プログラマーが残業しないで帰る方法

2014年12月1日に投稿 → に更新

定時帰りできて喜ぶ女性

プログラマーって、いつも遅くまで残業して休日出勤も頻繁にあるというイメージがありますが、みんながみんな長時間労働をしているわけではありません。

現に私は10数年プログラマーをやっていますが、そこまで長時間労働をしていません。ふだんは基本定時にあがっています。納期前などで忙しい時は残業しますが、ピーク時でも23時前には帰っています。休日出勤は、ほぼありません。

入ったプロジェクトがたまたま暇なプロジェクトばかりだったというわけでもありません。私以外の人は遅くまで残業していたり休日出勤してるプロジェクトもありましたからね。

自分が残業しない分を他の人がやってくれているという見方もできますが、そうではないと考えています。なぜならば、私は自分なりの方法を意図的に活用することで残業を減らしているからです。

その方法を紹介します!

残業する理由を取り除けばいい

何事にも原因・理由といういものがあります。あなたが残業する理由はなんでしょうか?

多くの場合、以下の3つに集約されます。

  1. 仕事が終わらない
  2. 周りの人が残業してるので帰りにくい
  3. 残業代を稼ぎたい

それでは理由別に対策を考えていきましょう!

理由1. 仕事が終わらない

仕事が終わらない原因を考えてみましょう。

大抵の場合、仕事が多すぎることが原因です。

解決策として以下のようなものが考えられます。

  1. 作業スピードを速くする
  2. 納期を伸ばす
  3. 担当する仕事を減らす

一つ一つ見ていきましょう!

解決策1 作業スピードを速くする

作業のテンポを上げると生産性が上がります。

今まで自分がやっていたスピードよりも少しテンポを上げることを試みます。

PCを使った仕事ならばキーボードをたたくスピードを速くしてみるとそれにつられて思考スピードも上がります。

しゃべる時もゆっくりしゃべるのではなく、ふだんよりも少し速くしゃべるだけで、その他の行動も連動して速くなります。

つまり、テンポを速くすると頭の回転が速くなってすべての行動が速くなるんです。これだけで、生産性がぐんと上がります。

解決策2 納期を延ばす

作業スピードを上げても仕事が終わらないようであれば、納期を延ばす交渉をします。

この方法の欠点は納期を延ばすことができない仕事が多いということです。そこで次の策です。

解決策3 担当する仕事を減らす

納期を延ばすことができない場合、担当してる仕事を減らせないか考えます。

上司やチームリーダーに正直にキャパオーバーで、自分が今担当している仕事は自分一人では締め切りまでに終わらせることはできないと伝えます。

するとまともな会社であれば、他の人に担当を分散させる等の対策が取られます。

他の人の仕事が増えてしまって迷惑だから、こんなことはできないと思うかもしれませんが、他の人も全く余裕がなければ断りますし、逆に自分が他人の仕事を手伝う場合もあるのですから気にすることはありません。

正直にキャパオーバーだと伝えても、ただ「頑張れ!」とか「なんとかしろ!」としか言われない場合もあります。その場合、私だったら転職を考えます。

フリーランスになって仕事を自分で選ぶようになって分かったのですが、いい会社ってたくさんあるんです。いい会社なのに、有名企業でないため、思うように人が採れてない会社がいっぱいあります。

ですから、精神論や根性論で無理な仕事を強いるような職場で仕事をすべきではないと思います。変な話ですが、いい会社がかわいそうだなって思うんです、いい会社なのになんで人採れないんだよって。

理由2. 周りの人が残業してるので帰りにくい

同調圧力の強い日本社会において、周りの人が残業してるのに自分だけ早く帰ると罪悪感を感じてしまいがちです。

この問題は、フォーカスする視点を変えるだけで解決します。

帰ってからやることを用意する

例えば、定時の30分後に人と会う約束があったら帰らざるを得ないので、罪悪感も感じないですよね?

自分だけ帰ることへの罪悪感よりも、待ち合わせに遅れないことに気持ちがフォーカスするからです。

視点を変えると見えるものが変わります。退社してからやるべきことがあると、そのやるべきことに意識がフォーカスします。周りの人を気にしていた時には見えなかったものが見えるようになるんです。

本来、早く帰ることは良いことです。残業代という経費を会社に払わせないから早く帰る社員の方が会社にとってありがたいんです。

職場の人にとっても、あなたが早く帰ることで、早く帰りやすい雰囲気になるので、これまたありがたいことなんです。

それに「時間が有限である」ということを忘れてはいけません。今という瞬間は、今しかありません。今できること、今やりたいことをやるべきです。

理由3. 残業代を稼ぎたい

残業代を稼ぎたい理由は何でしょう?

  • 買いたいものがある
  • なんとなくお金を貯めたい
  • 残業代なしでは暮らせないような贅沢な暮らしをしている

等があるかと思います。

どんな理由であれ、残業してお金を稼ぐのは合理的ではありません。

なぜなら、残業とは時間をお金に変える行為だからです。それよりは、給料の高い会社に転職した方が絶対いいと思います。

同じ仕事をしていても、所属している会社が違うだけ年収が100万円以上違うことは全然あります。

私の場合、新卒で入った会社は無名の零細SIerでした。入社3年目の年収は320万円でした。その次の年転職したら、年収が440万円になったんです。やってる仕事はほとんど同じです。客先常駐で業務システム開発する仕事です。使ってる技術も作るシステムも同じようなものです。

しかし、年収が100万円以上違うんです。残業時間も転職してからのほうが少なくなりました。

私は専門学校卒なので高学歴でもないですし、特別仕事ができるわけでもありません。しかし、転職して年収アップと労働環境の改善ができたのですから、やってみたら案外いけるもんなんです!

転職はやってみると思ってたよりかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 仕事術