プログラマーSEの転職でブランク期間はマイナス評価される?

2015年9月7日に投稿 → に更新

たそがれる無職男性

「一度SE辞めたけど、もう一回戻りたいけどブランク期間が長いしなぁ…」
「プログラマー辞めてニートしてたけど、そろそろ再就職しようかなってできるのかな?」

プログラマーやSEって仕事辞める人多いですよね。一度辞めてから、しばらくして復帰したって話もよく聞きます。

私もその一人です。

私の場合、新卒でプログラマーになって、11年ほど仕事して、転職した会社が超絶ブラック企業で、その時に受けたショックで2年間ニートをしていました。

「そろそろ働くか?」と思って就職活動したらちゃんとエンジニアに復帰できたんです!その体験談を紹介します。

2年間のブランク期間について転職エージェントに聞いてみた所

「この経歴なら大丈夫だと思います。」とあっさり言われました。2年間もブランクがあったのに、「別に大丈夫ですよ!」って感じだったんです。

ちなみに私の経歴は以下のとおりです。

  • 1社目 勤続年数4年半、仕事は業務システムの実装・プログラミング
  • 2社目 勤続年数6年半、仕事は業務システムの要件定義・設計・実装
  • 3社目 勤続年数2か月半(ブラック企業であるためすぐ辞めた)、仕事は業務システムの要件定義・設計・実装

使った技術はサーバーサイドJavaがほとんどです。エージェントからはこの経歴についてお墨付きをもらえたわけですが…、

ブランク有かつ、未経験の分野だとほぼ落とされる

2年間のブランク期間にいろいろ考えた結果、業務システム開発の仕事ではなく、Webサービスの仕事に就きたいと思っていました。

ニート期間にPHPを使った個人的なWebサービスをいくつか作っていたのでPHPの仕事がしたいと思ったんです。

それで、PHPの求人に応募していたのですが、なんと書類選考で全て落とされてしまいました。

ブランクが2年もあって、しかも仕事経験のない仕事は難しいようです。

経験分野の仕事なら余裕で受かりまくり!

PHPの仕事は全滅し、仕方ないので業務系Javaの求人にも応募してみました。すると、書類はバシバシ通って、面接行ったら、大歓迎な感じで余裕で受かったんです!

ただ、「業務システムの仕事は十分やってきたので別の分野がいいな」と思って、間を取ってJavaでWebサービス開発する仕事に受からないかなぁと応募したら、Javaを使ったECサイト開発の会社に受かりました。

ベストではないけれど、間を取ることによって理想に向かって一歩進むことができたんです。思ったようにいかない時にはこんな感じに間を取るのがいいと思います。

その後、Unityを独学してゲームエンジニアへ転身

ECサイトの仕事は業務システム開発とは違ったおもしろさがありました。業務システムに比べて動きのある画面が多かったので、AjaxやJQueryなどJavaScriptのフロントエンド技術が学べました。

その一方で、ゲーム開発をやってみたくなってもいました。ソードアート・オンラインというオンラインゲームを題材にしたアニメを見て、自分でもゲームを作ってみたくなったんです。そこで休日に趣味でUnityを使ったゲーム開発を始めました。

ゲームをいくつか完成させて、それを実績にして今度はゲーム開発の求人に応募した所、苦戦はしましたが、一社合格したんです!

無理だと思っていたことも、チャレンジすれば案外できるものなんですよね!

ブランクあってもだいじょうぶ!

まとめると、

  • 2年ブランクがあっても経験分野の仕事なら余裕で復帰できた
  • 2年ブランクかつ、未経験分野だとなかなか採用されない
  • 未経験分野でも個人開発で実績を作れば採用される

ということでブランクあっても全然だいじょうぶです。

それで転職活動する際には転職エージェント使った方が絶対いいと思います。

「この会社は面接でこういう風に答えたほうがいい。」などのアドバイスがもられますし、「この会社は残業が多い」、「今こういう人材を欲しがってる」など応募先の内実も聞けますからね。

おすすめのエージェントは、

です。転職エージェントに登録すると、ネットで自分で探してた時には見つからなかった求人をたくさん紹介してもらえて、選択肢も広がるので、ぜひ使ってみてください。

 - キャリア