プログラミング初心者はJavaScript、PHPの順で勉強すると良い理由

2015年1月19日に投稿 → に更新 勉強法

「プログラミングを始めたいけど、どの言語を勉強すればいいんだろう?」
「初心者でも理解しやすくて、実用性も高い言語はないかなぁ?」

プログラミング言語は人気のあるものに絞ってもたくさんあります。

C/C++, C#, Java, JavaScript, PHP, Ruby, Python, Go, Scala, Swift…。

それぞれ良い面、悪い面があり、完璧(あらゆる面で最も良い)な言語はありません。

そのため、どれを選ぶかが難しいのですが、私がプログラミング初心者におすすめする言語は、

  • JavaScript
  • PHP

です。

JavaScriptを最初に学んで、その後PHPを学ぶのがベストだと思っています。その理由について紹介します。

JavaScriptとPHPは学びやすくて学びがいがある!

理由1. 入門者向けWebサイトや本がたくさんある

JavaScriptもPHPもとても人気が高く、仕事の需要もたくさんあります。そのため、入門者向けWebサイトや書籍がたくさんあるので、初歩の学習がとても捗ります。

理由2. 作ったものをネット上に無料で公開できる

プログラムを作ったら誰かに使ってもらいたいものです。

JavaScriptやPHPでWebアプリケーションを作れば、ネット上にWebサービスとしてかんたんに公開できます。ユーザーから使ってみた感想や要望をもらうことでさらにモチベーションが湧いてきます。

PHPが動く無料のレンタルサーバもあるので、お金をかけずに公開することもできます。

スマホアプリが流行っていますが、スマホアプリを公開するにはAppleやGoogleに有料のディベロッパー登録をしなければなりませんし登録の手間や、審査を待つ時間も必要です。

ですから、Webサービスの方が断然はじめやすいんです。

まずはJavaScriptを学ぶ

実行環境を構築する必要がない

私がプログラミング初心者にJavaScriptをおすすめする一番の理由がこれです。

JavaScriptはブラウザで動かすことが出来るので、実行環境を構築する必要がないんです。

テキストエディタでコードを打ち込んでWebブラウザで開けばプログラムを実行できます。

例えば、以下のコードをsample1.htmlというファイル名で保存してファイルをダブルクリックしてみてください。

<script>
var result = 100 + 56;
document.write(result);
</script>

ブラウザに156と表示されるはずです。100+56を計算するプログラムがちゃんと動いていることがわかります。

実行環境のセットアップは初心者がつまずきやすいポイントなので、それが不要なのは大きなメリットです。

<script>~</script>の間にプログラムコードを書けばいいんです。初心者向けのサイトや本に書かれているサンプルコードを書き写して実行しているうちに知識が自然と身についてきます。

JavaScript開発に便利なツールもたくさんありますが、ある程度慣れてから導入すれば良いと思います。

HTMLとCSSもセットで学ぶ

HTMLとCSSはWebページの見た目を装飾する技術です。

HTMLもCSSも、とてもシンプルです。

例えば、以下のコードをsample2.htmlというファイル名で保存してファイルをダブルクリックしてみてください。

<style>
.name1 {
  font-size: 20px;
  color: red;
}
</style>
こんにちわ、わたしは<span class="name1">鈴木太郎</span>です。

鈴木太郎の部分が赤文字で大きく表示されるはずです。<stlye>~</style>の部分がCSSで、「こんにちわ」からがHTMLです。

言語仕様が小さい

JavaScriptはC++やJava、Rubyなどに比べて言語仕様がコンパクトなので覚えることが少なく短期間で学べます。

次にPHPを学ぶ

クライアントだけじゃつまらない

JavaScriptを使えばブラウザで動くアプリケーションを作ることができますが、できることは限られます。

  • データベースにデータを保存する
  • サイトにログインしてユーザー固有の情報を表示する

などをしたい場合、サーバで動くプログラムが必要です。

Node.jsというサーバーサイドで動くJavaScriptもあるのですが、Node.jsは非同期IOなどの難しい特徴があるので、初心者にはおすすめできません。

PHPはシンプルでわかりやすく初心者におすすめできます。

同じC言語系シンタックスなので学びやすい

JavaScriptもPHPもC言語の系譜を受け継いでいるのでシンタックス(文法)がとても似ています。なのでJavaScriptで学んだことの多くをPHPで流用できます。

例えば条件分岐をさせるif文はJavaScriptもPHPも全く同じです。

if () {
  
} else {
  
}

環境構築が、かんたん

XAMPPというソフトウェアパッケージをインストールすれば、

  • PHP
  • Apache = PHPを実行するサーバーソフト
  • MySQL = データベース

が使えるようになります。面倒な設定も要りません。

ネット上に公開する際もほとんどのレンタルサーバはPHPが使えるようにセットアップされているので、PHPファイルを置くだけで実行できます。

最初はHTMLの中にPHPタグを書く書き方で良い

PHPはHTMLの中にで囲んだ部分にコードを書くことで動作します。とてもシンプルで初心者の人にも理解しやすい仕組みです。

しかしこのやり方はレガシーPHPと言われていてよくない書き方だと言われています。HTMLとPHPロジックが混在して、読みにくかったり、再利用しにくいプログラムになってしまいやすいという欠点があります。

ですが、初めの内はそれほど大きなプログラムを作るわけではないのでシンプルでかんたんなレガシーPHPの書き方で良い思います。

慣れてきたらフレームワークを使ってみる

PHPの構文やAPI関数をある程度覚えることができたら、次はフレームワークです。

レガシーPHPの書き方だと、HTMLとPHPロジックが混在してしまっていたのがフレームワークを使うと、それらをきれいに分離できて生産性が向上します。

PHPには人気のあるフレームワークがたくさんあります。

  • Laravel
  • Symfony
  • CakePHP
  • CodeIgniter
  • Zend framework
  • Phalcon
  • FuelPHP

以前は、CakePHPが人気でしたが、現在はLaravelが世界的に伸びています。

Laravelを学べるPHPオンラインブートキャンプもあるので利用してみるのもいいかもしれません。

データベースもセットで学ぶ

PHPを学ぶ時にセットでデータベースを学ぶことをおすすめします。データベースを学べば、データの保存や検索ができるようになります。データベースもプログラミング言語同様種類がいろいろありますが、MySQLがおすすめです。

MySQLは前述したXAMPPに含まれているのでインストール・セットアップもかんたんです。また、大抵のレンタルサーバで使用できます。

とにかく始めることが大事!

JavaScriptやPHPは初心者にとって学びやすく、使い勝手のいい言語です。

ぜひ始めてみてください!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

Udemyという動画講座がおすすめです。時々特別セールがあって驚くほどの低価格で受講できるので、是非チェックしてみてください。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!