システムインテグレーターに転職する時に知っておくべきこと

      2016/11/28

事前に知っておくべきことを理解した女性

「システムインテグレーターでバリバリ開発したい!」
「ほとんどが客先に派遣されるってホント?」
「ブラック企業が多いって噂もあるけど…」

私は10年程システムインテグレーターで業務システム開発の仕事をしてきました。いわゆるSE(システムエンジニア)ってやつです。

新卒で入社する時にはシステムインテグレーターってなんなのかも知らず、「とりあえずプログラマー職を募集してるから受けて、受かったから入った」ってレベルだったのですが、10年働けばいろいろ分かります。

結構意外なことがたくさんあったので、それらを紹介します。

まず「システムインテグレーターとは何か?」から

日本の情報システムにおけるシステムインテグレーターとは、情報システムの開発において、コンサルティングから設計、開発、運用・保守・管理までを一括請負する情報通信企業である。ソリューション・プラバイダ(ソリューションプロバイダ)もほぼ同じ意味である。略してSIer(エスアイヤー)などとも呼ばれる。日本のシステムインテグレーターを英語で説明する場合は、ITサービス会社(information technology services company)と説明した方が分かりやすい。

とのことです。

要約すると、システム開発全般を請け負う会社ってことですね。

2ちゃんねるなどで「二次請け三次請けで開発だけやっているような会社はシステムインテグレーターではない、一部しかやってないんだから」との意見がありますが、転職エージェントとの会話で使われているシステムインテグレーターはもっと大まかで、「請負で開発をやってる会社」みたいな意味で使われています。

ですから、他社のソフトウェア開発をしている会社をシステムインテグレーター(SIer)と覚えておけばいいと思います。

よって、GoogleやYahoo、楽天のような会社はシステムインテグレーターではありません。自社サービスのソフトウェアを開発しているからです。

続いて、入社して驚いたことを紹介します。

自社に自分のデスクがない

システムインテグレーターの仕事の多くは仕事を発注した企業のオフィスで行います。仕事をする場所が自社じゃない場合が多いんです。

例えば、三井住友銀行が「弊社のオンラインバンキングシステムを3000万円で作ってください」という仕事を請け負ったとします。大抵の場合、「開発は弊社のオフィスでやってください」と言われます。システム開発の仕事は仕様を決めるために頻繁に打ち合わせが必要なので、同じオフィスで仕事をした方が都合が良い為です。

よって、システムインテグレーターの社員の多くは自社のオフィスに通勤することはほどんどなく、発注元の企業に通勤して仕事をします。ですから、自社に自分のデスクがない人が多いんです。

これは良い面も悪い面もあります。

良い面は発注元企業が優良企業の場合、オフィスがきれいだったり、社員食堂があったりすることです。反対に悪い面は、自社じゃないのでなんとなく肩身が狭い感じがすることです。これは考え方次第です。私の場合、自社のオフィスより常駐先の企業のオフィスのがきれいで社員食堂もあったので、良い面の方が多かったです。

システムインテグレーターの種類

これも就活やってた頃は全く分かっていませんでした。大きく分けて3種類あります。

1. メーカー系システムインテグレーター

コンピューターのハードウェアを製造するコンピュータメーカーから派生した企業です。

例えば日立製作所の子会社の日立ソリューションズのような会社です。

親会社が大手なので経営が安定しています。

2. ユーザー系システムインテグレーター

ユーザー = 情報システムを使う側、つまり情報システムを発注する側の企業のIT子会社のことです。

例えば、トヨタ自動車のIT子会社であるトヨタコミュニケーションシステムのような会社です。

こちらも親会社が大手なので経営が安定しています。

3. 独立系システムインテグレーター

こちらが会社の数的には一番多く存在します。私が新卒の時と一度目の転職をした時にこのタイプのシステムインテグレーターに勤めました。

「独立系」って言葉はカッコいいですけど、単に親会社がないだけです(´・ω・`)

2ちゃんねるではボロクソニ叩かれがちな独立系ですが、良い面もあります。
それは、親会社に縛られず、いろんなシステムの開発を経験出来ることです。

例えば先ほどの例で挙げたメーカー系の日立ソリューションズの場合、日立製品を使ったシステムの開発が多くなります。
ユーザー系のトヨタコミュニケーションシステムであれば、トヨタ自動車グループの社内システムの開発が多くなります。

経験出来ることがかなり偏るということです。独立系であれば、製造業のシステム開発をした後に、今度は流通業システムの開発を、そのまた次は金融システムの開発をなんていう仕事の仕方が出来ます。

とはいえ、これは一長一短です。

メーカー系、ユーザー系は同じようなシステムの開発が多くなりますが、別の言い方をすれば専門性が高まるということです。

逆に独立系はいろいろな業種のシステム開発を経験できますが、専門性は高まりません。もちろんプログラミングの専門性は高まります。特定の業種の専門性は高まらないという意味です。

入社難易度は?

独立系に入るのが一番簡単です。

メーカー系とユーザー系は同じくらい難しいです。ユーザー系の中には出来て一年のベンチャー企業とかもあるので、そういう会社であれば比較的簡単なはずです。ただ、その場合、先ほど述べた親会社が大手なので経営が安定しているという特性もなくなりなってしまいます。

おすすめは?

特定の業種に興味がある人はユーザー系。
特定のメーカーの技術に興味がある人はメーカー系。
特にそういうのがないひと、とりあえず入社出来ればOKな人は独立系。

となります。なんか独立系が悪く見える書き方っぽくなってしまいましたが、決してそんなことはありません。

特に他業種からプログラマーに転職したい人にとって入社難易度の低い独立系を最初の一歩として選ぶことは良い選択です。

それにユーザー系、メーカー系だと、プロジェクトマネージャー職が多く、入社してもプログラミングさせてもらえない場合もあります。

なので、バリバリ開発したい人には独立系をおすすめします。

そうじゃなく、まったり仕事をしたいということであればユーザー系がおすすめです。これは会社次第なのでユーザー系でも、仕事がハードな会社もあるので注意してください。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、DODAがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、DODAは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にDODAを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

DODAは全国に拠点があるので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけで簡単に派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるので、実はとてもいい選択なんです。

 - キャリア ,