プログラマーSEが『腰痛』や『ヘルニア』に対処する方法

   

プログラマーSEの腰痛を解消する方法

ITエンジニアって長時間座りっぱなしで作業することが多いので、腰痛になる人が結構いると思います。

私も以前の職場で「腰痛持ちなんだ」とか「3年前にヘルニアやっちゃってさ」みたいな話はよく聞きました。

私も長時間座りっぱなしで作業をすれば、腰が痛くなることもありますが、自分なりにうまくやるコツを見つけたので紹介します。

頻繁に席を立ちましょう

腰痛って、ずっと同じ姿勢をしてると、結構が悪くなり、神経の通りが悪くなって痛みが発生するものだと考えられます。

なので、まず重要なのは、適度な頻度で立ち上がったり、姿勢を変えることです。

一時間に一回席を立つとか決めておけばいいでしょう。

休憩の仕方についても工夫が必要です。

休憩 = 体を動かすこと

工事現場で働いてる人が休憩する時は座って体を休めますが、デスクワークをしている私達が座って休憩をしたら休憩になりません。作業中と変わりませんからね。

なので、

「エンジニアにとっての休憩 = 体を動かす」

という感覚を持つといいでしょう。

座っている時の姿勢も大切です。

椅子の背もたれに思いっきり体重をかけて、のけぞった姿勢をしている人がよくいますが、これは腰に負担のかかる悪い姿勢です。

リクライニングシートのようないすであれば、このような後傾姿勢をとっても、イスが背中をサポートしてくれますが、デスクチェアーの場合、腰と背もたれとの間に隙間が空いてしまいます。背もたれが支えてくれない分、体に負担がかかり、骨や神経などを圧迫してしまいます。

ですから、腰は地面に対して垂直にすることを心がけましょう。

「そんなこと言われても、感覚的には後ろにのけぞった姿勢のほうが楽だけどな」

という方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです。

のけぞった姿勢は、筋肉が楽なだけです。骨や神経には負荷がかかります。

地面に対して垂直のまっすぐした姿勢をすると、姿勢をまっすぐに支えるために、腰回りの筋力が使われるので、慣れないうちは筋肉が疲れてきますが、続けるうちに姿勢を支える筋肉であるインナーマッスル(深層筋)が鍛えられて、楽に姿勢が取れるようになります。

インナーマッスルが鍛えられると、お腹も出なくなり、基礎代謝も上がってダイエット効果もあります。

続いて、メンタル起因の腰痛についてお話します。

腰痛を仕事の言い訳に使う先輩社員のエピソード

私が新卒で入った会社の先輩社員の話です。年齢は40歳位でした。

この方はやたらと「俺、腰やっちゃって、ヘルニア持ちなんだ」などということをやたら言いました。

もちろん、腰痛やヘルニアが大変でつい言いたくなっちゃうというのはわかりますが、この方の場合そうではないんです。

新しく始まったプロジェクトで作業分担をする際にも

「おれ、ヘルニアあるから、そんなに無理できなんだよね。」
「腰に爆弾抱えてるから、あんまり重い仕事は回さないでね」

みたいなことを言うんです。

それだけじゃなく

「オブジェクト指向ってよくわかんないんだよね。ヘルニアがなければ、がっつり勉強できるんだけどねぇ」

などと自分のスキル不足も腰痛のせいにしているんです。

これは最近読んだ「嫌われる勇気」という本に書かれていた内容とつながります。

ベストセラー哲学書「嫌われる勇気」に書かれている病気の原因とは?

嫌われる勇気はここ数年ずっとベストセラーなので読んだ方も多いかと思いますが、簡単に紹介すると、内容はアドラー心理学をベースにした哲人と青年の対話なんですけど、その中でこんなエピソードがあります。

「トラウマなんてものはない、その人の目的によってトラウマを存在させている」

というものです。

アドラーの元を訪れた、ある女子大生は赤面症があって、好きな人の前に行くと顔が赤くなってしまう、だから、恋愛が出来なくて悩んでいる、それを聞いてアドラーは

「それはあなた自身が作り出したものです」

と言ったんだそうです。

「私は赤面症だから、恋愛ができないんだ、赤面症のせいなんだ、私は悪くない、私は恋愛しなくてもいいんだ」

といって自分を正当化しているだけだと。

赤面症が治ると、好きな人に話しかけたり、告白したりしなければならなくなります。その結果フラれて傷つくことになるかもしれないのです。

つまり、「フラれて傷つくことを避けるために赤面症を存在させている」ということなんです。

これを読んだ瞬間衝撃が走りました。そのとおりだなと。

腰痛で自分を正当化してる?

先程の腰痛持ちの先輩社員でいうと、

「ヘルニアがあるおかげで、難しい仕事をしないで済む」
「ヘルニアがあるおかげで、スキルがなくても仕方がないと正当化出来る」
「ヘルニアがあるおかげで、長時間労働から逃げることが出来る」

このような目的のために「ヘルニア」を存在させ続けていると考えられます。

もちろん、全てをメンタルの問題で語るのは強引ですし、治したくてもなかなか治せないケースは多々あると思います。

ですが、この先輩社員の場合、アドラーの言う「スキル不足の自分を正当化するという目的を達成するために症状(腰痛)を生み出している」というのが当てはまっているように思えるんです。

ということで、「腰痛があることによって、自分を正当化出来ていることがないかな?」と考えてみると、解決の糸口がつかめるかもしれません。

まとめ

・長時間座りっぱなしにならないよう気をつける
・そのために適度に席を立つ。休憩 = 体を動かすこと。
・座る時の姿勢に気をつける。筋肉が楽なのと、身体が楽なのは違う。
・腰痛でいることで自分を正当化出来てる面はないか考えてみる。

となります。是非参考にしてみてください。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - 健康 , , ,