プログラマーSEは『文系より理系』が有利?

2016年10月17日に投稿 → に更新

プログラマーSEは文系と理系どっちが有利?

プログラミングっていうとどちらかと言うと理系で数学に近いものと考えられていますよね。

私もそう思っていたのですが、今は違う見解を持っています。

自分を振り返ってみると、私は文系の人間でした。私は大学に行ってないので文系か理系かはっきりしませんが、高校生の時には数学が得意じゃなく2年生の時に文系コースを選んだほどでした。

その後、情報処理の専門学校に入ってコンピュータやプログラミングの勉強をはじめたのですが、やってみると、文系だからプログラミングができないということは全くありませんでした。

これは私個人の体験なので、他の人から聞いた話を含めて「プログラマーSEは『文系より理系』が有利か?」について考えてみます。

文系の人は理系分野をブラックボックス化してしまう?

以前働いていた会社で、非エンジニア職の上司とよくやり取りする仕事がありました。

その上司は「文系」、「理系」という言葉をよく使う人で

  • 「おれ文系だからそういうのよくわかんないんだよね。」
  • 「理系の人ってそういう考え方するよね。」
  • 「理系の人ってこういうメールの書き方をするんだよな」

などとよく言ってました。

私の他にもう一人エンジニアがいて、文系上司から「あの人の仕事っぷりとかスキルってどう?」と聞かれて、「いいと思いますよ。こうだし、こうだし、こうだし」と理由を伝えました。

すると、この文系上司は「そうなんだぁ、さすがだねぇ!!、いい人採れてよかったわ!!」と言ってました。

ただ実際は「さすが」って言うほどの褒め方をしてなくて、「普通のことをちゃんとやってますよ」という意見を述べたのですが、「さすがだねぇ!!」と受け取られてしまったんわけです。

実際そのエンジニアは優秀な人だったからいいんですけど、文系の人って理系分野に対して中身を見ずにブラックボックス化してしまって、他人の意見の雰囲気だけで良さそうと判断してしまう傾向があるように思います。

理系の世界 = 自分にはわからないこと。自分で見て判断することはできないもの

というモノの見方をしていることが感じられたんです。

そういう意味でいうど、「自分を文系だ」と思ってる人がプログラマーになるとやばい感じがします。

文系人間がプログラマーになるとやばい?

「自分は文系だから、理系領域であるプログラミングはよくわからないもの、自分では判断できないもの」と捉えていたら、たしかにヤバイです。

自分で自分に「私は文系だ、理系のこと = プログラミングはよくわからない」という線を引いてしまうと本来できることもできなくなってしまいます。

難しいバグの修正やロジックを組むときに、「自分は文系だから難しいことは無理だ」と諦めてしまいます。これじゃあ、プロのプログラマーは務まりません。

そういう意味では、「文系の人にプログラマー・SEは向いていない」と言えるかもしれません。

正確に言うと「自分は文系だ」と線を引いてしまう人間には向いていないということです。

高度な数学知識は「ふつうのプログラマー」には不要

私の経験上、本当の理系と言える部分である数学的知識・センスがなくても、ふつうのプログラマーの仕事で困ることはありません。

もちろん、四則演算くらいはわかってないとダメですが、大学の数学科で学ぶような難しい数学の知識がなくても仕事で困ることはありません。一部の研究職などが行うプログラミングには高度な数学が使われていますが、ふつうのプログラマー職では不要です。

また、数学的センスがないと、良いコードが書けないということもありません。

ですから、「数学得意じゃないでけど、プログラマーになりたい」という人はなればいいんです。

そのときにやるべきは、自分で文系・理系の線を引かないことです。

プログラミングをやりたい人 = プログラマーに向いてる人

私の場合も文系・理系など考えず、単純に「プログラミングやりたいな」と思って情報処理の専門学校への進学を選びました。

ふと振り替えてっみれば、

「そういえばプログラミングって理系の仕事だよな。それを10年以上やってるわけだから、自分は理系なんだろうな

と今は思っています。

実際、この文系上司からは「理系の人ってそういう考え方するよね」と言われるほど、理系の人と見られるようになってます。プログラミングをしてるうちに考え方の基本が理系になったのだと思います。

プログラミングをすることで理系的頭脳になる?

自分自身の感覚でも、プログラミングを始める前よりも今の方がずっと理系の考え方(事実に基づいて論理的な判断をする思考)をするようになったと感じています。

実際、プログラミングと数学は似てる部分が多くあります。プログラミングする感覚って、大雑把に言うとプログラミング言語という特殊な言葉を使って、ロジカルな文章を書く感覚なんです。

数学も数式という言葉を使ってロジカルな文章を書いていきます。プログラミングと同じです。今の頭で臨めば数学も理解できると思っています。

ということは、今まで数学が得意じゃなかったとしても、プログラミングを始めることで数学が得意になることもあるはずなんです。

ですから、自分の可能性を広げるためにも、ぜひ「自分は文系だ」という線を引かずプログラミングを始めればいいと思います!

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

やりたい仕事をしよう!

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。


あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 勉強法 ,