ハンズオン形式のIT系勉強会をする時の注意点・コツ

2015年3月19日に投稿 → に更新

handson

先日、ハンズオン形式のIT勉強会の講師を初めてやりました。

やってみてわかったことがいくつもあったので紹介します。

思ったよりもできない参加者がいる

勉強会の資料は、参加者の知識レベルを想定して作りますが、想定していたよりも、知識のない参加者がおられる場合があります。

例えば「初心者向け」と指定しても、参加者のレベルは意外とバラバラです。

ですから予想してたよりもなかなか手が進まないことがあるんです。そこで、出来ることとしては…、

できる限り誤解の起き得ない表現を

例えば、「このコードを追加してください。タイプするのが面倒であればコピペしてもOKです。」と言った際に、

コードをコピーして、ファイル全体に対してペーストしてしまったためにC#のusingの部分が消えてしまってコンパイルエラーになってしまって作業が止まってしまった人がいました。

なので、「コピペしてください」というのも言い方を工夫する必要があります。

この例の場合、「このコードをコピーして、3行目にペーストしてください」といった言えばよかったんでしょうね。

発表する講師の他にハンズオンをサポートする『フィールド講師』が必要

先日やったハンズオンでは、私が講師として壇上で説明して、もう一人、参加者の座席近くで作業をサポートするフィールド講師の方がいたおかげで、参加者の進み具合を把握できました。

全然ついていけない人がいることがわかって、少しペースを落としたりと調節ができました。

反応がなくても参加者は聞いている

ハンズオンの場合、参加者は講師の説明を聞きながらPCで作業を進めていくので、反応が少なくなります。

  • ここまでで質問ありますか?
  • ここまでできましたか?

などと聞いてみても「シーン…」っとなってしまうことがありますが、問題ありません。自分が参加者の時を考えると、ハンズオン作業で手一杯で、いちいち反応を返してないですからね。

作業を待つ間にも役立つ情報を提供する

作業の進みを待つ際にも、先に終わっている人が退屈しないように、ちょっとした技術情報やTipsを話せると良いと思います。

そういう意味で、ハンズオン本編以外にパッと話せるちょっとした雑学を用意しておくといいかもしれません。

講師をやると発見がある

質疑応答や、講義終了後の名刺交換時に「先生、○○は…」などと、先生と呼ばれて驚きました。ふだん先生と呼ばれることなんてないですし、一生ないと思ってましたからね。

そういう意味でも、やったことないことをやるというのはとても良い経験になると思います。機会があったらぜひチャレンジしてみて下さい!

おまけ: 給料で損した経験談

私と同じ失敗をされないよう経験をシェアしてます。

私が新卒で入った会社は社員数80名の零細ベンダーでした。

基本給は17万円で手取りは14万円くらいでした。仕事は客先常駐の業務システム開発(言語はJava)でした。

会社の先輩に「うちの会社って給料安すぎませんか?」って聞いてみたところ、

「どこもそんなもんだよ、ふつうふつう」

と言われて、「そうなのかなぁ…」と半信半疑ながら4年半勤めて年収は320万円でした…。

「やっぱ安すぎだろ!?」と思って試しに転職してみたら、

仕事内容はほぼ同じで年収が120万円もアップしたんです!

「こんなことがあっていいのか…」って感じですが、現実はどんな仕事をするかより、どの会社で働くかで給料が決まる面が大きいんですよね。

給料の高さが全てではありませんが、年収相場より大幅に安いという方は一度転職を検討してみると良いと思います。

相場がどれくらいか分からないという方はこちらの記事も、ぜひ読んでみて下さい!

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 能力開発