プログラマーSEが『プロジェクトの途中』で転職するコツと方法

      2017/10/17

仕事の引継ぎをする男女

「プロジェクトの途中で転職するのって気が引ける…」
「転職とプロジェクト抜けるタイミングをうまく合わせられたらいいんだけどなぁ」
「転職しちゃえば二度と会う人たちではないし…、って考えるのは腹黒いかな?」

「転職したいけど、今やってるプロジェクトを途中で抜けるわけにいかないし…」と言っていつまでも転職しない人っていますよね。

私もそうでした。

転職しようと思い始めてから1年以上転職できなかったこともあります。

ただ、実際転職に踏み切ってみたら、途中で抜けたら迷惑掛かると思っていたのは杞憂でした。ひとつひとつ必要な手順を踏むことで円満に退職できたんです。

そんな経験を踏まえた「プロジェクトの途中で転職するコツ」を紹介します。

まずは『内定をもらう』のが先

「現場に迷惑はかけられないから、まず先に会社に辞めること伝えてから転職活動始めた方が良いかなぁ?」

と考えるのは間違ってます。

先に辞めることを伝えて辞める日が決まっても、その日までに転職先が見つかるとも限りません。「退職日までに転職先を決めなきゃ」と焦ることで、面接での受け答えにも余裕がなくなってしまいます。

ですから、まずは内定をもらうことが先決です。

内定をもらい転職先が決まった段階で初めて、会社に退職の意志を伝えます。

会社に退職意志を伝える方法

私は当時客先常駐で仕事をしていて、直属の上司は自社の事業所にいたので電話で伝えました。

上司は「じゃあ、お客さんと調整するから現場の人には(転職することを)まだ言わないでおいてくれ」と言いました。

その後、退職理由などを軽く聞かれましたが、強く引き止められることはありませんでした。

私が嫌われていたからとか、仕事ができない人間だったからではありません。既に内定をもらっていて転職の意志が固まっている人を引き止めても無駄なのでやらないのでしょう。

IT企業で人の入れ替わりはしょっちゅうあることなので、会社を辞めることに罪悪感を感じる必要はありません。

引継ぎをスムーズに漏れなく行うコツ

引継ぎ内容を全て書き出して、それぞれの項目について、いつどのように引き継ぐかの計画を立てます。

引継ぎ作業のWBS(作業一覧)を作るってことです。

WBSを作ることで、引継ぎ漏れがなくなりますし、時間切れで引き継ぎしきれないでごめんなさいなんてことにもなりません。予定が立つので、転職先企業への入社日も明確に決められます。

『自分がいなければプロジェクトが回らない』なんてことはない

プロジェクトの途中で抜けることに罪悪感を持っている人の多くは「自分がいないと、このプロジェクトは回らない」という思いがあります。

責任感があるのは素晴らしいことですが、そのために自分の職業人生を犠牲にするのは良くありません。それに、ちょっと自惚れがあるかもしれません。

引き継ぎ作業を進めていくと分かるのですが、きちんと引き継げば、後任の人がちゃんと受け継いでくれます。

確かに今この瞬間、何も引き継ぎしないで自分が抜けたら、プロジェクトは一時的に困ってしまうでしょうけれど、きちんと計画を立てて引継げば全く問題ありません。

そんなわけでまずは転職活動をして内定をもらうことから始まります。転職活動もまた、工夫次第でスムーズに進めることができます。

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 仕事術 ,