プログラマSEが『自分の手に負えない仕事』に対応する方法

      2016/12/16

プログラマーSEが手に負えない仕事に対応する方法

「え?こんな仕事おれには無理だよ…」
「これ、無茶ぶりすぎるだろ…」
「やばい、鬱になりそう…」

「手に負えない仕事」を無茶ぶりされると会社に行くのが嫌になりますよね。

それで鬱になっちゃう人とかもいると思います。

自分一人で抱え込まずに相談できればいいんですが、周りが協力的でない場合、なかなかそうもいきません。

人に相談する = 自分では解決できず情けない → 自分はダメなやつ → そんなの嫌だ と考えて相談できないこともあります。

人に相談することは、情けないことではありません。むしろ、仕事のベストプラクティスでもあります。

「ITIL」というシステム運営のフレームワークでは、自分の手に負えない仕事を上長に相談すること自体が手順として組み込まれているほどなんです。

そんなわけで今回は「手に負えない仕事に対応する方法」を紹介します。

ITILを軽く紹介

ITILとはInfomation Technology Infrastructure Libraryの略で、ITサービスマネジメントにおけるベストプラクティス(成功事例)をまとめた方法論です。

私がこれを学んだのは以前勤めていた会社が資格を取ると報奨金をくれる会社で、ITILの初級レベルの資格にも報奨金が掛けられていたので、「お金目得て」で資格取得をしたのがきっかけでした(笑)

報奨金目当てだったのですが、学んでみるとなるほどと思えることがありました。

その一つが「エスカレーション」というものです。

自分の手に負えない仕事は「エスカレーション」してしまえ!

エスカレーションとは自分の役割の範疇にないものは上長に相談するというものです。

システム運営は様々な役割を持った部署が連携して仕事をしています。

  • 顧客からの問い合わせを受ける役割
  • 障害の原因を見つける役割
  • 障害から復旧させる役割
  • 製品を開発する役割

などたくさんの役割に分かれています。

例えば、自分が顧客の問い合わせを受ける係をやっていて、顧客から来た質問がマニュアルに載っているものであれば、その場で回答します。載っておらず、自分では判断できない場合は上長へ相談します。

これが「エスカレーション」です。相談された上長は、「この問い合わせは、システムのコアの部分に関わる部分だから、製品開発部隊に問い合わせてみよう」などのような判断をします。

ごく当たり前ですよね。方法論として手順化されていると、他人に相談する = 「自分で解決できずに情けない、自分は無能だ」なんて思うこともありません。

エスカレーション(自分で解決できないことを、上長に相談すること)は立派な仕事なんです。

これは私たちプログラマー・SEの仕事にも簡単に応用することが出来ます。

自分には出来ない仕事が来たら、上長にエスカレーションするだけです。応用というか、そのままですね。

さらに、もう一歩踏み込んで、人を動かす時にも使えます。

人を動かす技術としてのエスカレーション

自分が言っても聞いてくれなくて困っている、そんな時ってありますよね。これもエスカレーションしてしまいましょう。

自分では動かせない相手は、別の力のある人を使って動かすんです。

例えば、この先輩がこれをやってくれたらうまくいくのに、自分が言っても聞いてもらえないということはありますよね。

その場合、その”先輩の上司”や”先輩の先輩”に

「今こういう状況で、この先輩がこうやってくれるとうまくいくんですが、私が言っても聞き入れてくれないので、そちらからそのように伝えて頂けないでしょうか?」

と頼めばいいんです。上司や先輩から言われれば、この先輩も意図通り動くはずです。

エスカレーションに自分の意図を入れて、間接的に人を動かしているわけです。

思い込みを捨てることで仕事はずっとうまくいく

「相談する = 自分で解決できなくて情けない」っていう思い込みを捨てて、「相談する = エスカレーション」と考えることで、仕事がずっとうまくいくようになると思います。ぜひ、試してみてください。

一応補足として書いておくと、あまりに手に負えない仕事ばかり不振られるようであれば、転職を考えたほうがいいと思います。ITエンジニアを必要としている会社は無数にありますし、いい会社もいっぱいありますからね。

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているワークポートがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - メンタル