プログラミング言語を比較して自分に合った言語を見つけよう!

2015年12月8日に投稿 → に更新

階段に座る女性

「プログラミング言語にも自分との相性ってあるのかな?」
「自分に合ってるかってどうやったら分かるのかな?」
「どうせなら愛着の持てる言語を使いたい!」

プログラミング言語ってたくさんありすぎて選ぶのが難しいですよね?
私もこれまでに様々なプログラミング言語を使ってきましたが、

  • 仕事で必要だった
  • 趣味で使いたかった

といろいろな理由で選んできました。

いろいろな言語を使ってみた結果、言語の特性とそれに合う人の関係性が分かってきました。

そこで今回は「自分に合った言語を見つける方法」を紹介します。

『目的』と『感性』で選ぶべし!

コードのサンプルを見て、感覚的に「この言語いいなぁ!」と感じても、その言語で自分が作りたいソフトウェアが作れなければ意味がありません。

逆に目的のソフトウェアを作れても、感覚的に気に入らない言語を使うのもしんどいものです。

なので、目的を果たせる言語の中からフィーリングの合うものを選ぶのが良いと思うんです。

ちょっとしたWebサービスを作って公開したいなら?

第一候補はPHPです。PHPはほとんどのレンタルサーバで動きます。レンタルサーバは費用が安いですし、実行環境がセットアップ済みなので、かんたんに使えます。

アプリケーションを作って、いざ公開しようとした時に実行環境の構築に手間取って挫折なんてことにならないためにも、PHPを使うのは良い選択です。

環境構築に自信があるのであれば、Rubyがおすすめです。Rubyはとても洗練された言語で、PHPよりも簡潔で綺麗なコードが書けます。コードの書き方に工夫のし甲斐、奥深さがあります。

例えば、配列の中から3の倍数に当たるものだけを抽出するコードをPHPで書くと

となりますが、Rubyだと

と2行で書けてしまいます。

ただ、この説明はちょっと恣意的でPHP5.3からはRubyと同じような書き方が出来ます。

しかしRubyから大分遅れてのことですし、同じような書き方が出来ても、Rubyの方がより簡潔で綺麗だと感じるかと思います。

レンタルサーバでもRubyを動かせるものはたくさんありますが、CGIモードでの実行がほとんどなので、Ruby On Railsのようなフレームワークを使うことは出来ません。Ruby On RailsでWebサービスを作って公開するなら、VPSまたはHeroku、AWSのようなクラウド環境を使うことになります。

VPSでWebサービスを公開するにはApache、NginxやMySQLのインストール、セットアップを自分でやる必要があります。そこまで難しくはないんですが、手順は多いので面倒です。

そういう意味でもPHPで実装してレンタルサーバで公開というのが一番かんたんでおすすめなんです。

スマホアプリを作りたいなら

AndroidアプリならJavaかKotlin、iOSアプリならSwiftかObjective-Cを使うのが通常です。

あるいは、ReactNativeやPhoneGap(Cordova)、Titunimを使えばJavaScriptでスマホアプリを開発出来ます。これらの技術はネイティブAPIをJavaScriptでラップすることでJavaScriptでの開発を可能にしています。そのため、最新のネイティブAPIへの対応が遅いという問題があります。

スマホゲームを作りたいのであれば、Unityという技術を使ってC#で開発できます。Unityを使うとC#のコードをビルドする時に、iOS用、Android用などと対象プラットフォームを選択できるんです。なので、一つのコードで複数のプラットフォームに対応できるメリットがあります。

こんな感じに目的ごとに使える言語の選択肢を把握したら、あとは自分のフィーリングに合った言語選べばいいんです。

例えば、iOSアプリを開発したいけど、Swiftはフィーリング的に合わないから、ReactNativeを使ってJavaScriptで開発しようといった選択です。

このように選択すれば、言語の実用性と好みを両立した選択ができるはずです。ぜひ参考にしていただければと思います。

プログラミング初心者におすすめのサービス
1. 教室で学びたい派なら

プログラマカレッジは20代限定で、無料で受講できて、修了後、就職支援もしてくれるプログラミングスクールです。最高過ぎですよ、これ!!企業からの協賛金によって運営されいているため無料で受講できるんだそうです。すばらしいシステムだと思います!

30代の方には

プログラマカレッジは20代限定なので30代の方にはゼロスクがおすすめです。35歳以下なら無料で受講できます。教室も札幌、仙台、東京、大阪、神戸、福岡と全国展開しているので地方の方でも利用できます。

2. 自宅で学びたい派なら

TechAcademyの無料コースは20代限定でプログラミングのリモート学習 + 就職支援が無料で受けられるサービスです。なんといっても無料だし、就職に必要なスキルが身につけられるという意味でもやってみて損はないでしょう。

30代以上の方には

TechAcademyの無料コースは20代限定なので30代以上の方にはTechAcademyのJavaコースをおすすめします。Javaは求人が多くプログラマーとして就職したい方にはぴったりです。

3. つまづいた時に質問したくなったら

プログラマー専用の質問サイトteratailをおすすめします。 つまづいた時にteratrailで質問すれば教えてもらえます。

4. エンジニア未経験の人でも利用できる転職エージェント

ワークポートは未経験の人の転職活動も支援してくれますし、全国の求人を扱っているので地方在住の方にもご利用いただけます。お給料をもらいながら社内研修でプログラミングを学べる会社が狙い目です。

これらのサービスを活用すれば、全くの初心者からでもプログラミングをばっちり出来るようになると思います!レッツトライです!

やりたい仕事をしよう!

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。


あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - 技術