プログラマーSEの職場におけるコミュニケーションのコツ

2014年12月2日に投稿 → に更新

会社の打ち合わせ

「自分は口下手でコミュニケーションが苦手」
「気心知れた友達とはうまくしゃべれるけれど会社だとうまくいかない」

って方は多いかもしれません。私も以前はそうでした。

しかし、職場におけるコミュニケーションは職場用のコミュニケーションの仕方をすればかんたんにできます!

今回はそんな「職場用のコミュニケーション術」を紹介します。

職場とプライベートは違う

職場とプライベートの人間関係は全く異なるものだ考えるとうまくいきます。

  • 職場で出会う人 → 仕事のパートナー
  • プライベートで出会う人 → 友達、家族、恋人など

全く異なる関係の人に対して同じ接し方をしてもうまくいくはずありません。

職場の人間関係がうまくいかない人の特徴の一つに「職場の人と友達になろうとしている」ことがあります。

仕事のパートナーに対して友達のように接したらどうなるでしょうか?

友達関係であれば、何か面白いことをして友達の気を引こうとすることがありますよね。これを仕事のパートナーに対してやったら、「えっ?なんなの?」とうざがられます。職場で全然受けてないのにつまらないギャグを言い続けて苦笑いされてる人がこれにあたります。

妙になれなれしい話し方をしたり、失礼なことを言ってしまう人も同じです。例えば、「恋人がいるか?」とか、「今まで何人と付き合ったか?」などを聞くのは仕事のパートナーに対してすべきことではありません。

それなのに、昔ながらのおじさん社員が若手社員に「彼女いるのか?いないのかよ、おれは昔はブイブイ言わせてたんだぜ!そうだ、○○部の○○ちゃんなんてどうだ!声かけてみろよ!」みたく言うおじさんはよくいますよね?こういう人たちは仕事とプライベートの線引きが出来ていないんです。

こういう人がたくさんいるような職場は早めに抜けることをお勧めします。なぜならば、仕事とプライベートの線引きが出来ていない人は仕事においてアンフェアな振る舞いをするからです。

人間関係で昇進などを決めるのはアンフェア

仕事とプライベートの線引きが出来ていない人は、昇進や人の配置を決めるときに仕事の成果以外のもの(仲が良いか、人間として好きか、自分に従順か等)を判断条件に入れています。

  • 「A君は仕事はできるけど、性格が気に入らないから昇進させない」
  • 「B君は仕事はダメだけど、俺に対して従順だから昇進させよう」

というような判断をすることになります。

こういう会社だと仕事をがんばる気がなくなります。好き嫌いで評価されるのですから、仕事は適当にやって、媚を売ったほうが特だからです。

その結果、誰も仕事を頑張ろうとせず、社内政治に時間と労力を費やすことになります。そんな会社をいくつも見てきました。

仕事をきちんとこなしていくだけで自然と良い人間関係が作られる!

職場における人間関係って実は仕事をきちんとこなすだけでうまくいきます。

会社は仕事をする場なので、仕事をきちんとこなしていけば自然と人間関係が作られます。仕事をする場で仕事をきちんとこなしていけば、その結果、良い人間関係が生まれるのは当たり前のことです。

ですから、周囲の人が仕事以外の話を楽しそうにしていても無理に参加する必要はありません。もちろん自然と話に入っていった場合にそれを無理にやめることはありません。

友達はなろうとしてなるものではなく、気づいたらなっているものです。

「仕事をしていく内で、自然と仲良くなって、気づいたら友達になっていた」、それはとても良いことです。職場は仕事をする所だから友達を作ってはいけないというわけではありません。

だけども、友達を作ろうと思って臨むと変に気負ってしまうので、会社は仕事をする場所という気持ちで臨み、結果的に友達が出来たらラッキーくらいに考えるのが良いと思います。

社内政治でおいしい思いをするのは愚策

「とは言っても、うちの会社は派閥が分かれてて人間関係が重視されてるし、人に取り入るのがうまい人がおいしいとこ持ってってるんだよなぁ」という方もいるかもしれません。

ですが、その人間関係はその会社を一歩出た瞬間になくなります。リストラや倒産などでその会社を去ることになったら、すべてなくなります。その時に人に取り入ることでおいしい思いをしていた人は再就職が難しいでしょう。

おいしい思いをするということは楽して高待遇を受けるということです。楽をすると仕事のスキルが身につかない上に、おいしい思いをしてきた人は実力以上に高い待遇を求めてしまいます。しかし、人に取り入るのがうまいだけの人間を高い待遇で雇う会社はないでしょう。

ですから、長い目で見ると、人に取り入って美味しい思いをするのは愚策なんです。

良くない人間関係が既にある出来上がってる場合はどうする?

「言ってることはよくわかったよ、変に人間関係を意識せずに仕事に打ち込めばいいんだね、でもさぁ、今までそれを知らずに、会社の人間関係がおかしくなっちゃってるんだけど、どうすりゃいいのよ?今さら仕事に打ち込んでも人間関係変わらんよ」

こんな場合、どうすればいいでしょうか?

私だったら転職します。転職すると、環境が変わって学べることも多いし、気分的にもリフレッシュできます。特にITエンジニアの場合、スキルの汎用性が高いので転職はかんたんですし、転職で年収が上がる可能性も高いですからね!

新たな環境で一から仕事に打ち込めば、自然と良い人間関係が生まれると思います。

転職はやってみると思ってたよりかんたん!

私自身3回ほど転職してるんですが、思ってたよりかんたんで、転職エージェントを使ったらあっという間でした。

エージェントが応募先候補の選出から、面接の日程調整までやってくれるので、こちらから動かなくても半分くらい自動的に進む感じで楽でした。しかも今は好景気で売り手市場なので転職するのにちょうど良い時期です。

レバテックキャリアっていうエージェントがおすすめです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

あとホームページ見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

なので、レバテックキャリアのホームページ見てみてください。「ホントだ、美人じゃん♪」ってきっと思うはずです笑

職務経歴書の作り方がわからないという方は、私の使っているテンプレートを使ってみて下さい。

地方在住や、エンジニア未経験の人にも使える転職エージェントがある!

レバテックキャリアは東京・大阪近郊のエンジニア経験者向けサービスなので、地方在住の方や、エンジニアの仕事が未経験の方には、ワークポートがおすすめです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多いんですけど、ワークポートは未経験者の転職も支援してくれます。以前エンジニア未経験の友達にワークポートを教えてあげた所、ちゃんと登録できて未経験可の求人を紹介してもらえました。未経験の人こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいくと思います。

ワークポートは全国の求人をカバーしているので地方在住の方もご利用いただけます。

人脈がなくてもフリーランスになれる!

フリーランスになりたい方にはギークスジョブがおすすめです。人脈がなくてもギークスジョブに登録するだけで案件を紹介してもらえます。案件の希望(どんな技術を使っているか、残業が少ないこと)等も聞いてくれるので、やりたい仕事が出来ます。対象地域は東京・大阪・名古屋・福岡近郊です。

「派遣社員」なら正社員とフリーランスのいいどこ取り!

フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいなという方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員ならやりたい仕事を選べて、給料も悪くないですし、確定申告や年金、健康保険も派遣会社が入ってくれるのでいいと思います。

私の先輩でフリーランスになった後、派遣社員になった人がいるんですが「自由かつ煩わしい手続きがなくて最高」って言ってました!リクルートITスタッフィングに登録するだけでかんたんに派遣社員になれます。

私(やまろう)への相談メールも募集中

転職や仕事術、勉強法等について質問や相談がありましたら、以下のメールフォームからぜひご連絡ください。
経験者ならかんたんに解決できる相談って多いのでお気軽にどうぞ!こう書いてもなかなかメールくれる人って少ないのでホント気軽にメールしてくれると嬉しいです。

メールアドレス (必須)

相談内容

たまに間違ったメールアドレスを入力されていて返信できない場合があります。一週間経っても返信がない場合、メールアドレスを確認の上、再度送信をお願いします。

エージェントを使った方が転職活動は楽です

東京・大阪近郊のイケてるIT企業に転職したい人には『レバテックキャリア』

 東京・大阪近郊のエンジニア経験者向け転職サービスです。

このサービスを運営しているレバレジーズという会社はシステム開発もやっているので、現場の仕事をよくわかってくれてますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催していたりteratailというプログラマー専用の質問サイトを運営してて好感が持てます。求人案件もWebやスマホの面白い仕事が多いのでいいと思います。

ホームページを見ると分かるんですが、若くて美人の担当者が多いのもナイスなんです!私の場合(たぶんあなたも)、担当者が美人だと転職活動のモチベーションめちゃ上がりますからね笑

エンジニア未経験の方や地方在住の方にはワークポートというエージェントをおすすめします。

エンジニア未経験の方や地方在住の方には『ワークポート』

全国の求人を扱っていて、しかもITエンジニア未経験の人にも転職支援をしてくれるエージェントです。

未経験の人はサポート対象外のエージェントが多い中、ワークポートは未経験者を支援し転職を成功させています。

未経験の方こそエージェントから職務経歴書の作り方や面接の仕方のレクチャーを受けた方がずっとうまくいきます。

『派遣社員』なら正社員とフリーランスの『良いとこ取り』!

  • 「フリーランスになりたいけど、確定申告とかめんどくさいな」
  • 「定時帰りできる職場や、時短勤務がしたい」

という方には派遣社員がおすすめです。

派遣ってネガティブなイメージありますが、ITエンジニアの派遣社員なら

  • 時給が高く、給料も悪くない
  • やりたい仕事を選べる
  • 確定申告不要(派遣会社がやってくれる)
  • 厚生年金、健康保険も派遣会社が入ってくれる

ので、正社員とフリーランスのいいとこ取りな、とてもいい選択なんです。

 - コミュニケーション