プログラマSEの適正年収の目安は?私の過去の年収をガチで公開!

2015年2月4日に投稿 → に更新

「おれの年収って、仕事に見合っているのかなぁ?」
「自分の年齢だとどれくらいもらえるのがふつうなんだろう?」

こんなことを考えている方は多いんじゃないでしょうか?私もよく考えています。

私はこれまでに10数年ITエンジニアの仕事をしていて、転職も3回してます。

転職するごとに年収も大きく変わっていきました。

現在はフリーランスをしていて年収体系が異なるので、主に会社員時代の年収についてガチで紹介します!

新卒で入った零細システムベンダー時代

私は高校を卒業して、情報処理の専門学校に2年間通って卒業後、社員数80名くらいの零細システムベンダーに入社しました。

この会社のビジネスモデルは、

  • 受託開発
  • エンジニア派遣

でした。一次請けの仕事はなく、全て二次請け以降の案件でした。募集要項に書かれていた月収額は17万円でした。当時若かったこともあり、収入のことは気にしていませんでしたが今思えばめっちゃ安いですよね。

専門学校の就職室にある求人票の中から適当に選んで最初に採用通知をもらった会社に入っただけだったので、我ながらあまりにむとんちゃくな就職活動でした。

1社目: 入社4年目の年収 = 320万円

初年度と次の年の年収は覚えていないので割愛しますが、入社4年目の年収は税込320万円でした。当時、森永卓郎さんの「年収300万円時代を生き抜く経済学」という本が売れていて、年収300万円台の人が増えてきたと言われていて、まさに当てはまってました。

4年目で320万円ってことは入社一年目は200万円台だったんでしょうね。見切りをつけて、5年目の8月に退職しました。

経験6年目で中途入社した独立系大手SIer時代

2社目: 入社1年目の年収 = 420万円

前の会社を9月に辞めてしばらく無職でいました。ダラダラした生活をするのにも飽きて、次の年の1月に入社しました。

1月入社なので最初のボーナスがフルに出ませんでしたが、年収が420万円を超えました。転職で100万円も年収が上がったということです。まぁ、元が安すぎただけかもしれませんが。採用時の提示額は残業時間15時間込みで440万円という金額でした。

やってる仕事は前の会社と同じで、

「客先常駐で業務システム(言語はJava)を開発する仕事」

です。

同じ仕事してても年収が100万円違うわけですから、どの会社に所属するかってめちゃ大事です。

2社目: 入社2年目の年収 = 459万円

入社2年目も順調に年収がアップして459万円でした。この金額うれしかったのでよく覚えています。1年間で60万円もアップしてますからね。

2社目: 入社3年目の年収 = 520万円

3年目も順調で500万円を超えました。このころは有頂天でした!2年連続で60万円も年収アップしてますからね。

2社目: 入社4年目の年収 = 550万円

ここにきて、やや伸び率は落ちましたが30万円アップです。感覚的に年収500万円までは一気に伸びるという感じがします。他社で働く友人のエンジニアに聞いても同意見でした。

ですから、今勤めている会社の給料が相場より大幅に低いと感じる方は、ぜひ転職活動をしてみてください!

などの転職エージェントを使うと応募する企業の選出や面接日程の調整などをやってもらえて非常にはかどります!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 講師から対面で学びたい派なら

プログラマカレッジをおすすめします。ProEngineerという転職エージェントが運営しているプログラミングスクールです。20代限定なんですが、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるんです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金で運営しているのでスクールを無料にできるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代以上の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代以上の方にはWebCampをおすすめします。受講料の返金保証がついているし、毎日11時〜23時まで通い放題なのでとてもいいと思います!

2. 自宅で学びたい派なら

「就職保証付き」オンライン就職予備校をおすすめします。Javaエンジニアコースでは就職保証がついているのでプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。Javaエンジニアの求人ってめっちゃ多いし、求められる技術レベルもそこまで高くないのでちゃんとした教育プログラムなら就職保証できるだろうなとJavaエンジニア経験者の私も思います。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. 未経験の人でも登録できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - お金