最近のJavaエンジニア求人の読み方と選び方

2016年7月18日に投稿 → に更新

Javaのロゴ

「Javaって今も需要あるよね?」
「JavaはサーバーサイドとAndroidの両方あるから求人数は最強なはず!」
「SIer系と自社サービス系、どっちがいいかなぁ?」

Javaの求人も最近は多様化していますよね。

サーバーサイドもWebサービス、スマホアプリ・ゲーム、業務システムといろいろありますし、AndroidアプリもJavaなのでクライアントサイドでの開発もたくさんあります。

私はJavaで業務システム開発を10年やった後、Webサービス、スマホゲームの開発へ転職しました。

そんな経験を踏まえて「最近のJavaエンジニア求人の読み方と選び方」を紹介します。

サーバーサイドJavaエンジニアの求人

Webサービスのサーバーサイド

WebサービスってPHPやRubyのイメージが強いですが、Java製のものもかなりあります。

私が以前参加した家電量販店のECサイト開発でもJavaが使われていました。有名なサイトだったので、ものすごい同時アクセス数でしたが、ちゃんとさばけていました。

フレームワークはSpring MVCとTapestry5でした(モジュールごとにちがうフレームワークを使っていたので2種類なんです)

JavaはPHPやRubyに比べてCPU処理の効率がいいので、大規模サービスに向いています。

JavaVMのJITという機能は実行時にそのVMが動作しているハードウェアの情報を読み取って、そのハードウェアに最適化したマシン語を生成して実行しているそうなんです。だから処理がめちゃくちゃ速いんだそうです。

有名企業だと楽天やサイバーエージェントでJavaが使われています。

スマホアプリ・ゲームのサーバーサイド

私が以前参加した2つのスマホゲーム開発のプロジェクトはどちらもサーバーサイドにJavaを使用していました。

フレームワークはSpring MVCとStruts1でした。Struts1でJSON APIを作ってる会社があったのは意外でしたが、さすがにStruts1は根強いですね。

感覚的にSpring MVCがStruts1に変わるデファクトスタンダードになりつつあるのかなぁと思います。

業務システムのサーバーサイド

エンタープライズの分野は完全にJavaが主流です。.NETやPHPで業務システム開発してる会社もあるけれど、Javaが圧倒的に多い印象です。

業務システムの求人の場合、プログラミングなどの技術スキルの他に業務知識も重要です。

たとえば、今まで金融系システムをやっていた経験のある人は金融系システムをやってる会社を受けたほうが採用される確率は上がります。

とはいえ、そこまで業務知識を重視しない会社も多いので、今までとはちがう分野の業務をやってみたい、たとえば、今まで金融だったから次は製造業のシステムがいいなというのもありです。

私の場合、新卒で入った会社では金融系の案件が多かったのですが、2社目では製造業、3社目は流通業メインの会社でした。全然いけます。

また、この分野の求人は、エンジニア未経験可、プログラミング知識ゼロでもOKというものがたくさんあります。ですから異業種からプログラマー・SEになりたいという人には特におすすめできます。

クライアントサイドJavaエンジニアの求人

Androidエンジニア

OracleがGoogleをJavaの著作権侵害で訴えていますが、裁判がどちらに転んでもAndroidからJavaが消えることはないだろうという見方が優勢なので、JavaのAndroidエンジニア需要は今後もあり続けると思います。

とはいえ、Android開発においてKotlinの存在感が高まっており、今後、新規に開発されるアプリにはKotlinを採用するという会社が増えていくと思われます。

Kotlinは文法的にJavaと似ている部分が多いので学ぶのはかんたんなはずです。Androidエンジニアの方は覚えておいて損はないでしょう。

ビックデータ系エンジニア

Googleが開発した並列分散処理フレームワークのHadoopはJavaで実装されています。そのためJavaでビックデータ処理をする仕事もたくさんあります。

  • AI(人工知能)
  • IoT(モノのインターネット)

などでもビックデータ処理の需要は増えそうなので、今後一番伸びそうな分野かと思います。

転職はやってみると思ってたよりかんたん

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは1都3県・大阪京都兵庫・福岡近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはフォスターフリーランスがおすすめです。人脈がなくてもフォスターフリーランスに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京、神奈川、千葉、埼玉です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!パーソルテクノロジースタッフに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

 - 技術 , ,