社内SEに必要なスキルはIT + コミュニケーション能力?

2016年7月20日に投稿 → に更新

社内SEの女性

「ベンダーのSEしんどい、社内SEになってまったり仕事したい…」
「社内SEって調整業務が多そうだけど、コミュニケーション能力とかが重要なのかな?」
「社内SEに必要なスキルを知りたい」

私は以前、流通業大手グループのIT子会社の社員をしていたことがあります。この会社は元々、情報システム部だったのが分社されたものなので、仕事内容は実質社内SEでした。

この会社に入る前は業務システム開発のシステムベンダーのSE・プログラマーをやっていました。

なので、これから転職して社内SEになりたい人に役立つ内容を話せるかと思います。

そんなわけで今回は「社内SEに必要なスキル」を紹介します。

社内SEとは、どんな仕事?

情報システムの企画・開発・運用をする仕事です。

おおざっぱに言うと、一般企業の情報システム部の社員です。

会社によっては、所属は情報システム部ではなく業務部門でシステム関連の仕事をする場合もあります。

つまりは、一般企業の情報システム担当者ってことです。

社内SEに必要なスキルは?

1. IT技術に関する知識

IT技術を構成する主な要素には、

  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • データベース

があります。これらの基礎知識がまず必要です。といっても、それぞれを専門家レベルに詳しくなる必要はありません。概要を把握して、それぞれの構築はベンダーに外注できればいいわけです。

最近の事業会社はシステム開発の内製化を進めてる会社も多くあります。

内製化とはシステム開発を自社の人員で行うことです。

システム開発を外注すると、

  • ベンダーは出来るだけ高い報酬で少ない仕事をしようとする
  • 仕様変更や機能追加をすると追加費用が必要となり、柔軟にシステムの変更がしにくい

などのデメリットがあります。

そこで、社内SEに開発スキルを身につけさせて、システムを内製化する会社が増えているんです。

内製化を進めている会社の場合、プログラミングやインフラ構築などのスキルが重視されます。こういった会社、システムベンダー経験者への採用意欲が高いので狙い目です。

2. 業務知識

社内の業務を知らなければ、情報システムの企画・開発・運用をすることはできません。

ですから、その業界の常識や用語などを学び、それらの知識と実際の業務の差分を確認すると知識と自社業務をバランスよく把握できます。

私も流通業IT子会社に入社する際に流通業の本を何冊も読みました。

「ドミナント戦略」などの流通業固有の用語を学ぶことで社内の話に楽に入っていけました。私の場合、カタカナ用語を覚えるのがけっこうすきなので、「ドミナント戦略、…なんかかっこいい!」とか思いながら覚えました(笑)

ヒアリング・説明・交渉力

社内SEは社内の業務部門とシステムベンダーとの橋渡し役となります。

業務部門の要望をヒアリングして、システムベンダーに説明し、システムベンダーから提案内容をヒアリングして、業務部門に説明します。

全てがスムーズにいけば理想的ですが、そうならない場合も多く、納期や機能、予算などについて、業務部門、システムベンダーそれぞれと交渉をします。

ですから、社内SEは技術職でありながら、会話力が求められる仕事なんです。ですから、人と話すのが好きとか、人に何かを説明するのが上手いとか、交渉が得意って人は向いてると思います。

と言っても、自分は口下手だという人も諦めることはありません。コミュニケーション能力ってちょっとした意識を変えるだけで大きく改善できるからです。

かんたんにコミュニケーション能力を上げる方法

私の場合、母親から子どもの頃に

あんたは口下手で引っ込み思案だから、人と話さないで済む仕事が向いてる。工場とかで働けばいいんじゃない?」

とよく言われていました。けっこうひどいこと言う親ですよね(笑)

そのせいで、私は人と会話することに苦手意識を持っていましたが、ある時気づいたんです。

「友達とは楽しく話せてるし、ギャグとか言って笑わしたりもしてる。どこが引っ込み思案なんだよ?」と。

これに気づいた瞬間、自己イメージが変わりました。自分は会話が上手い人間だと。

すると、会社で何かを説明したり、ヒアリングするのも得意意識をもってできるようになりました。得意意識を持って行うと、実際、うまくできるもんです。

会話能力って基本的には、うまく言葉を使えるかどうかです。今こうしてこの記事を読んでいるあなたは、言語情報を理解して問題解決に活かそうとしています。つまり、言語運用能力が高い人なんです。

意識を変えるだけで、コミュニケーション能力は大きく伸びます。

今思えば、私の母親こそ、コミュニケーション能力がない人です。子供に苦手意識を持たせるようなことをわざわざ言うのは良いコミュニケーションではありませんからね。

コミュニケーション能力に自信がない人のほとんどは、私のように他人に苦手意識を植え付けられたことが原因だと思われます。そんなものに何の根拠も効力もありません。今すぐ、自己イメージを変えましょう。

「自分は会話が上手い(少なくとも下手ではない)」と思えばいいだけです。

転職はやってみると思ってたよりかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - コミュニケーション ,