プログラマーSEに「嫌われる上司」とは?

   

プログラマーSEに嫌われる上司とは?

「上司ムカつくわ、ただ偉そうなだけでゴミだわ…」
「あんな老害にだけはなりたくない…」
「仕事出来ない上司にかぎって偉そうで二重にムカつくんだよな…」

ムカつく上司っていますよね。逆に良い上司もいます。

私達も仕事を続けていく中でポジションは上がっていくわけですから、自分が「嫌われる上司」にならないためにも、嫌われる上司とはどんな人でそうならないためにどうすればいいかを考えてみたいと思います。

タイプ1 無能なくせにうるさい

嫌われる上司っていろいろなタイプがあると思いますが、典型的なタイプの一つは無能なくせにうるさい上司です。なんか仕事してる風なふるまいをするために、何のプラスにならないことを言ったり、報告しろ、報告しろと日報などを書かせたりする人です。報告して、それに対して的確な指示や他部署との調整をしてくれるならいいのですが、報告を聞くだけで仕事した気になっているわけです。
ろくに仕事できねーやつが、仕事してる風を装うために、部下からこまめな報告を求めるのはやめてほしいですよね。

タイプ2 それらしい批判・正論を言う

実際には役に立たないんだけど、的確風なそれらしい批判・正論をする人です。正論なんだけど実際は役に立たない、批判するけど代案はない、言うだけで自分がやる気はないという人です。「批判するんだったらお前がやれよ」と言いたい所ですが、上司なので言えなかったりしますよね。(私は大抵言いますけどw)

で、実際言ってみると、「それをやるのがあなたたちの仕事です。」みたいなことを言われます。「じゃあ、黙ってろバカ」という話なんです。

タイプ3 手柄を横取りする

あるプロジェクトが大成功したとなると、急にそれを自分の手柄のように言い張るような輩です。

ろくに役に立つことはしてないのに、自分がそこで以下に苦労したかのように言い張ります。周りはしらけてるのに、本人は案外本気で言ってたりして呆れさせられます。

ここまでの話を聞いてみると、共通点が見えてきますよね。

「役に立ってない人」もっと言えば「役に立ってないのに偉そうな人」なんです。

嫌わる上司にならないためにすべき一番の方法

年だけ取ってて、年功序列的に職位が上がったような人がこうなりがちです。
何年も務めているからというだけで昇進した人は、職位に能力が釣り合っていないので、職位に相当する偉そうな態度と、仕事の成果も釣り合いません。だから嫌われるのです。

逆に役に立ってる上司は嫌われないどころか好かれるし慕われるし信頼されます。リーダーシップがあって、的確な指示が出来て、他部門、ステークホルダーとの利害調整が出来る、そういう上司は好かれます。これは上司に限らず、社会で働く人すべてがそうだと思います。

ですから、「どうすれば、みんなの役に立てるか?」これを考えて仕事をして行けば、平社員からお偉いさんになるまで、全ポジションにおいてずっと好かれる人になれるんだと思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , , ,