中卒でITエンジニアになるのは可能?

2017年11月18日に投稿 → に更新

読者の方から「高卒でITエンジニアになれますか?」という相談がちょくちょく来ます。

ということは、

中卒でITエンジニアになれるのかな?なれるならなってみたいな!」

って方もいるんじゃないかと思われます。

そこで、今回は「中卒でITエンジニアになるのは可能かどうか」について書いてみます。

答えをはじめに言うと、中卒でITエンジニアになれます!

なれるかどうかには2つの側面があります。

  1. 就職できるか?
  2. スキルを習得できるか?

1については、「学歴不問」と書かれているITエンジニア求人に応募すればいいだけです。ちょっと探すだけでたくさん見つかります。

続いて2です。

大卒や高卒の人に比べて中卒の人は、教育を受けた期間が短く、学んだ知識が少ないというハンディキャップがあります。

中学までの知識でプログラミングを習得できるか?

これも大丈夫なんです。

「え?本当?」って思われたかもしれません。

例えば、よく言われていることして「プログラミングには数学の知識が必要」というのがありますよね。

私自身、専門学校卒なので高学歴な人間ではありません。

しかも高校二年生で文系コースを選んだので、数学の授業が少なかったんです。

確かにトップ企業での研究職であれば、高度な数学知識を使ったプログラミングが必要になるかもしれません。

しかし、私達ふつうのプログラマーが会社で行う仕事には高度な数学知識はいりません。

もちろん、四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)くらいは使いますが、難しい数学を使うことはありません。

人工知能や機械学習などの分野では高度な数学知識を必要とするかもしれませんが、ふつうのWebアプリケーションやスマホアプリの開発ではそのような数学を使うことはありません。

また、高度な数学を学んだ人の方がプログラミングのセンス・素養も高いんじゃないかとも考えられていますが、これまた、ふつうのプログラマーの仕事に特別なセンス・素養は不要です。

プログラミングは数学というよりは文章に近い

これはRubyという言語のプログラムです。何をやってるコードなのかなんとなくわかりますよね?英語みたいなものですからね。

  • ユーザーがログインしていたら、コンテンツを表示する
  • ログインしていなかったら、ログイン画面を表示する

というコードです。

論理的な文章を書いてく感じです。

「文章を書くのが苦手だ」という方もいるかもしれませんが、やってくうちにできるようになるので大丈夫です。

日本語を話すのが苦手という人はいないですよね。生まれたばかりの赤ちゃんは全く言葉がわかりませんが、お父さんお母さんが話しているのを聞いて真似しているうちに身につきます。

プログラミングも同じではじめはお手本をまねして書き写していきます。そのうちにだんだんと知識が増えて、自分で作りたいものを作れるようになります。

ですから、特別高度な教育を受けている必要はありません。

私も専門学校卒であり、学力が高い人間ではありませんが、ちゃんとプログラミングできています。

逆に学歴が高いのにプログラミングできない人がいます。

プログラミングって根性がいるんです

プログラミングとはコンピュータに向かって、「これをして、あれをして、こうしてください」と命令を書く行為です。

コンピュータは命令どおりに動きます。逆に言えば、命令どおりにしか動きません。

人間同士の会話であれば、「あれをうまい具合にやっといて」とあいまいに頼んでもやってくれます。

コンピュータの場合、すべて具体的な手順を命令しなければなりません。

  • あれをこうして、もし~だったら、こうする
  • そうではなく、~という場合はこうする

この中で一つでもロジックが間違っていたら、うまく動きません。

その場合、どこが間違っているかを一つ一つチェックしていって、「ここかな?それともこれが原因かな?」と根気よく検証していきます。これをデバッグ(バグをなくす)と言います。バグとはプログラムの間違いのことです。

デバッグも頭がいい人のほうが有利ではありますが、根気や根性の方が重要です。だから学歴が高くても、できない人がいっぱいいるんです。

面接で注意すべきことが一つあります

私自身が学歴について面接で聞かれたのは一度だけです。

その時の面接はとてもうまく受け答えが出来て面接官の人とも相性が良くいろいろな話をしました。

そしたら、

「あなたは話題が豊富でいろいろなことをよく知っていて知的な方だと思ったのですが、なんで大学に行かなかったんですか?」

と聞かれました。いい意味での聞かれ方ですし、しかもこの一度だけです。

ですが、中卒の方の場合、少し違ってくるかもしれません。

現在、日本人の高校進学率は97%らしく、けっこう前から90%を超えているようです。

高校に行かないのは3%の少数派なんです。高校へ入学後、中退した人を入れればもう少し多くなるでしょうけれども、それにしても少数派です。

そのため、「なんで高校に行かなかったんですか?」と聞かれる可能性が十分あります。

その時の答え方に注意が必要です。

「なんで高校に行かなかったんですか?」への回答

「寿司職人になりたいと思い、高校に行っても寿司職人としてプラスにはならないと思って行きませんでした。今はやりたいことが変わってプログラマーになりたいと思っています。」

のようなポジティブな内容ならばいいですが、

「勉強が嫌いなのでいきませんでした。」

だとよくありません。

勉強が嫌いな人を企業は採用したいと思わないはずですからね。

実際勉強が嫌いであっても、そのまま言わない方がいいでしょう。

  • 職人になりたかった
  • 家の経済状況が良くなくて、高校に行けなかった

などマイナスな印象にならない理由が見つけられるはずです。

高校入学後、中退した場合にも、

「先生と喧嘩して辞めました」

だと、印象が悪いので、

「やりたい仕事ができて、今すぐやりたいと思って高校をやめました。」

みたいなプラスの表現ができれば、学歴は不利にならないと思います。

無料でプログラミング教育 & 就職支援を受けられる学校がある!

プログラマカレッジというプログラミングスクールは20代限定なんですが、

  • 無料で受講可能
  • 修了後、就職支援もしてくれる

んです。プログラミングは独学でも学べますが、講師から教わったほうが速く楽に学べると思います。

知識ゼロで入社して研修で覚える手もある

30代前半くらいまでであれば、プログラミング知識ゼロの人を採用する会社もたくさんあります。プログラミングスキルは入社後、会社の研修で学べます。

私が以前所属していた会社でも29歳で知識ゼロで入社して、仕事をしながらプログラミングを覚えていって、ちゃんと仕事できるようになっていました。

ワークポートはプログラマー未経験の人向けの求人を紹介してくれます。自分で求人を探すよりも効率よく就職活動ができると思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 就職