ホームお問い合わせプロフィール未経験→就職転職合格率年収の相場ブラック企業判別定時帰りする方法

プログラミング学習に必要なパソコンのスペック

に投稿 勉強法

PC

プログラミングっていうと、PCにとって特別な使われ方なので、特別なスペックが必要なイメージがあるかもしれません。

確かにスペックを必要とする分野もありますが、大抵はふつうのPCで十分です。

私はこれまでに、

  • 業務システム開発
  • Webサービス開発
  • スマホゲーム開発

の仕事をしてきました。

業種によって使われてるPCのスペックも違っていたので、詳しく紹介します。

ゲーム開発に必要なPCのスペック

プログラミング学習は基本的にふつうのPCで十分です

スペックが必要な分野はというと、例えば3Dゲーム開発です。

私が参加した3Dゲーム開発ではUnityというゲームエンジンが使われていました。今一番主流のやり方です。

Unityの学習のために使ったPCは、ごくふつうのスペックのものです。

CPUがAMDのA10、メモリーが4GBです。

AMDのA10はインテルで言うとCore-i5ぐらいのもの、つまりミドルスペック、スペック的に真ん中辺ぐらいのふつうのCPUです。

そのPCでUnityはふつうに動きました。

グラフィックにこだわったりしなければ、ふつうのPCで十分です。

ゲーム会社で支給されたPCのスペック

私は2社でゲーム開発の仕事をしましたが、そこで使わせてもらったPCは

  • 1社目 MacBook Pro CPU Core-i7, メモリー8GB
  • 2社目 Windows自作PC CPU Xeon, メモリー16GB グラフィックボード付

でした。かなりのハイスペックです。快適に作業できました。

スペックが高いほうが、動作が軽く、待ち時間なども減るので良いのは確かですが、ふつうに基礎を学習するぐらいだったら、Core-5やもうちょい下のCPUでも十分です。

Web開発に必要なPCスペック

Webのサーバーサイドで使われている言語でPythonとかRubyはUNIX系(Linux含む)OSで動くことを想定しています。

MacはUNIX系OSをベースにして作られたOSなので問題ないのですが、Windowsだと一部動作がうまく動かないって場合があります。

とはいえ解決策があります。

WindowsにVirtualBoxっていうOSを仮想化するソフトをインストールします。するとVirtualBox上でLinux 系のOSを動かすことが出来るんです。

つまり、Windows上でCentOSやUbuntuを動かすことができるってことです(CentOSやUbuntuは有名なLinuxパッケージ)。

OSが二重で動くんで少しスペックが高いPCが必要になります。といってもメモリーをちょっと多めに積んでおくくらいで十分です。

まぁ、プログラミング学習って意味ではWindows上に直接インストールしたRubyやPythonを使っても、問題ないケースが多いかもしれません。

なので既にパソコン持ってるんだったら、そのPCに自分が学ぶためのソフトウェアをインストールしてみてふつうに動くんだったらそれでいいと思います。

使ってて動作が重いなぁとかあったら、新しいPCを買うことを検討するって感じでいいじゃないかと思います。

PCよりも、本とか動画講座を優先したほうがいいんじゃないかと思います。