

ポモドーロテクニックは健康にも良い

ポモドーロテクニックというライフハックメソッドは「25分集中して仕事をしたら5分間休憩を取る。休憩中は散歩するなどの軽い運動をする」というものです。

これを取り入れてみるのもいいでしょう。

実際やろうとすると、25分で一回席を立つというのは、かなりの頻度に感じます。「もう25分経ったかぁ、全然進んでないやぁ」と感じたりします。もっと集中してスピードを上げなきゃという気づきにもなりますが、周りからも、「あいつしょっちゅう席立つな」と思われるかもしれないので、もう少し長いスパンをとってもいいかもしれません。

25分とは言わないまでも、1時間に一回とか1時間半に一回くらい休憩を取り、軽く散歩するだけで、血流が良くなって心身がリフレッシュできると思います。

歩くと全身に血流が巡って、脳にも酸素がいきわたり、体だけでなく精神力も回復します。

また、休憩を適度に取ることで、デスクでお菓子を食べることも自然に減ると思います

仕事中におやつを食べたくなる理由

デスクでお菓子を食べるのって、「なんか頭がつかれたなぁ、甘いものが食べたいなぁ」という感じで食べてるケースが多いと思います。

適度に歩くようにすると、脳疲労がその都度回復するので、頭がつかれたので甘いものが食べたいという欲求がわかなくなります。

栄養学的に見ても、お菓子のような糖分が高いものを食べると、急激に血糖値が上がって、その瞬間はドーパミンが出て気分が高揚するけれど、その後すぐにインシュリン(血糖値を抑えるホルモン)が出て血糖値が下がり、気分も下がってしまいます。

つまり、精神的に不安定になりやすいわけです。お菓子を食べた時の高揚感は一度味わうと癖になってしまいます。それを補う意味でも、適度な頻度で歩くことで得られる気持ちよさはとても重要です。

歩くと気持ちがいい理由

歩行運動は一定のリズムで足を前後に動かすリズミカルな運動でもあります。

リズミカルな運動をすると、ドーパミンやセロトニンなどの脳内ホルモンが出ると言われています。

歩く以外にも卓球やダンスなんかでもこれらのホルモンが出ると言われていて、うつ病の治療などで活用されているそうです。

まとめ

ITエンジニアに適した運動は「適度な頻度で歩く」ことです。

その理由は以下のとおりです。
1. 運動強度が低く、活性酸素や急激な細胞分裂が発生しない
2. どこでも簡単にできるので、適度な頻度で行える
3. リズム運動によって、ドーパミンやセロトニンなどが出て、パフォーマンスが上がる

ぜひやってみてください。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 健康 , ,