プログラマーSEが『成長』するために必要な条件

   

「プログラマーSEが成長するために必要なこと」のタイトル画像
いろいろな説がありますが、
・一つの仕事を長く続けた方が成長できる
・興味のある仕事をやったほうがモチベーションが湧いて成長できる
・現在の自分よりちょっと上のレベルの仕事をする、少し背伸びが必要な仕事をするといい
のような話はよく聞きます。

それぞれ正しいと思いますが、これらを総合して、『成長』するために必要な条件の本質とは何かを考えてみたいと思います。

戦略1 興味がある仕事をやる

興味がないことは頭に入ってこないし、自ら学ぼうというモチベーションもわかないので、興味がある仕事をすべきであることは間違いないでしょう。

ここで注意すべきことは、「はじめは興味があったんだけど、やってるうちに興味がなくなってきた」ということが起こり得るということです。なので、この戦略に則る場合、興味がなくなってきたら、別の仕事に移ってく必要があります。

私の場合、ずっと業務システム開発の仕事をしていて、Java、オブジェクト指向、アーキテクチャ設計などに興味を持っていたのですが、数年やってると大体のことがわかってくるものです。その段階でさらにもう一段階深いレベルに興味を持てればよかったのですが、そうはなりませんでした。

段々と「学ぶことがないな、ほとんどわかってしまった。新しい技術も出てこないなぁ」と感じるようになっていました。これは「学ぶことがなくなった」のではなく、正しくは「興味がなくなっていた」のです。

「学ぶことがない」のではなく「興味がない」のだ

技術・方法論は常に進歩していくので、学ぶことは常に合ったはずですが、その意欲がなくなっていたため、新しく出てきた技術や方法論に目が向かなくなっていたので「新しい技術も出てこないなぁ」と感じていたわけです。

実際エンタープライズJavaの技術革新は遅く、高階関数の導入がC#に比べてずっと遅れたりしていましたが、それでも興味があれば、学ぶべきものはあったのだと思います。

問題は自分側、興味があるかなんです。

ですから、「仕事に興味がなくなっていないか?今自分が興味あるものは何か?」を常に問いかけることが重要です。

戦略2 一つの仕事を長く続ける

これは先程の興味がある仕事をすると真逆に感じられますが、一つのことに長く興味を持てれば、この戦略と両立することも出来ます。必ずしも両立する必要はないでしょうけどね。

一つの仕事を長く続けることの利点は、いろいろな役割を経験できるということです。

はじめWebに興味が湧いて1年やったら飽きて、次にスマホアプリの開発に参加してまた1年経ったら飽きて、次はビックデータやって…という仕事の仕方をしていくと、やってる内容は変わっても役割はおなじになりがちです。

プログラムを実装するという役割です。設計だったり、サービスの企画、運用などシステム開発には様々な仕事がありますが、短期で仕事を切り替えていくといつも同じ役割しか経験できません。

もちろん、プログラムの実装は価値のある仕事ですが、様々な役割を経験することにも違う価値があります。

一つのプロジェクトに長く関わっていくと、はじめはプログラムの実装をしていたのが、システムの仕様や要件もよく理解できて来たから、新たな機能の設計や要件定義もやってもらいましょうということになります。さらに続けていくと、その分野の業務知識・システム化ノウハウが身につき関連する新たなシステムの企画策定にも参加してくださいというオファーをもらうようになります。

いわゆる上流工程みたいな話ですが、一つのプロジェクトに長くいるほど上流工程に関わっていくことになります。

私のキャリアアップ経験談

私の場合、2社目に入った会社に6年半勤めたのですが、その間ずっと同じ顧客のシステムを担当していました。はじめは一機能の実装を担当していましたが、そこからフレームワークや共通コンポーネントの開発を任されるようになり、その後、要件定義・設計などの上流工程をやるようになり、企画やチームリーダーをやってくみたいな流れでした。

6年半いるとこのようなことに必然的になっていくと思います。これが良いこととは限りません。キャリアアップにはなりましたが、この期間、私は技術的な興味がなくなっていたからです。技術的スキルの伸びは6年半の内はじめの数年だけだったのだと思います。

とはいえ、キャリアとしてはいろいろな役割を経験できたので大きなプラスになりました。

いつでも興味のある仕事をすべきということでもなく、ある期間は一つの仕事を続けていろいろな役割を経験するというのも良いと思います。

戦略2も実は興味のある仕事をやっていると考えることも出来ます。「技術的興味はないけれど、様々な役割の仕事をすることに興味がある」ということなのですから。

戦略3 少し背伸びが必要な仕事をする

いつも簡単に出来る仕事ばかりやってても成長しないので、かといって、自分のレベルを大きく超えた仕事は手も足も出ない、そこで、すこし頑張って背伸びすれば出来るような仕事がいいという話です。

たしかにその通りだとは思うのですが、私の場合、いつもどの仕事でも、「今の自分だから出来る集大成の仕事だな」と感じるんです。

「あの時学んだあれを今回活かせて、なんとかうまく仕事できたな」といつも感じます。自分の成長に仕事がタイミングよく来ているわけではなく、解釈が逆なんだと思います。

仕事とは常に自分が今まで学んだことを活かすものだから、結果的にいつも集大成のように感じるんです。

ですから、「今の自分がちょっと背伸びしてやっと出来るくらいの仕事が来るようにキャリア設計をしたい」などと考える必要はなくて、どんな仕事も今まで学んだことを活かしてやれば、前よりも高度な仕事をすることになります。

いつでも仕事は自分の集大成

同じようなシステムを開発する場合にも、以前学んだことを活かして取り組めば、前より高度な仕事となるのです。

ですから、どんなレベルの仕事をするか自体を意識しなくても、自分が今まで学んだことを活かすという姿勢で取り組めばいいだけなんです。

これは戦略1とも常に両立できます。仕事の分野を変えたとしても、これまでに学んだことは活かせます。
「業務システム開発からゲーム開発に移ったら、学んだことなんて活かせないじゃん?」って思われたかもしれませんが、そんなことはありません。

今まで、業務システム開発で、たくさんコードを読み、書き、問題解決をしてきたことは、異分野でも活かせます。どの分野のシステムも本質は同じです。バグを修正する場合、バグの原因を特定するためにソースコードを読んだり、ログを仕込んだり、ステップ実行をしたりと。ですから、異分野に移ると知識は初心者に戻りますが、それまでの経験は必ず活かせる部分があります。

この仕事をやってみたいかを意識しよう

総合すると、仕事の内容に興味が長く持てて、様々な役割を経験し、学んだことを活かす、そんな仕事ができたら理想なわけですが、仕事とはめぐりあわせです。

今自分がめぐりあった仕事は「技術的興味はあるけど、短期間で飽きるもの」だったり「長く続けられそうだけど技術的には面白くないもの」だったりするかもしれません。

ですから、自分が「何を選択するか?」です。今の仕事を長く続けるか、あるいは別の仕事をするか、すべては自分の選択です。

その時に重要なのは「やりたいか?」です。これは技術的興味でやりたいってだけでなく、キャリアとしてやりたいでもいいんです。

とにかく、「この仕事をやってみたいか?」これで選べば、間違いなく自分を成長させる仕事になると思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - キャリア , ,