ITエンジニアの『平均年収』と年収目標の『目安』を考えてみた

      2017/01/12


平均年収っていろいろな指標が出ているかと思いますが、対象にする範囲によっても変わってきます。

以前、海外のサイトで「言語別平均年収が一番高いのは何か?」というのを調べたもので、その時の1位はPythonだったのですが、その金額が日本円換算で300万円台だったんです。

このサイトはけっこうはてなブックマークでも話題になったのですが、みんな「え?そんな安いの?夢がねーな」と興ざめでした。

統計を取ると、下のほうに引っ張られがちなのかなと思います。なので、平均で見るのではなく、経験的感覚で見たほうが年収目標の目安になると思います。

そんなわけで今回は私がこれまでに仕事で稼いできたガチの金額や聞いた話を元に年収目標の目安を考えてみたいと思います。

新卒で入った会社の給料はくそ低かった!?

私は1979年生まれで2000年からITエンジニアの仕事をしています(専門学校卒なので大卒の人より2年早い)。ちょうど就職氷河期に社会に出たロストジェネレーションって言われてる世代です。

ロストジェネレーションってなんかかっこいい名前ですけど、景気が失われた世代ってことですから名誉なことじゃありません(笑)

私は新卒で入った会社を4年半勤めて辞めました。3年目の年収は320万円でした。ですから、一年目の年収が200万円代だったのでしょうね。

目安1. 就職して5年以内に年収400万円は越せる!

次の転職先を決めずに辞めたので、退職後ハローワークに行きました。ハローワークから紹介された会社で面接を受けたらその場で合格となって「年収400万円で雇うよ」と言われました。

「おお、めっちゃ上がるじゃん!」と思ったのですが、「320万円から、どうせなら100万円アップしたいな」と思い、

「420万円じゃダメですか?ちょうど100万円アップになるので嬉しいんですけど」

と言ってみたら、「だめ、400万」と言われました。

さて、これ聞いてどう思いましたか?

つまりは、3, 4年目で400万円は簡単に行けるということです。

まずはこれが一つ目の目安になるんじゃないでしょうか?

就職して5年以内に400万円を超えてなければ、給料安すぎると考えていいと思います。

その後、結局ハローワークではなく、転職エージェントを使って転職活動して2社から内定をもらいました。

ハローワークの職員はIT企業に詳しいわけでもないので、転職エージェントからの方が断然いいアドバイスが貰えたんです。

ギリギリ受かるかどうかすれすれくらいの求人を紹介してもらって20社位応募して最終的に2社受かりました。ギリギリを狙ってったほうが会社のランクを上げられていいと思います。

年収提示額が1社は420万円でもう一社が440万円だったので、高い方の会社に入りました。

転職によって年収が100万円以上、上がったのです!

目安2. 20代のうちに年収500万円は越せる!

転職後、年収は年々上がっていきました。最初の会社は1年に10万円くらいしかあがっていかなかったのに、次の会社では毎年何十万円も上がっていきました。

最初の年が420万円(年の途中で入ったのでボーナス査定期間の短さによって採用年収の440万にはいかなかった)で、2年目(27歳)で459万、3年目(28歳)で520万円、4年目(29歳)で550万円まで行きました。

なので、目安としては20代中盤で400万円を超えて、後半で500万円を越すくらいをイメージすればいいのかなと思います。

私が入った会社は1社目は全くの無名で、2社目は大手でしたが、2ちゃんねるのIT企業偏差値ランキングではFランクの会社でした。それでも20代後半で500万円台まで行けたわけです。

なので、目安としてちょうどいいと思います。

給料の相場観をやしなうためにすべきこと

新卒で最初に入った会社にいた頃、会社の先輩に

「うちの会社、給料安すぎませんか?」

と聞いたら、

「どこの会社もそんなもんだよ」

と言われました。今なら「年収300万がふつうなわけねーだろ!?」ってつっこみますけど、当時は会社の中のことしか知らなかったので、先輩の言ってることが絶対になっていて「そんなもんなのかなぁ」と納得してしまいました。視野が狭いって怖いことです。

このブログを読んでるあなたは当時の私のようにだまされることはないので安心してください。

視野を広げるという意味で、今やっているようにブログを読むのもいいですし、職場にいる他社の人の話を聞いてみるのもいいと思います。

リーマンショックの頃に私の年収は70万円も下がってしまったのですが、休憩時間に他社の人に

「うちの会社リーマンショックのせいで年収70万円も下がってしまったんですよぉ、そっちはどんな感じですか?」

と聞いてみたら、

いや、うちはそんなことないよ、年収下がってないよ

とのことでした。その方の会社は親会社が安定した大手企業だったので、経済ショックがあっても大丈夫だったようです。

こんな感じで、他社の人に話を聞いてみると、実質的な年収の相場感がわかって良いと思います。

そんなわけで、ここで紹介した目安を大きく下回っているようであれば、転職活動を始めるタイミングなんだと思います。

転職活動はやってみると簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊向けサービスなので、地方在住の方には全国の求人を扱っているDODAがおすすめです。利用者の評判がめっちゃいいのでホームページ是非見てみてください。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - お金 ,