プログラマーSEは『文系より理系』が有利?

      2016/10/18

プログラマーSEは文系と理系どっちが有利?

プログラミングっていうとどちらかと言うと理系で数学に近いものと考えられていますよね。
私もそう思っていたのですが、自分を振り返ってみると、私は文系の人間でした。
私は大学に行ってないので文系か理系かはっきりしませんが、高校生の時には数学が得意じゃなく3年生の時に文系コースを選んだほどでした。

その後、情報処理の専門学校に入ってコンピュータやプログラミングの勉強をはじめたのですが、やってみると、文系だからプログラミングができないということは全くありませんでした。これは私個人の体験なので、他の人の体験を含めて「プログラマーSEは『文系より理系』が有利か?」について考えてみたいと思います。

文系の人は理系分野をブラックボックス化してしまう?

以前働いていた会社で、非エンジニア職の上司とよくやり取りする仕事がありました。その上司は「文系」、「理系」という言葉をよく使う人で「おれ文系だからそういうのよくわかんないんだよね。」とか「理系の人ってそういう考え方するよね。」「理系の人ってこういうメールの書き方をするよね」などとよく言ってました。

私の他にもう一人エンジニアがいて、その文系上司から「あの人の仕事っぷりとかスキルってどう?」と聞かれて、「いいと思いますよ。こうだし、こうだし、こうだし」と理由を伝えました。すると、この文系上司は「そうなんだぁ、さすがだねぇ、いい人採れてよかったわ」と言ってました。

ただ実際はさすがって言うほどの褒め方をしたわけではなく、「普通のことをちゃんとやってますよ」という意味で述べたのですが、「さすがだねぇ」と受け取られたわけです。

実際そのエンジニアの人はできる人だったからいいんですけど、

「文系の人って理系分野に対して中身を見ずに他人の意見だけで良さそうと判断してしまうんだなぁ」

と思いました。

理系の世界は自分にはわからないことで、自分で見て判断することはできないものというものの見方をしていることが感じられました。

そういう意味でいうど、「自分を文系だ」と決めつけてる人がプログラマーになるとやばいかもって思えますよね。

文系人間がプログラマーになるとやばい?

「自分は文系だから、理系領域であるプログラミングというのはよくわからないもの、自分では判断できないもの」と捉えているわけですからね。

自分で自分に「私は文系だ、理系のこと = プログラミングはよくわからない」という線を引いてしまっていると本来できることもできなくなってしまいます。バグフィックスとか難しいプログラムを作るときに、「自分は文系だから難しいことは無理だ」と諦めてしまうことにもつながります。これじゃあ、プロのプログラマーは務まりません。

そういう意味では、文系の人にプログラマー・SEは向いていないと言えるかもしれません。
正確に言うと、

「自分は文系の人間だ」と線を引いてしまう人間には向いていない

ということです。

高度な数学知識は「ふつうのプログラミング」には不要

私の経験上、本当の理系と言える部分である数学的知識・センスがなくても、普通のプログラマーの仕事で困ることはないとおもます。もちろん、四則演算くらいはわかってないと話になりませんが、大学の数学科で学ぶような難しい数学の知識がなくても仕事で困ることはないと思います。(一部の研究職などを除く一般企業のプログラマーの仕事においての話です。)

また、数学的センスがない人には、プログラミングセンスもないということもありません。

なので、「私は数学得意じゃないでけど、プログラマーになりたい!」という人はなればいいと思います。

そのときにやるべきは、自分で線を引かないということです。

プログラミングをやりたい人 = プログラマーに向いてる人

自分は文系だと線を引かず、プログラミングを学びたいと思った人 = プログラマーに向いている人なんだという意識を持って取り組むといいと思います。

私の場合も単純に「プログラミングやりたいな」と思って情報処理の専門学校への進学を選んだのですが、今気づいたら、

「そういえばプログラミングって理系の仕事だな。それ10年以上やってるわけだから、自分は理系なんだな」と思えるようになりました。

実際文系上司からは理系の人ってそういう考え方するよねと理系の人と見られたわけですし、考え方自体が理系になったのだと思います。

プログラミングをすることで理系的頭脳になる?

自分自身の感覚でも、プログラミングを始める前よりも今の方がずっと理系の考え方(事実に基づいて論理的な判断をする思考)をするようになったと感じています。

実際、プログラミングと数学は似てる部分が多くあります。プログラミングする感覚って、大雑把に言うと英語に似たプログラミング言語という言葉を使って、ロジカルな文章を書くといったものなんです。

数学も数式という言葉を使ってロジカルな文章を書いていくことですよね?これってプログラムと同じじゃんと思うんです。今の頭で望めば数学も理解できるかもなと思ってます。

ということは、今まで数学が得意じゃなかったとしても、プログラミングを始めることで数学が得意になることもあるということです。

そういう意味で自分の可能性を広げるためにもぜひ「自分は文系だ」という線引をせずに始めてみたらいいと思います。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはDODAというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『DODA』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、DODAは未経験者を支援し転職を成功させています。未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

フリーランスになりたい人には『ギークスジョブ』

フリーランスエンジニアになるには人脈が必要と思われがちですが、ギークスジョブに登録して希望条件を伝えれば、自分に合った案件を紹介してもらえるんですよ!思ってるより全然簡単にフリーランスってなれるもんなんです。

東京・大阪・名古屋・福岡の案件を紹介してもらえます。

 - ITエンジニア成功術 ,