プログラマーSEが顧客をうまく誘導するコミュニケーション術

2014年12月3日に投稿 → に更新

顧客を誘導する女性

受託開発をしているSEやプログラマーの方でお客さんとのコミュニケーションがうまくいかなくて困っているという方は多いかと思います。

私も以前は苦労していたのですが、あることに気づいてからは、思うようにお客さんを誘導することが出来るようになりました。

その「あること」を紹介します。

2パターンの顧客

受託開発の顧客企業の担当者は2パターンあります。

  1. エンドユーザー部門の社員
  2. 情報システム部門の社員

私の場合2の情報システム部門の社員を相手にしていたことが多かったので、この記事では、主にこちらを対象にしたコミュニケーション術を紹介します。もちろん、エンドユーザー部門の社員に対しても有効な方法です。

顧客は理由があると安心する

私は客先常駐の受託開発を10年以上やっていたのですが、いろいろなお客さんを担当していていく中で共通点があることに気が付きました。

「顧客は皆、理由を求める」のです。

例えば、新規に開発するシステムの基本設計をお客さんに説明して、「これでいいですか?」と聞くと、よく聞かれることがあります。

「このシステムの要件はなんですか?それが分からないと、いいのか悪いのか判断できません。」

「要件は要求定義書に書いてあるから読んでおけよ」と言いたいところですが、顧客相手にそう返すわけにもいきません。また、基本設計のレビューにだけ呼ばれた人の場合、要求定義書を読んできていないなんてこともよくあります。

なぜ、顧客は要件を確認したがるのか?

私が予想するに企業の情報システム部員はユーザー部門の担当者から、システムについての説明を求められます。「なんで、このシステムはこうなってんだよ、こう変えてくれよ」等とクレームを受けることもしょっちゅうでしょう。

そこで反論するための「理由」が必要なんです。

先程の例「なんで、このシステムはこうなってんだよ、こう変えてくれよ」と言われた時に、要件定義書を持ってきて、「このシステムの要件は○○です。この要件を満たすためにこの機能はこのようになっているのです。だから変えることは出来ません。」と返答したいんです。

ですから、お客さんがなかなか仕様を了承してくれない場合、理由を明確に示しながら説明すると了承してくれる可能性が高くなります。

お客さんから他部門からの問い合わせで答えに困っているという相談を受けたら、明確な理由付きの返答を用意してあげればいいんです。

選択肢を与えて顧客が「仕事してる感」を演出する

情報システム部門の社員はユーザー部門の社員から文句を言われ、その文句をそのまま業務委託のSEやPMに伝え、対応策をSEやPMから聞いてそのままユーザー部門に伝えるといった伝言ゲームをする場面が多々あります。

「どうせ俺たち社内SEなんて業務のこともITのこともよく分かっていない中途半端なやつさ」とすねているかもしれません。確証はないですが、社内SEの人の中には異様に偉そうだったり、異様におどおどしてる人が多く見られます。

異様に偉そうなタイプは、ユーザー部門から文句を言われたストレスを業務委託のSEやPMにぶつけているのでしょう。

逆に異様におどおどしてる人はユーザーから言われた業務のこともよく分からないし、SEから言われたITのこともよく分からないという板挟みの中で自信をなくしてしまったのでしょう。

どちらのタイプにせよ、仕事に充実感がないことが問題です。仕事に充実感があればSEにストレスをぶつけることも、異様におどおどすることもなくなるはずです。

そこで仕様を決めるとき等に選択肢を用意してあげます。選び方も教えてあげます。

例えば、「このような2つの選択肢があって、選択肢1のメリット・デメリットは~です。選択肢2は~です。私としては選択肢2の方が~という理由で良いと思います。私の場合、技術者の観点で考えてしまいがちなので、ビジネス視点も含めて総合的な判断をしていただけたらと思います。」

と言えば、お客さんとしても

「なるほど、選択肢2の方が良いんだな、おれちゃんの総合的判断を加えて、・・・よし、選択肢2にしよう!」

となるわけです。実際は私たちが誘導した通りの選択をしているだけなんですが、お客さんは仕事してる充実感を感じるはずです。

このようにして、選択肢と明確な選択基準を与えたうえでお客さんの顔を立てると仕様策定はスムーズに進みます。

心理操作よりもソフトウェアエンジニアリング

っとまぁ、色々試行錯誤することで、顧客折衝のコツが分かり仕事がスムーズに進められるようになったのですが、お客さんの心を誘導する割合が高くて、エンジニアとしての本質的な仕事(ソフトウェア開発における技術的なチャレンジ)が出来ていないと感じ、現在は、業務システム開発の仕事は辞めて、今はスマートフォンのゲーム開発をしています。

なので、ここまで顧客の心理誘導の話をしておいてなんなのですが、今の職場がつまらない心理戦ばかりで、仕事としてのやりがいがないという場合は転職した方が良いと思います。

転職してみてわかったのは、「興味のある仕事をするってやっぱいいな!」ということです。朝起きた時の感覚が違います。「会社行くのめんどくせー」って感じじゃないんですよ。「よし、行くか!」って感じなんです。この違いは大きいですよ!

転職はやってみると思ってたよりかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - コミュニケーション