プログラマー・SEはどんな目標を持つべきか?

   

プログラマーSEが持つべき目標

「目標もなく、なんとなく仕事してるけど、これでいいんだろうか…」
「プログラミングや設計はだいたい程度できるようになったし、なんか目標とするものがない…」
「目標がないと、仕事にも張りが出ないよな…」

プログラマーの目標と言うと、プログラミングの腕を上げることと思いがちですが、それだけではありません。

少し考えただけでも、キャリアアップ、年収アップ、人間関係など、仕事をする上で目標とすべきものはたくさんあります。

そんなわけで、今回は「プログラマー・SEがどんな目標を持つべきか?」を紹介します。

目標1 キャリアアップの目標

昇進(出世)するとか、リーダーになる、マネージャになるとかっていうキャリアに関する目標です。

まず、どんなキャリアを目指したいかを考えます。よくあるプログラマー・SEのキャリアパスは

PG → SE → チームリーダー → プロジェクトマネージャー

というものですが、最近は

PG → アーキテクト, 特定技術のスペシャリスト

なんていう技術職のキャリアパスもありますし、

PG → SE → コンサルタント

なんていう上流工程のスペシャリストになる道もあります。

あるいは職位として

平社員 → 係長 → 課長 → 部長 → 本部長 → 経営層

っていうのもありますよね。(IT企業だと「係長」という役職はなくリーダー等の名称の企業多いでしょうけど)

自分がこんな風になりたいなぁというのを描けたら、どうやったら、それが達成できるかを考えます。

職種のキャリアアップ戦略

PGからSEになりたいのであれば、SEをやってる先輩社員がどんな仕事をして、どんなスキルをもっているかを見て、自分も同じようなことが出来るように一つ一つ修得していけばいいでしょう。
アーキテクトやコンサルタントなど他の職種でも同じです。その役割をやっている人が何をやっているかと持っているスキルをよく観察して自分のものにしていけばいいのです。

職位のキャリアアップ戦略

昇進・出世をしたいのであれば、「誰が自分の出世を決めるか」を見極めます。大抵は直属の上司が決めることが多いでしょう。であれば、その上司は何を評価するかを考えましょう。

自分は技術力で評価されたいと思っていても上司が評価するポイントは違うかもしれません。
エンジニアにも顧客にさりげなく自社を売り込んで仕事を取ってくることを求めているかもしれませんし、お客さんとの信頼関係を築いて長期的に安定的に仕事を受注出来ることを求めているかもしれません。企業の根本は売上ですから、多くの場合、会社に売り上げをもたらすエンジニアは評価されます。

もちろん、あなたがいる部門が研究開発をやっていて、技術力そのものを評価するということもあるでしょう。

なんにせよ、自分が評価されたいものという視点とは別に、「上司は何を評価するだろう?」という視点で考えてみることが重要です。

それが分かったら、上司が求めている動きをしてみればいいだけです。客先常駐で仕事をしているのであれば、担当顧客と雑談している最中に新たに始まる案件の話が出る場合がよくあります。そんな時に、「そういうシステムであれば、うちで以前似たようなシステムを作ったことがありますよ。」というような感じでさりげなく売り込むことは簡単です。営業の人が真っ向から売り込みを掛けるより、エンジニアが現場でさりげなく売り込んだ方が、興味を持ってもらえるということはよくあります。

目標2 スキルアップの目標

このプログラミング言語をマスターしたいとか、フレームワーク、アルゴリズム、デザインパターンを修得したいっていうような目標です。

仕事だけでなく、趣味の開発での目標もあっていいでしょう。こんなものを作ってみたい、今のレベルでは無理だけど、こういうサービスを作れるようになりたいとかです。趣味の開発の目標って仕事での目標よりも自由に立てられるし、趣味の開発で習得した技術が仕事で役立つってこともよくあります。というか、大抵役に立ちます。趣味でやりたいことって、多くの場合、仕事でやってることよりも新しい技術を使うものである場合が多いので、仕事が趣味でやったことのトレンドに後から追いつくっていうことがとても多いんです。

そんな時に、「あっ、その技術、趣味の開発で使ったことありますよ!」と言えると、そのプロジェクトの中心的存在になれたりしていろいろとおいしいので趣味でやりたい開発はバリバリやって方が良いと思います。

それから、マスターしたいとか、修得したいっていう場合に、どれくらいの習熟度になるかという具体的な目標があるとやるべきことが明確になります。

とりあえず触ってみて入門レベルを超えたいっていうことであれば、
・入門書を読む
・チューリアルのWebサイトを見てやってみる
・ドットインストールを見てやってみる
等のTODOが見つかります。

TODOが出来たら一つずつ実行していくだけで目標は達成できます。結局の所、何をやりたくて、何をやればいいのかを見つけられれば、後はやればいいだけですからね。

計画は立てたけど、実際に行動には移せなかったっていうのはよくありがちですが、それは、目標が間違っています。

その目標はあなたのやりたいことではないということです。ですから、計画立てるまでは楽しかったけど、実際にやる段階になってやりたくなくなった場合は、もう一度、その目標自体を見直してみるといいと思います。目標を立てて、それを達成する計画を立てること自体はそれほど時間はかかりませんし、楽しいことなので何度やり直してもいいと思います!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 , ,