プログラマーSEが転職の履歴書の趣味・特技に書くことの例文

      2017/04/05

自分の趣味・特技を考える女性

「趣味・特技って特にないんだよな、特になしって書くわけにいかないし…」
「趣味に読書とか、映画鑑賞って書くの意味ないよな…」
「そもそも、特技なんてねーしwww」

履歴書の趣味・特技欄って書くの難しいですよね。読書とかショッピングとか書くのって何も書かないのと同じようなものですし、かといって、変わった趣味や特技を持っているわけでもありません。

それに面接で趣味や特技のことを聞かれる機会も滅多にありません。だったら、読書や映画鑑賞でいい気もします。

私はこれまでに三度転職して、多くの面接をこなす中で、趣味・特技欄もいろいろと試行錯誤してみた所、多少ウケがいいものが分かりました。

そんなわけで今回は「趣味・特技に書くべきこと」を紹介します。

Excelの履歴書ならフォーマットを変えられるから欄ごと消しても良い?

いきなり、全否定の話ですが、趣味・特技欄を消しちゃってもいいと思います。

市販の履歴書を買って手書きする場合は出来ませんが、Excelの履歴書フォーマットのファイルはネットで検索すればいくつも見つかります。それらを使う場合は、趣味特技欄を削除して、別の項目に変えてしまえばいいと思います。

とはいえ、その別の項目が浮かばなかったりします。なので、結局趣味・特技を書くことになるわけです(笑)

では何を書くか?というと……

趣味にはちょっと変わったことか、相手の役に立つものを書くべし

以前、私は趣味欄に「気功」と書いたことがあります。気功って、知らない人からするとドラゴンボールの「カメハメ波」みたいなイメージがあるかもしれませんが、私がやってるのは健康法としての気功です。太極拳みたいな体操をしたり、目を閉じて瞑想したりします。

「気功」という言葉が案外、面接官の目にとまりやすいのか、何度か面接で「趣味に気功って書いてありますが、人を吹っ飛ばしたり出来るんですか?笑」などと聞かれたことがあります。

「いやぁ、私がやってるのは人を飛ばすようなものじゃなくて、太極拳みたいな体操をする健康法です。疲れが取れたり、とても良いんです!もし入社させていただけたらお教えしますよ。

と答えました。それが効いたのかは分かりませんが、その会社から内定もらえました。職歴やスキルが評価されての内定なんでしょうけど、人物面の評価で多少プラスになったんじゃないかと思います。

趣味の話をすることで、その場が和みますし、健康の話は誰でも関心があるので、目にとまりやすいのだと思います。

「もし入社させていただけたらお教えしますよ。」ということで、印象として、「この人は自分の味方で自分に役立つ存在だ」っていうのが残ると思います。それに「入社」を印象づけることができます。

採用されるかどうかって、最後は人間として好きかどうかの印象が大きいですからね。

「スキル的にはOKなんだけど、なんか人として好きになれないなぁ…」という人とは仕事したくないですよね。ですから、人物面の潜在的アピールとして趣味欄をうまく活用するのが良いと思います。

興味を持たれる趣味、相手の役に立つ趣味とは?

先ほど上げた気功のような健康にかかわるものは良いと思います。

例えば、ツボに詳しい場合、「目が疲れた時は、まぶたの下を軽く押すといいんです」って話をするだけで相手の役に立つことが出来ます。

勉強法とかも良いです。趣味に「資格取得」と書いておいて、聞かれたら、「こうやって勉強すると受かるんですよ!」って話をするのも良いですよね。この場合、勉強法を教えることで相手の役に立つというだけでなく、それだけ勉強していて努力家であることや知識量のアピールにもなります。

ですから、自分がアピールしたい内容を趣味として書くのが良いでしょう。

特技には仕事のことを書いても良い

私は特技の欄にオブジェクト指向技術と書いたことがあります。面接で「特技にオブジェクト指向技術とありますが、どんな特技なんですか?」と聞かれたことはありませんが、潜在的なアピールにはなると思います。

質問するほどではないんだけど、「特技にオブジェクト指向技術って書いてあったから、技術力ありそうだな!」という印象が残るはずです。

最終的に合否判定する時には、そういう印象の総体で決まります。ですから、質問されなかったとしても効果はあるはずなんです。

ゲームやアニメ、漫画が趣味なのもアピールになる場合がある!

趣味に「ゲーム、アニメ、漫画」なんて書くとバカっぽいと思われてマイナスだと考えがちですが、応募先企業によっては、とても良いアピールになります。

例えばゲームの会社です。スマホゲーム企業の面接では必ずと言っていいほど「最近、やってるゲームはなんですか?」や「好きなゲームはなんですか?」と聞かれました。

ゲーム会社の人はゲームだけでなくアニメや漫画が好きな人も多いので、趣味に書いておけば、親近感をもってもらえるはずです!

そんなわけで、応募先企業に合わせて趣味・特技を考えれば、合格する確率もグンと上がると思います。

転職はやってみると思ってたより簡単!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたより簡単で、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはレバテックフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもレバテックフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は関東圏です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者から見れば簡単に解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 就職 ,