自己イメージを変えないと不幸がキープされ続けてしまう?苫米地英人博士のホメオスタシス理論を使って呪いを解く方法

      2017/08/17

LISA78_naniittenda20141018102414500

「いろいろ努力したけど、結局うまくいかなかった…」
「努力の成果はそれなりに出たけど、根本的に人生は変わってない気がする…」

そんな人は多いかもしれません。私も今までに人生を変えたくて、かなりいろいろな努力をしてきました。

それなりに成果の出たこともありましたが、それで、人生が変わったかというと変わっていない気がします。

「自分は幸せか?」と聞かれて、「YESとは答えらない」という意味で人生は変わっていないという状況です。

自分なりに原因を考えてみた所、結局の所、自分のマインド、自己イメージが変わっていないから人生が変わらないのだと分かりました。

ということで今回は「自己イメージ・マインドを変えないと不幸がキープされ続けてしまう」ことについて書いてみます。

スポンサーリンク


ホメオスタシスによって不幸をキープするマインドが保持される

人間にはホメオスタシス(恒常性維持機能)という生体を一定に保つ機能があります。

例えば、サウナに入ったら体温が上がりますが、自動的に汗をかいて体温は一定に保たれます。

逆に、南極に行って気温が0度以下になっても体温が0度になるわけではなく一定(35度から37度くらい)に保たれます。

これらはホメオスタシスが恒常を維持しているからです。認知科学者の苫米地英人博士によるとホメオスタシスは生体だけでなく精神に働くそうです。

自分を不幸だと思ってる人は、不幸である自分がホメオスタシスによってキープされ続けるということです。

子どもがいるから離婚できないと母親に言われた子供はどうなる?

私の母は父との仲が悪く、父と結婚したことを後悔していました。私はいつも母から父の悪口を聞かされていました。あまりに父の悪口を言うので、

「そんなにお父さんのことが嫌いなら、なんで離婚しないの?」

と聞いてみた所、母は

子供がいるから離婚できない…」

と言いました。この場合、子供というのは私です。

つまり、私がいるせいで母は父と離婚せずに不幸でいるということになります。
私は母を不幸にしている、だから私は幸せになってはいけない、そのようなマインドが形成されてしまったかもしれません。

スポンサーリンク


母を不幸にした自分は幸せになってはいけない?

私が通っていた中学校は荒れていて、ボンタンを履いてるヤンキーがたくさんいるような学校でした。
ヤンキーたちは何かと自分の力を誇示したいのか、ふつうの生徒に因縁をつけたり、殴ったりしていました。

今振り返ってみると、私が殴られたことはほとんどなかったのですが、いつ殴られるかわからないという恐怖に支配されていました。

学校に行くのが怖くて、早く卒業したいと思っていました。その証拠に私は卒業式の後、ホームルームが終わって3分後には校舎の外にいました。

ふつう卒業式と言ったら、友達との別れを惜しんで教室に残りいつまでもおしゃべりをしているものです。しかし、私にはそんなことよりもこの危険な区域(中学校)を脱出したいという思いしかありませんでした。

そうして、ようやく中学校を卒業して高校に入り、安全な日々を送れるようになりました。これで楽しい生活になる、そのはずが…

高校生になったらニキビが異常にできて人と顔を合わせるのが苦痛に

高校は偏差値ごとに通う生徒が分かれるので中学校のように暴力をふるうような人はいませんでした。

ふつうであればこれでようやく、楽しい生活が送れるはずですが、私の場合、なぜか異常にニキビができてしまいました。

思春期なので多少ニキビがあるのはしょうがないですが、異常にたくさんできると人と会うのが辛くなります。顔を洗ったりとできる努力は精一杯しましたが、一向に良くなりませんでした。

ニキビがあることがストレスになって、よりたくさんニキビができるという悪いスパイラルへと入ってしまったんです。

なんで、こんなことになったか当時は分からなかったのですが、今は分かります。

無意識が不幸をキープするためにニキビを作った

前述したとおり、人間にはホメオスタシスがあって、「常」をキープします。体温であれば35度から37度くらいが「常」です。

私の精神の「常」は何だったでしょうか?

  • 私が居るせいで母が離婚できない → 私は母を不幸にした人間
  • 母を不幸にした私は幸せになってはいけない → 私の「常」は不幸

ということになります。

ホメオスタシスは私のマインドにとっての「常」= 「不幸」をキープしようとニキビを作り出したのです。ちょっとのニキビでは幸せになれてしまうので、異常なほどたくさん作ったのです。

危険な中学を卒業して安全な高校に行ったらよほどのことがない限り楽しい生活がおくれます。それだと、「常」である不幸が保てません。そこで不幸を保つためにニキビができたのだとしたら恐ろしいことです。

しかし、マインドの力というのはそれくらい強力で悪い方向に働けば恐ろしいことになる可能性があります。

呪いは実在する?

私は母から「私を不幸にしたお前は幸せになってはいけない」という呪いを掛けられたようなものです。

これが「呪い」の正体なのではないでしょうか?

呪いはファンタジーの世界だけのものではないんです。

呪いを解く方法

呪いを解く方法はマインドを変えることです。自己イメージを変えます。そのためやるべきことは「現状の外側にゴールを設定する」ことです。

ゴールとは「夢、目標、なりたい自分、人生で達成したいこと」です。

苫米地博士の理論では、現状の外側にゴールを設定することで自分を変えることができると考えられています。

なぜならば人間はゴールによって物事の重要性を決めているからです。

例えば、サラリーマンをしている人がハリウッド映画に出るというゴールを設定したとします。すると、それまでは会社で出世する方法とか会社の人と仲良くする方法について関心があったのが、がらりと変わって英語を勉強し始めたり、アメリカの映画会社について調べるようになります。

ゴールを設定することで、重要なものが変わり、マインドが変わったんです。

こうして過去に掛けられた呪いを解くことができます!

おまけ: 自分探しのカンタンな方法

私は以前ベタにインドに自分探しの旅をしたことがあります。人生変わるような出会いや感動があるかなと期待したのですが、インド人との心の通う交流なんてなくて、それどころかお金をだまし取ろうとする輩が多すぎて嫌気が差しました。

結局インドに行っても、自分は見つかりませんでした。

グッドポイント診断みたいなテストを受けたほうがよっぽど自分の強みがわかると思います。

無料で受けられる割に判定結果が詳細でとても参考になりました。ぜひ受けてみることをおすすめします!

 - 能力

スポンサーリンク

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


七 × 8 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

a0002_006955
初対面の人の名前を覚える画期的な方法

「人の名前を覚えるのが苦手、すぐ忘れてしまう…」 「何回か会うと覚えられるんだけ …

NAT85_yashitoaoiumi500
嫌な記憶を消す方法 ~ハワイの秘術ホ・オポノポノで記憶をクリーニング

「トラウマがいっぱいで生きるのが辛い…」 「何かを始めようとすると、失敗するイメ …

a0001_017415
ヒートテック着るとむしろ冷え性になる?着過ぎをやめて薄着になれば冷え性が解消!

「今年の冬は寒すぎる、厚着したのに風邪ひいてしまった…」 「日本っててこんなに寒 …

a0002_007009
口下手でも、うまく会話を盛り上げる簡単な方法 ~聞き上手の本当のポイント

「口下手で話が苦手、特に初対面の人とは緊張してあがってしまう…」 「話が盛り上が …

眠る赤ちゃん
堂本光一が聞いてるDNAレベルで細胞を修復させる528Hzの音

Kinki Kidsのブンブブーンという番組で、「田中圭の寝具選びをする」回で堂 …

a0001_015456
髪質が劇的に良くなったガチの方法

「自分の髪質や髪型100%気にっている人いますか?」 「シーン・・・。」 自分の …

LISA78_takaitakai20141018093006500
努力を継続させるためのコツ ~ダイエットやアフィリエイトを続けるには?

「努力は必ず報われる!」とAKB48の高橋みなみは言っていますが、本当にそうでし …

a1090_000008
湯冷めしないコツ ~冷やすと温まる体温の逆法則

「お風呂を出た時は暑くて薄着してたら体が冷えて風邪ひいた」 「お風呂入って温まっ …

a0001_015513
朝、早起きできる体になる方法

「朝が苦手、いつまでも寝ていたい…」 「目覚めが悪くて、つい二度寝をしてしまう… …

a1180_013932
海外旅行は中学英語レベルの数フレーズで乗り切れる!

「海外旅行行きたいけど、英語に不安がある…」 という方は多いかと思います。 私は …